宮じいさんの花紀行

ドバイ・トルコ旅行(36)

※ドバイ・トルコ旅行(36)-2008.05.11-

早朝5時過ぎ目が覚める。 暫くして明るくなり始めたの
で、慌ててカーテンを開け、日の出を撮影する。 住宅の
屋根には、殆どソーラシステムを備えている。 どうやら、
太陽エネルギーの利用に力を入れているようだ。

08:00 バスはカッパドキアを目指して、コンヤのホ
テルを出発する。 途中羊の放牧を車窓から眺めることが
出来た。 誠に雄大な眺めで感動する。

1時間走ったところで、「キャラバンサライ」に立ち寄る。

 キャラバンサライ(隊商宿跡)

10世紀頃からアナトリア(トルコ中部、小アジアとも呼
ばれる)地方に多く建てられた。 現在のホテルやインと
しての役割を果たす旅人達の宿のことをキャラバンサライ
という。

シルクロード(絹の道)を、らくだやロバなどの動物の背
中に荷物を乗せ隊を組んで長い旅を続けていた商人達(キ
ャラバン)にとって、周辺には何もないような所に建てら
れた宿は宮殿(サライ)のように立派な建物としての印象
を受けたところからキャラバンサライと呼ばれるようにな
った。

城塞の中に入る感じで、門を潜る。 隊商隊宿跡を目にし
て、いま嘗てのシルクロードに立っていることを、実感で
き感慨にふける。

コンヤ・トルコの夜明け

36-01

36-02

36-03

羊の放牧・コンヤ郊外

36-04

36-05

キャラバン・サライ(隊商宿跡)・シルクロード

36-06

36-07

36-08








Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.