宮じいさんの花紀行

ドバイ・トルコ旅行(41)

※ドバイ・トルコ旅行(41)-2008.05.11-

昼食後、洞窟レストランの外にある土産品店に入る。 スカ
ーフと陶器製飾り皿が中心であるが、魅力的な物が沢山ある。
飾り皿を買いたかったが、午前中に地下都市でタイルの飾り
皿をすでに購入しているので、重量のことを考えて断念した。

観光バスが次に移動したのは、待望の「キノコ岩群」であっ
た。 カッパドキアのパンフレットには必ずこの景観が掲載
されている。

当然の事ながら、実物を目の前にして、その奇観に圧倒され
る。 特に三本キノコ岩が、青空をバックに聳え立っている
のは、まさに壮観であった。

 この地形は、数億年前におきたエンジェルス山の噴火による
火山灰の地層によって造られたという。 何層にも積み重な
ったところに、雨や風が浸食し、不思議な形の岩々が生まれ
た。

 キノコ岩は「妖精の煙突」と呼ばれている。 帽子をちょこ
んと乗せた展突の様な岩の中に、妖精が住んでいると言い伝
えられ、妖精の煙突と呼ばれるようになったとか。

洞窟レストラン・カッパドキアの外の土産品店

41-01

店内

41-02

ネコ

46-03

飾り皿

41-04

スカーフ

41-05

キノコ岩・カッパドキア

41-06

41-07

41-08

三本キノコ岩

41-09





Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.