宮じいさんの花紀行

ドバイ・トルコ旅行(56)

※ドバイ・トルコ旅行(56)-2008.5.12-

トプカプ宮殿の見学を終わり、正門を通って外に出る。そ
のまま、徒歩でブルー・モスクに向かう。 このモスクは
オスマン帝国第14代のスルタン・アフメット1世(在位
期 1603-1617年)により、7年の建造期間を経て1616
年に完成したイスタンブールを代表する巨大なモスクであ
る。 世界でも珍しい、6本のミナレット(尖塔)が特徴。

正式名称はスルタン・アフメット・ジャミィで、内部に使
われた青いイズニック・タイルと、それを引き立てるステ
ンドグラスの光りがあまりにも美しいことから、通称ブル
ー・モスクと呼ばれることが多い。

14歳で権力の座についてからの14年間、スルタンとし
ての手腕を多方面で発揮したアフメット1世は、身を捧げ
て取り組んだこのモスクの完成から、僅か数週間後、癌で
28歳の若すぎる生涯を閉じた。

トプカプ宮殿の正門から外へ

56-01

ブルー・モスクへ向かう

56-02

6本のミナレット(尖塔)

56-03

ブルー・モスク

56-04

モスク入り口

56-05

モスク境内

56-06

ブルー・モスク内

56-07

ドーム天井

56-08

青タイルとステンドグラス

56-09

56-10




Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.