宮じいさんの花紀行

ロシア旅行(9)

※ロシア旅行(9)-2004.9.27-

玉座の間から、箱馬車(宮廷馬車)の間へと移って行く。

箱馬車(宮廷馬車)は16~18世紀のもので、世界でも
有数のコレクションを保有している。 ロシア、ポーランド、
英国、フランス、オーストリアの熟練した職人によってつ
くられた箱馬車は、技術的構造及び、装飾の芸術性の
観点において、非常に興味深い。

最も古い箱馬車は、1603年、英国のヤコブ王より、ボ
リス・ゴドノフ王へ贈呈されたものである。

冬は雪に覆われるとあって、橇型の馬車もあり興味深い。
ひときわ目を惹くのは、金きらきんの箱馬車と、出入り口
用のドアに素晴らしい絵が描かれている馬車である。

絵入り箱馬車(宮廷馬車)

 1757年フランス製のパレード用箱馬車で、壁の部分、
 車輪、御者台が、波のしぶきに似た木製の浮き彫りで
 覆われている。 

 出入り口用のドアには、フランスの著名な画家、フラン
 ソア・ブッシェの作品が描かれている。

 車体は、重く、かさばるものであったため、定期的に利
 用されるということはなく、現在まで一度も修復されるこ
 となく、もとの姿のまま残っている。

馬具一式もあわせて展示されており、パレードの華やかさ
を偲ぶことが出来る。 鞍でさえ、エメラルドやルビーなど
の宝石がちりばめられている。

宮廷馬車・クレムリン武器庫・モスクワ

9-01

9-02

9-03

9-04

橇型(雪道用)

9-06

9-07

子供用

9-08

追加画像は下記をクリックして下さい

金ぴかの宮廷馬車へジャンプ






Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.