宮じいさんの花紀行

ロシア旅行(64)

※ロシア旅行(64)<七日目>-2004.10.3-

ピョートル大帝夏の宮殿の正面にまわり、撮影する。
何しろ、長さ300mもあるので、左部分、正面、右部
分と3回に分けて撮る。 屋根の両側に据えられた、
クーポル(円屋根)は、何とも印象的である。

正面近くに、噴水を望むテラスがあり、貴族風の美男
美女が手持ちぶさたで立っていた。 ガイドさんに、一
緒に撮影出来るか聞いて貰う。 5ドルでOKとのこと
なので、ガイドさんにシャッターを押して貰う。 その後、
希望者が後を絶たず、行列が出来たのには驚いた。

宮殿裏側の上の公園と通って帰路につく。 上の公園
にも、 小さな池があり、噴水も幾つかあるが規模は
小さい。 出口近くで、ツタが紅葉していた。 

12:30 バスに乗車して、今度は陸路をサンクトペテル
ブルグ市内に向かう。 約1時間後レストランに到着す
る。 今日は遅い昼食となる。 例により、入口はぱっ
としないが、中に入ると結構立派である。

飲み物はウオッカにしたかったが、昼間ということもあ
り、赤ワインで辛抱する。

スープの後に出てきたメインディッシュは「キエフ風カツ
レツ」である。 最初、コロッケと勘違いして、今日の昼
食は超簡素と、いささかがっかりしたが、ナイフを入れ
てびっくり。 熱々のバター風味の肉汁が溢れ出して来
た。 なる程、ソースが見当たらないわけだ。 中身は
鶏肉であるが、なかなか美味で、しかも、ボリューム満
点。 満足、満足である。

ピョートル大帝夏の宮殿

64-01

64-02

64-03

64-04

64-05

64-06

噴水を望むテラスに貴族風の美男美女

64-07

下の公園の噴水

64-08

上の公園の噴水

64-09

64-10

追加画像は下記をクリックして下さい

ツタの紅葉・ピョートル大帝夏の宮殿へジャンプ








Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.