宮じいさんの花紀行

ロシア旅行(68)

※ロシア旅行(68)<八日目>-2004.10.4-

赤の広場の、すぐそばにバスを着けることは出来ない。
かなり離れた路上で、バスを降りる。 徒歩で10分位
歩かなければならない。

やがて、聖ワシリー聖堂の尖塔が見えて来た。

聖ワシリー聖堂

 聖堂の名は、イワン雷帝に大きな影響を与えた修道
 士ワシリーに因んだものである。 9つのねぎ坊主は、
 それぞれがひとつずつロシア正教の教会となってい
 る。 現在は、博物館として開放されている。

この聖堂と、クレムリンの赤い城壁、赤煉瓦造りの国立
歴史博物館、そしてグム百貨店に囲まれた部分が、「赤
の広場」である。

赤の広場

 広さは、73,000平方メートルに及ぶ。 長さ500m、
 幅130mほどの広場である。

 ソ連時代は、ここで、5月1日に労働者の祭典メーデ
 ー、11月7日には社会主義政権の誕生を祝う革命
 記念日の式典が開かれた。 

 テロの影響か、現在はレーニン廟前の広場が立ち入
 り禁止となっている。 銃は持っていないが、兵士が
 巡回して監視している。 

 レーニン廟のすぐ向こう、赤い城壁の中には、大統領
 府がある。

赤の広場のすぐ前に、百貨店があるというのが奇妙で
ある。

グム百貨店

 建物は1890年から1893年にかけて建てられた古
 い百貨店である。 1953年に大改修を行った。

 内部は吹き抜けになった3階建てで、3つのアーケー
 ド街が並んだ構造である。 現在は、店の8~9割が
 外資系のブランド店で、ソ連時代を知る人には、ロシ
 アの変化を実感できるようだ。

1時間の自由時間を与えられ、買い物をといわれても、
手持ちルーブルも後僅かとなったので、その辺りの写
真撮影しただけで、後は中央の噴水のそばで、座席に
坐って時を過ごした。

聖ワシリー聖堂・モスクワ

68-01

68-02

68-03

赤い壁の向こうはクレムリン

68-04

68-05

68-06

68-07

赤の広場前

68-08

赤の広場

68-09

68-10

追加画像は下記をクリックして下さい

赤の広場・モスクワへジャンプ






Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.