宮じいさんの花紀行

スペイン旅行(6)

※スペイン旅行(6)-2004.4.6-

11:50 聖家族教会東側入り口に集合する。 教会の
南側にあるレストランに行く。 教会の拡張に伴い、何れ
立ち退く必要があるとか。 ただし、それは多分100年
先の事と、気にもしていない感じ。

入り口は狭いが、中は凄く広くて、しかも素晴らしい。地
元の人達もよく利用する店らしいが、12時とあっては、
我々が最初の客である。 スペインでの昼食は、普通
14時からとか。 その分、夕食も遅くなり、20~22時
となる。

今日のお目当ては、カタルーニャ名物・フィデウア(パス
タ料理)である。 カタルーニャはスペイン北東部の地域
をいう。 お米を使うパエリアのパスタ版といった料理で
ある。 赤ワインを飲みながら、暫く待つ。 やがて、大
きな平らな丸い鍋を2人がかりで持って来た。 撮影ま
でさせてくれるサービスである。

いやはや驚いた。 もの凄いボリュームである。 誠に
美味で、いうことなし、おかげで、ワインの追加を頼む。
男性陣は概ね平らげたが、女性陣は殆ど食べきれな
かったようだ。 

満足、満足というこで、外に出る。 バスは少し離れた
所で待機しているとかで、5分位歩く。 途中屋台の土
産品店が並んでおり、カラフルで楽しい。 時間の都合
で、残念ながら買い物は出来ない。

13:30バルセロナ発、バスはバレンシアに向かう。
左側に地中海を見ながら、海沿いの道を走る。 片道
2車線の自動車専用道路で、しかも無料のようだ。結
構快適なドライブである。 2時間後にドライブインで
休憩をとる。 

オリーブ畑の向こうに青い地中海が望める。 その近く
で、アロエが素敵な花を沢山咲かせていた。 温室では
良く見かけるが、屋外で見るのは初めてである。

再びバスに乗車して、更に2時間近く走る。 18:00少
し前に、やっとバレンシアに到着した。 サラゴサ広場で
下車する。 目の前に、バレンシアで一番有名な「ミゲレ
ーテの塔」が望める。 

バレンシアは、マドリッド、バルセロナに次ぐ、スペイン
第3の都市で、人口約72万人である。 早速、カテドラ
ル(大聖堂)を見学する。 ミゲレーテの塔は、このカテ
ドラルに付属するものである。

カテドラル・バレンシア

 古代ローマ時代、現在のカテドラルのある場所には
 神殿が建てられていた。 紀元714年に、イスラム
 教徒がバレンシアを征服すると、この場所にモスク
 が建てられた。 

 1094年、中世スペインの英雄エル・シドがバレンシ
 アを征服し、ここにあったモスクを教会に変えた。

 1102年、エル・シド亡き後のバレンシアをイスラム
 教勢力のモラービト朝が征服し、この教会を再びモ
 スクに変えた。

 1238年、アラゴン・カタルーニャ連合王国がバレン
 シアを征服する。

 13世紀半ば、この地に現在のカテドラルの建設が
 始まり、14世紀末に完成した。

 18世紀末、カテドラルが改装され、バロック調の装
 飾が施された。

 ミゲレーテの塔は、1381~1424年にかけて建て
 られたもので、高さは51m。 塔には歩いて登れる
 が、207段もある階段を登らねばならない。

レストラン入り口・バルセロナ

06-01

レストラン内部

06-02

06-03

06-04

ムール貝入りスープ

06-05

カタルーニャ名物・フィデウア(パスタ料理)

06-06

06-07

追加画像は下記をクリックして下さい

昼食後バスへ・バルセロナへジャンプ











Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.