宮じいさんの花紀行

スペイン旅行(17)

※スペイン旅行(17)-2004.4.8-

テアトロ・ロマーノ(ローマ劇場)を見学し終わり、再びバス
に乗る。 バスはマラガ港を通って、地中海沿いに西に走
る。 

コスタ・デル・ソル(太陽海岸)

 観光の国スペインの中でも、バカンスの時期には外国
 人であふれかえるという、屈指のリゾート地が「コスタ・
 デル・ソル」である。 ここは、マラガからカディスのいく
 つかの街を含む地中海沿岸地域で、その風土は一年
 のうち殆どが晴天という。 恵まれた気候と、充実した
 ビーチ施設を最大の魅力として、最も観光客の多い時
 期には、英語やドイツ語が主流になるほど、世界中の
 人達から愛されている地域である。

 観光客の殆どが、浜辺(プラヤ)で日光浴をするため
 に、ここにやって来る。 「バモス・ア・ラ・プラヤ!」(浜
 辺に行こう!)という歌があるくらいで、この言葉が一
 日中飛び交う。

 真夏は、午後6時頃から日光浴を始めるのがベスト。
 昼間はパラソルが必要。 夏時間では、夜10時ころ
 まで明るい。 スペインでは、夜10時頃から夕食が
 始まる。

さて、バスはマラガ港から40分位で、リゾート地に着い
た。 13:00に近かった。 日本でいうマンション風の
ビルが林立している。住人の殆どは、イギリス、ドイツ、
その他のヨーロッパの人達である。

バスを下りて5分位、ビルの間を通って海岸に出る。
浜辺に立ち、地中海を眺め、抜群の爽快感を味わう。
海岸通りには、ずらーっとチリンギート(海の家)が並ん
でいる。 海の家といっても、レストラン、バル、カフェや
土産物屋など色々で、軒を連ねている。

とある、一軒のレストランに入って行く。 通行人が多い
のが難点ではあるが、海を眺めながらの食事も悪くない。
最初に、生野菜が盛りだくさんに出てきたのは有り難い。
ところが、メインディッシュはロブスターか土地の魚を期
待していたのに、なんと、チキンであった。 しかも、例
によりボリューム満点である。 時間は十分あるので、
ゆっくり食事をすればいいものを、どうも日本人はせっ
かちのようで、皆30分位で食事を終え外に出て行く。
数人だけ、ワインを追加注文しながらのんびりと食事を
している。 勿論私も、その内の一人である。

14:00過ぎ、レストラン前に集合。 次の目的地「ミハ
ス」に向け出発である。 バスの駐車場まで少し歩かな
ければならない。 途中、マンションの前庭に「ウチワ・
サボテン」が茂っていた。

ウチワ・サボテン

 サボテン科、原産地はメキシコで、多年草。 日本名
 は団扇仙人掌で、当初はサボテンといえば、本種を
 指していたらしい。 300年以上前に、日本に渡来し
 ている。 

 夏、茎の縁に黄色い花を咲かせる。 果実は赤紫色
 に熟し、美味とはいえないが食べられる。 もっぱら、
 観賞用として栽培されてきたが、棘をとってピクルス
 としたり、せき、解熱に薬効があるとして、汁を絞って
 民間薬として使用される。

マラガより地中海沿いに西に走る

17-01

17-02

17-03

海沿いのリゾート

17-04

17-05

17-06

17-07

17-08

ビーチ・コスタ・デル・ソル(太陽海岸)

17-09

17-10

追加画像は下記をクリックして下さい

海辺・太陽海岸へジャンプ






Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.