宮じいさんの花紀行

スペイン旅行(19)

※スペイン旅行(19)-2004.4.8-

ミハス最後の観光地は、「祠(ほこら)の礼拝堂」である。
実は駐車場のすぐそばにあるが、他の所を先に回った
わけである。 何故、洞窟の中に礼拝堂が出来たのか、
経緯はよくわからないが、台地の突端にあるので、こ
こからの眺めは抜群である。

洞窟の中は、薄暗くて気味が悪いが、供花が絶えない
ところを見ると、なかなか人気がある場所らしい。宝物
も置いてあるが、警備員がいないのが不思議である。
洞窟を通り抜けて、入り口と反対側に出て、ここから、
地中海を眺めることが出来る。鉢植えの「柱サボテン」
が置いてあった。 集合時間ぎりぎりまで、見学する。

15:40 バスはセビリアに向けて出発する。 一旦
海岸線まで下りて、マラガまで戻り、高速道路に入っ
てセビリアに向かう。 3時間半はかかるようだ。

17:00近く、途中のドライブインに立ち寄る。 喉が
乾いたので、早速「生絞りのオレンジ・ジュース」を注
文する。 う~ん、旨い! バレンシア・オレンジは誠
に美味である。 序でに、お土産として、オレンジ・マ
ーマレードを購入した。 重いので3個にしておく。

セビリア市街地に近づく時分、ぱらぱらと小雨が降り
出した。 今回の旅で、初めての雨である。 今日は
セマナ・サンタ(聖週間-イースター前の一週間)で、
セビリアのお祭りは世界的に有名であり、各地から
観光客がやって来るという。

19:00頃、セビリア市街地に入ると、祭りのためか
可成りの渋滞である。 赤信号でバスが止まるたび
に、信者達であろうか、頭に三角のとんがり帽子を
かぶった黒ずくめの衣装(KKKを黒にした感じ)で、
歩いているのが目につく。 一寸無気味な感じがす
る。 マリア像や、十字架を背負うキリストを乗せた
山車は、遠目にしか見ることが出来なかった。

渋滞を避けて、すこし遠回りして郊外のホテルに
着いたのは19:15である。 直ちに、部屋割りが
決まり、キーを持ってルームに行く。 TVのスイッ
チを入れると、先程の行列を放映していた。雨の
中を、ご苦労な事である。

20:00ホテル内のレストランヘ。 夕食の時間も、
すっかりスペイン風になってしまった。今日は、乾燥
地帯をやたら歩いたせいか、とにかく、喉が乾いて
しょうがない。 ということで、飲み物はビールにす
る。 このビールが思いの外美味しかった。

メイン・ディッシュのサーモンを食べようとしたところ
に、突然ドライバーのSさん一家がやって来た。Sさ
んには、3日間連続バスのお世話になった。 そう
いえば、彼が住んでいるのはセビリアで、今夜やっ
と勤務明けで、一人娘に会えると嬉しそうに話して
いた。 奥さんと3人で食事する場所に、同じホテル
を選んだという次第。 3歳くらいだろうか、可愛い
娘さんと一緒に写真を撮りたい希望者が続出し、
座が急に盛り上がる。

祠(ほこら)の礼拝堂へ・ミハス

19-01

礼拝堂入り口

19-02

入り口頭上

19-03

礼拝堂内

19-04

19-05

19-06

柱サボテン

19-07

古い鐘

19-08

礼拝堂よりミハス住宅地を望む

19-09

19-10

追加画像は下記をクリックして下さい

ミハス-セリビア間のドライブインへジャンプ









Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.