宮じいさんの花紀行

スペイン旅行(25)

※スペイン旅行(25)-2004.4.9-

プラド美術館の1Fが次第に混んで来たので、2Fに上
がる。

先ずは、有名な『着衣のマハ』・『裸のマハ』・ゴヤ作を
観る。 何とも、妖しげな魅力と謎に包まれた、着衣と
裸の絵画である。

フランシスコ・デ・ゴヤ(1746~1828)

 ナポレオン1世と同時期に活躍した、18世紀の偉大
 な芸術家である。 圧力に屈することなく、決断力の
 ある人であった。 初期はドイツの新古典主義の影
 響を受けたが、ゴヤ自身の画風を、スペイン人の見
 方で確立して行った。 彼のロマン主義的作品は、近
 代美術の幕開けを告げた。

次いで、悲惨なスペイン独立戦争を画いた、『1808年
5月3日』・ゴヤ作を観る。 強大な軍事力を誇るフラン
ス軍に対するスペインの人々の戦いは悲惨を極めた。
絵は、「プリンシペ・ピオ丘での銃殺」で、武器を持たな
い人達が無惨に殺されていく無念さが滲んでいる。

再度1Fに下りて、『ロザリオの聖母子』・ムリーリョ作を
観る。 

ムリーリョ(1617~82)

 ベラスケス、スルバランがリアリズムの頂点を極めた
 後に続く、17世紀セビリアの巨匠である。 ラファエロ
 の甘美さ、ルーベンスの豊穣さをあわせ持ち、民衆の
 圧倒的人気を得た。

ツアーの途中とあって、プラド美術館の見学時間は僅か
1時間である。 従って、有名作品を足早に見て回る。
幸い、明日午前中自由時間があるので、再度個人的に
来ることにして、館外に出る。 すぐ目の前に、「ゴヤの
銅像」が立っている。

バスに乗り、「王宮」に行く。 この王宮は、ブルボン家の
フェリペ(フィリップ)5世の好みで、ルーブル宮殿風に建
てられた。 

現在は迎賓館として利用されている。 1734年に火災
で焼失したあと、フェリペ5世が、同じ場所に宮殿を建設
し、それ以来1931年まで、歴代国王が住んでいたとい
う。

次いで、観光客に人気のある「スペイン広場・マドリッド」
に行く。 人気の理由は、ドン・キ・ホーテ像があることで、
その像をバックに記念写真を撮る人達が後を絶たない。

『着衣のマハ』・ゴヤ

25-01

25-02

『裸のマハ』・ゴヤ 

25-03

25-04

『1808年5月3日』(プリンシペ・ピオの丘での銃殺)・ゴヤ

25-05

25-06

館内・プラド美術館

25-07

25-08

『ロザリオの聖母子』・ムリーリョ

25-09

25-10

追加画像は下記をクリックして下さい

プラド美術館前に立つゴヤの銅像・マドリッドへジャンプ







Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.