宮じいさんの花紀行

スペイン旅行(29)

※スペイン旅行(29)-2004.4.10-

07:00 起床、久しぶりに熟睡出来た。 今日がス
ペイン旅行の最終日である。 13:00までフリーな
ので、有効に時を過ごさねばならない。 

09:10 ホテルを出て、タクシーに乗車する。目的
地はプラド美術館である。 昨日は、鑑賞時間が、
僅か1時間しかなかったので、今日は再度じっくり
と鑑賞する積もりである。 

10分後に到着する。 開館時間前であったが、日
曜日とあってか、そんなに行列は出来ていない。し
かも、今日は入場料は無料のようで有り難い。

昨日鑑賞済みの所も、もう一度観て、2Fに上がる。
ゴヤの晩年、1819~1823年に(74歳頃)、病気
に倒れ耳が聞こえなくなってから、「黒い絵」と呼ば
れる一連の絵画ばかりを描くようになっていた。そ
のうちの一点、『我が子を喰らうサトゥルヌス』を観
る。 何とも暗い絵であるが、彼の内面的・精神的
なものが伝わって来る。 恋人・夫婦のいがみあい
なら、別かれれば解決するが、親子の憎愛は逃げ
られないというのがテーマらしい。

場所を移動して、ルーベンスの『三美神』を観る。

三美神(1636~37年、221x181cm)

 三美神は古代神話の時代から、優雅さや美の擬
 人像として知られている。 ローマの哲学者は、三
 美神は恩恵を与えるもの、受け取るもの、返礼す
 るものを意味し、手をつなぎあった3人の姉妹で
 表されると述べている。 しかし、ここでは、深遠
 な思想よりも、輝かしく官能的な裸婦を描く口実
 として、三美神が登場している。

その近くに、ティツィアーノの『アダムとイブ』があっ
た。

アダムとイブ(1560年頃、240x186cm)

 イブはアダムの制止もきかず、禁断のリンゴの実
 を蛇から受け取ろうとしている。 溌剌とした色彩
 表現や、生気に満ちた人物像の描写は、70歳代
 になってなお衰えない、ティツィアーノの創作欲が
 うかがえる。

1点1点丁寧に観たいが、何分あまりにも膨大な数
なので、どうしても、有名な絵が中心となる。 再度、
折を見て絵画鑑賞だけのためにマドリッドに来たい
ものだ。

プラド美術館入り口

29-01

29-02

29-03

同上、館内

29-04

同上、ドーム天井

29-05

素晴らしい絵の数々

29-06

29-07

29-08

29-09

追加画像は下記をクリックして下さい

『黒い絵』・ゴヤへジャンプ







Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.