宮じいさんの花紀行

オランダ・ベルギー(26)

4月12日 オランダ・ベルギー旅行(26)

ムール貝のボリュームには、いささか閉口したが、何とか平らげた。
腹一杯でレストランの外に出てみると、観光馬車が走っていた。20
人近く乗れる大型馬車で、2頭の馬が引っ張っている。 無軌道の観
光トラム(車輪はタイヤ)も走っている。 アントワープは観光に力
を入れていることを、実感する。

アントワープの中心にある広場を「グローテ・マルクト」といい、ま
わりを取り囲むギルドハウスやアントウェルペン市庁舎(アントワー
プは英語)の眺めは圧巻である。 市庁舎は1561年から1564
年にかけて建造されたルネッサンス様式の建物で、何とも云えない風
格が漂う。

広場の中心には1887年のジェフ・ランボー作のブラボー像の噴水
がある。 ブラボー(Brabo)とは、ブラバントという名の紀元となっ
た古代ローマの兵士の名で、スヘルデ川で暴威をふるっていた巨人ア
ンティゴーンの手(ant)を切り取って投げた(werpen)という伝説に登場
する英雄で、この伝説はアントウェルペンという地名の由来といわれ
ている。

 -つづく-

※画像は下記をクリックして下さい。

オランダ・ベルギー旅行(26)へジャンプ



Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.