宮じいさんの花紀行

オランダ・ベルギー(31)

4月13日 オランダ・ベルギー旅行(31)

運河クルージングから上陸した近くのレストランで昼食をとる。
赤ワインと「チキンのワーテルゾーイ(クリーム・シチュー)」
との相性が良く、結構であった。 昼食後、「愛の湖公園」へ
行く。 

愛の湖公園

 世界遺産に指定されているベギン会修道院に隣接している公園
 である。 白鳥、湖、中世の面影をそのまま残す素敵な町並み。
 まさに、絵はがきみたいな美しい風景に出会えて、云うことな
 しである。

 何ともロマンチックな名前だが、かつてブルージュの内港があ
 った場所である。両岸から深い木立がかぶさり、湖の中ほどに
 は美しい橋が浮かんでいる。

 観光馬車の基地になっているのだろうか、湖畔に「馬の水飲み
 場」があるのが面白い。

公園を暫く散策した後、隣接のベギン会修道院へ入って行く。

ペギン会修道院( Begijnhof)

 1245年にフランドル伯夫人によって設立されたペギン会修
 道院は、指導者のもと質素な生活を送る婦人達の集団だが、現
 在ではベネディクト会女子修道院として利用されている。

 白い建物が中庭を取り囲んでおり、静穏な雰囲気をかもし出し、
 たまに見かける修道女の服装も15世紀のベギン会の修道女た
 ちが着ていたものだそうだ。

 現在の建物は17世紀以降のもので、ユネスコ世界遺産建造物
 に登録されている。

 -つづく-

※画像は下記をクリックして下さい。

オランダ・ベルギー旅行(31)へジャンプ


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.