宮じいさんの花紀行

孫とハワイへ(8)

3月25~26日 <二~三日目>(8)ダック号

19:30 タパ・タワー17Fの部屋にもどる。疲れたこと
もあって早く寝ることにする。 といっても、入浴しなければ
ならない。 先ずお湯をバスタブに入れようと、ノブを廻すと
頭からシャワーを浴びてしまった。 どうもホテルの水回り
は苦手である。 慎重に色々と試みてやっとやり方が分か
る。

孫を風呂に入れ、私もすませて就寝したのは20:30であ
る。少し早いが明日はメインイベントのハナウマ湾行きで
ある。 思ったより、ぐっすり眠れて06:30起床。 やはり
日の出の撮影は無理であった。 孫はまだぐっすり寝てい
る。 昨夜ABCストアで巻きずしとサンドウィッチを買って
おいたので、朝食はコーヒーとお茶を沸かせばOKである。

07:30 孫がやっと起きる。「今日はハナウマ湾だ」と
いうと、顔を輝かせて早速水着の用意をしている。 用意と
いってもあらかじめ水泳パンツをはいておけばいい。その
他用意するものはバスタオルくらいである。 例によりベラ
ンダでささやかな朝食をとる。

ツアーの集合は09:30である。 幸い集合場所はタパ・
タワーを降りたすぐの場所なので助かる。 予約チケットを
もってはいるが、誰が迎えにくるのかは分からない。念のた
め旅行社のバッジを胸につけておく。 相手は流石プロで
ある。 「Mr. Miya...?」と英語で聞いてくる。
チケットを見せると、向こうの車に乗れという。 向こうをみ
るとなんと古色蒼然とした変な車ではないか。 「ダック・ツ
アーズ」と車体に書いてある。 いやはや目立つ車だ。 どう
やら60年前第二次世界大戦で使用した水陸両用車とのこと。
話には聞いていたが見るのは初めてである。 躊躇する家内と
孫をせきたてて、先ずは記念撮影である。ホテルの他のグルー
プが眺めていて、恥ずかしそう。

やがて、ヒルトンの別のタワーから一家族4人が乗り込んで
出発である。 出発間際にツアーガイドさんが到着でほっと
する。 ドライバー君は全く日本語が話せないからである。
車はワイキキの各ホテルを回りツアー客を拾う。 カラカウ
ア大通りを走るときは、注目の的である。 トロリーバスは
見慣れた人でも、ダック号には驚いて眺めている。 パレー
ドの主人公になった気分で沿道の人達に手を振る。 孫は
困ったような顔で小さく手を振っている。

ビーチ夜景・Hホテル前
  • IMG_5463.JPG


ホテルのベランダから海を望む
  • IMG_5474.JPG


ワイキキ市街地夜景
  • IMG_5472.JPG


※追加画像は下記をクリックして下さい。ワイキキ市街地早朝へジャンプ



Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.