宮じいさんの花紀行

孫とハワイへ(11)

※孫とハワイへ(11)-2002.3.26-

3月26日 <三日目>(11) ハナウマ湾(2)

食事は上の駐車場に行かなければ無理なのであきらめ先ずは
目の前で泳ぐことにする。 孫はすでにシュノーケルをつけ、
フィン(足ひれ)まではいている。 フィンを着けたままで
は砂の上を歩きにくいので、手でもって行くよう指示する。

さて、いよいよお待ちかねの魚達とのご対面である。 アジ
を大きくした魚が泳いでいるが、そんなに多くはない。 二
年半前は魚群の中に人がいるという感じだったのに、様子が
変わったのだろうか。 水際から5mくらいの所に立ってい
たが、更に沖合へと進んで行く。 幸い遠浅なので心配する
ことはない。ただ、珊瑚礁を踏まないよう注意する必要があ
る。

いたいた! 30~40cmくらいの魚がうようよしている。
孫はエキサイト気味である。 水に潜った方が当然よく見え
るので、潜ろうとして、はたと困った。 シュノーケルは初
めてなので、色々と試みるが、どうも旨くいかない。 やむ
なく近くにいた女の子に教えてもらう。 孫はすぐおぼえて、
楽しそうに潜っている。 私は息を吐く時と吸う時のタイミ
ングがうまく合わない。 面倒なので素潜りにする。 やが
て、色鮮やかなトロピカル・フィッシュもやって来た。孫は
綺麗な魚が通る度に、顔をあげてその場所を教えてくれる。

時々ビーチに上がって休憩する。 ばあちゃんは崖の下で、
荷物の留守番である。 孫と二人で時の経つのも忘れるくら
いであったが、13:00ちかくになると、やはり腹が減っ
てきた。 半日くらいビーチにいたかったが、やむなく上が
ることにする。 孫は簡単に着替えることが出来るが、大人
はそうもいかない。5分くらい歩いて脱着衣所で着替える。

再びシャトル・バスに乗って上がって行く。 上りは確かに
ありがたい。 歩けばきついことだろう。 13:20駐車
場の近くのベンチを確保する。 トレーラーでホットドッグ
を売っているようだ。 家内と孫が行列に並び10分後に帰
ってきた。ビーチもいいが、この付近も心安らぐ場所である。
何という名か知らないが、雀をすこし大きくしたような、頭
が赤い可愛い鳥が食卓にやってくる。 魚も鳥もやけに人な
つっこい。いい環境の元にあると、いじめないから共存でき
るのだろうか。

シャトルバスで昼食のため上へ
  • IMG_5523.JPG


駐車場近くのテーブル・ハナウマ湾
  • IMG_5535.JPG


  • IMG_5536.JPG


※追加画像は下記をクリックして下さい。駐車場近くで・ハナウマ湾へジャンプ



Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.