宮じいさんの花紀行

孫とハワイへ(15)

※孫とハワイへ(15)-2002.3.27-

3月27日 <四日目> 潜水艦(2)

09:50 乗船開始。 真先に乗り込む。 2F甲板に出
て見送りの家内に手を振る予定だったが、船室で説明があ
るとかで、上に行けない。 船室から外は見えるが、外か
ら中は見えないらしい。 予備のカメラで2F甲板に現れる
であろう我々を撮影する積もりの家内に連絡しようにも、
無理である。 

10:00 定刻通りシャトル船は乗客64名を乗せて桟
橋を離れる。 見送っているのは、家内ただ一人である。
だれも、2F甲板に現れないので、諦めて帰っていった。
15分くらい、救命胴衣等の説明があった。 その後やっ
と2F甲板に上がることが出来た。 早速ヒルトン・ハワイ
アン・ビレッジを撮影した。 宿泊中のタパ・タワーもよく
見える。

10:30頃潜水艦とドッキングする。 いよいよ待望の潜
水艦に乗り込む。 丸いハッチが開いていて、垂直に鉄の
梯子が付いている。 先ず私が降りるから、続いて注意し
て降りるよう孫に指示する。 身長1m未満の子供は乗る
ことが出来ない。 成る程、小さい子供は無理だと降りな
がら納得した。 孫はチビなので、一年まえならむつかし
かったかも知れない。

艦内には、丸い窓が32個ある。 右舷に32名、左舷に
32名の計64名乗りである。 一つの窓を2人が使用す
る訳である。 潜航に先立ち2~3注意があった。

10:40 いよいよ潜航開始である。 ぶくぶくと泡が上っ
て行く。 頭上の海面は見えなくなる。 前部と後部に深度
計がついており、10、15、20フィート(1フィートは約30
cm)と段々数字が大きくなる。 小さな魚の群が見えて来
た。 「じいちゃん、写真、写真」と孫がエキサイト気味で
ある。

出航後アトランティス号よりダイヤモンドヘッドを望む
  • IMG_5629.JPG


  • IMG_5630.JPG


宿泊中のホテル群
  • IMG_5632.JPG


※追加画像は下記をクリックして下さい。アトランティス号内でへジャンプ




Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.