宮じいさんの花紀行

孫とハワイへ(16)

※孫とハワイへ(16)-2002.3.27-

3月27日 <四日目> 潜水艦(3)

動いている魚達を撮影すのは意外にむつかしい。 潜水艦
も動いているから、タイミングが合わない。 深度を増すに
つれ、大きな魚達も見え始めた。 黄いろと黒のトロピカル・
フィッシュも現れた。 次から次へとシャッターを押す。

第二次世界大戦の遺物だろうか、飛行機の残骸も見える。
ハワイ大学が珊瑚礁の研究用に沈めたという「ピラミッド」も
見えてきた。 大小様々な魚群に圧倒される。

運が良ければ、海亀が見られると聞いていたが、なかなか
現れない。 1996年に沈めたマグロ漁船セントぺトロ号に
近づいていく。 いたいた! 大きな海亀が悠々と泳いでいる。
まるで、竜宮城に来たような感じである。 浦島太郎の気分も
悪くない。 孫がこちらを向いて、窓の外を指さしている。 勿
論先ほどからシャッターを押し続けている。

深度計が142フィート(約40m)を示した。 どうやら海底に
着いたようだ。 砂地にウニや石ころがごろごろしていて、魚
はあまりいない。 深いからだろうか。 艦はやがて静かに
浮上し始める。 見所がどうしても、右舷か左舷に偏るので、
その都度艦を廻して、どちらも満足するよう運航している。

頭の上が明るくなり、水面が見え始めた。 11:30浮上する。
50分間の潜航を充分楽しむことが出来た。 孫も満足した顔
をしている。 気をつけて鉄梯子を上り、外にでる。 ほっとし
て深呼吸する。 やはり、潜水艦内は狭いので、圧迫感があ
る。 

シャトル船に乗り移る。 次の人達が待機しているので、今度
は初めから、2F甲板に上る。 孫は熱心に今降りた潜水艦を
見ている。 次の人達が潜水艦に乗り移ったところで、シャトル
船は静かに動き始める。

水深83ft・潜水艦内
  • IMG_5647.JPG


魚の群れ
  • IMG_5660.JPG


  • IMG_5659.JPG


※追加画像は下記をクリックして下さい。海底に着く、水深142ftへジャンプ



Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.