034168 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

SMILE BACK

PR

2010.04.24
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
先週に引き続き映画をみてきました。
名探偵コナン天空の難破船でございます。
感想は、奈良県警のキャラクターが面白すぎて映画館内から笑いが起きてましたw
ネーミングのセンスといい、顔がいかにもな感じといい。
あと、キッドがコナンを追いかけて~~という流れが好きです。

ストーリーとしてはなかなか頑張った感じはあります。
つっこみどころは多々ありすぎて、ちょっとアレでしたが
価格分は堪能したような気がします。
あの目的を達成したいなら、飛行船関係いらなくて
犯人たちはもっとほかのうまいやり方が
あるんじゃないだろうか・・・・というところですよね。やはり。
犯人グループお金かけすぎでしょう。
盗むものよりも意外とお金かかってるんじゃないか・・・とか。

飛行船をお話の上で出したいなら
犯人たちの最終目的をもうちょっと上手い方法でできたのかもな、とか。
飛行船をだして煙を出すと言う手法をすることでパニックを起こさせる・・・というところの最終目的はもっとでっかくてもよかったかもな・・・と思いました。
小山力也さんがんばってました。
出番はいろいろ考慮されて少なかったのかな~なんて思いつつ。
でも最初にアニメで聞いた声よりも前々小五郎の声になってました。

前回のDAIGOと違ってそこまで演技が微妙な人もいらっしゃらなかったので
演技の面では大丈夫でした~。
ですが、音響が・・・(笑)
変なところで、ちょっと場面に合わない音楽のチョイスがあったり
最初のアバンではつなぎのバンクの部分が音がそのままで異常に繋ぎましたよ!!ってのが
わかっちゃう感じでしたし。
あそこは別に元の音を引きっぱなしでよかったんじゃ~~と思ったりしました。
あと、コナンと犯人たちの戦いのシーンでの音楽は、
いつものテーマでアレンジがあってとってもよかったんですが
なんだかまだ終わらないの~~?って感じのループの印象が強くなってしまっていまして
そこってどうやったら改善できたのかな、って考えてしまいました。
ひきっぱじゃなくて途中で区切ってメリハリ作ってもよかったのかな~なんて。

でもあれで監督がOKなんでしょうから作品としては完成なのですよね、きっとw

大阪の警察の方たちは、地図をみて語っているのみでしたが、もちょっと活躍させてあげても
よかったんじゃないのかなとか思っちゃいました。
コナン君はキッド?っていう疑問がまだ解決されてない人もいたので
そのネタを解消してもよかったかもとか、(でも尺足りなかったのかもな~)とか
いろいろ考えてしまいました!!
エンターテイメントではありますので、おすすめではありましたよ。

コメディネタは満載でした。
でもその為、話の途中の流れが切れてしまって勿体無い部分もありましたが~。






Last updated  2010.04.25 02:31:19
コメント(0) | コメントを書く


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


Calendar


© Rakuten Group, Inc.