000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ブックドクターしんちゃんの舞台裏日記

2011.07.20

 
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
18日の朝、三重を出て東北に向かうも、夜中になってもまだ着かず、途中、車中泊。
夜明けとともに走り出して、やっと岩手県山田町に着きました。

●7月19日(火) 岩手県山田町

岩手県山田町にうかがいました。初めてのところです。実は、みえ災害ボランティア支援センターから連絡があり、山田町の保育園から読み聞かせの要望があるので、行ってもらえないか、ということでした。
みえ災害ボランティア支援センターは、岩手県山田町を支援。ボラパックと呼ばれる被災地までの定期便を運行し、たくさんのボランティアを三重から派遣しています。
せっかくお声をかけていただいたので、ぼくでお役に立てればと思い、ひとつしかない体だけど、今回、山田町を訪ねさせていただきました。
遠野市を抜け、釜石市を通り、海沿いの国道45号を走ると、瓦礫の山が右に左に。この景色は、何度も見てきたけど、見慣れたくはない景色ですね。

まずは、船越保育園にうかがいました。
丘の上にある船越保育園は、無事だったものの、現在も、一部、避難所になっています。
固定電話は通じるので、事前にアポをとらせていただいているため、ぼくも園長先生も、初対面であるにもかかわらず、何だかほっとします。
子どもたちが部屋に集まりました。

110719_1.JPG
初対面なのに、みんなにっこにこだ。

110719_2.JPG
みんなで、絵本でおどったもんね。

110719_3.JPG
みんなでパチリ。

110719_4.JPG
テラスから「しんちゃ~ん!」って聞こえます。



続いて、15分ほど走ったところにある大沢保育園にうかがいました。
こちらは、海の近くの瓦礫の中を走ります。
震災のときの子どもたちの状況を園長先生から聞きます。
「よし! 思いっきり楽しんでもらおう!」

110719_5.JPG
みんな、ぎゅって集まってるでしょ。

110719_6.JPG
終始、大爆笑だ。

110719_7.JPG
しんちゃんの耳を触ると、いいことあるよ。

110719_8.JPG
保育園のすぐ先は瓦礫地帯。


船越保育園、大沢保育園、どちらの保育園の子たちも、「これでおしまいね」と言うと、笑いが止まって、寂しそうな顔をする。そんな寂しそうな顔をするなよ。また、会いに来るよ。


その後、山田町の災害ボランティアセンターにうかがいました。ここに、三重から来たボランティアの人たちもいるはずだ。
ちょうど、お昼休みで、戻ってきたところでした。ラッキー。
三重からも、たくさんのボランティアの人たちが、1000キロ以上離れたこの地に来ていることは、本当に心強いし、誇りに思うね。

110719_9.JPG
三重からのボランティアの人たちとパチリ! 
みんな、ごくろうさま!



その後、隣の遠野市に移動。
遠野市の文化研究センターが中心となり、三陸文化復興プロジェクトで、100万冊の絵本を集めているという情報が入ったので、打合せを兼ねて、会いに行ってきました。
これからも、お互いに情報交換をしていきましょう、と確認しあいました。
お互いになが~いスパンですからね。


●7月20日(水) 陸前高田市

前回もうかがった陸前高田市に向かいます。
この町は、なんだかとても魅かれる町なんです。

朝一番、山間にある横田保育園で絵本を読ませていただきました。
以前、うかがったときに、ほとんどの保育園にご挨拶しに行ったので、事前にアポがとれました。
といっても、ここで子どもたちに絵本を読むのは初めて。
そんな緊張感を、フランクな先生方がゆるめてくれます。黒一点の男性保育士さんも、いい感じの人です。
リラックスして絵本を読むと、子どもたちは、目一杯、笑ってくれました。
先生方も、終始、にこにこ顔でした。
園長先生が、「是非、また来てください」と言ってくださったのが、とてもうれしいですね。

110720_1.JPG
1000キロ越しの笑顔は、ほっとします。



続いて、高田保育所にうかがいました。
この保育所は、陸前高田で初めて子どもたちに絵本を読んだところです。とても深いご縁を感じます。
2回目なので、子どもたちも、先生方も、とっても楽しみにして待ってくださっていました。

110720_2.JPG
後ろには、お手製ポスター。ありがたいね。

110720_3.JPG
この笑顔が希望そのものなんだ。

110720_4.JPG
プレゼント、もらっちゃった。


ぼくが、絵本を読むことで、子どもたちや先生方に、笑顔が増えるのであれば、ぼくは、ずっと来ます。


そして、陸前高田のご縁を作ってくれたのは、神田葡萄園の若夫婦。
陸前高田に来る目的のひとつは、この若夫婦に会いに来ること。
津波をかぶって一時期は再開の目処がたたなかったけど、もちまえの明るさと爽やかさで、何とか再開の目処がたちつつあります。
事務所もきれいになりました。レジもあります。固定電話の工事も入っています。商品棚には、ジュースがいっぱい。どの商品にも新しいラベルが貼ってあります。どれにも、「縁」というハンコが押してあるんです。
何よりも、ダンナさんの顔に余裕が出てきて、とってもステキな笑顔になってる!よかった。

110720_5.JPG
ヒロちゃん、ミカちゃん、ユメちゃんと。ステキな神田葡萄園!

110720_6.JPG
ほ~ら!津波をかぶったけど、ぶどうは元気だよ!



その後、陸前高田市のすべての保育園にご挨拶をしました。
全部で絵本を読めないから、せめて、ご挨拶だけでもと思って。
来月、また来るからね。

陸前高田は、以前、来たときと比べると、瓦礫がかなり片付いていました。
でも、まだ何もありません。
何もないけど、陸前高田の人たちの心の中には、大事なものがいっぱいあります。
ステキな町です。






最終更新日  2011.07.23 06:00:05
コメント(0) | コメントを書く

PR

カレンダー

プロフィール


ほがてんしんちゃん

コメント新着

http://buycialisky.com/@ Re:インフルエンザで中止(01/22) safety of generic cialisnatural alterna…
http://buycialisky.com/@ Re:三重県伊賀市_府中保育園(01/19) wo cialis online bestellencialis preis …
http://cialisvbuy.com/@ Re:インフルエンザで中止(01/22) comparativo viagra cialis levitradoes c…
http://viagravonline.com/@ Re:三重県伊賀市_府中保育園(01/19) getting viagra online <a href=&quot…
http://buycialisonla.com/@ Re:久しぶりの休日(11/06) fda cialisg postmessage cialis smiley r…

キーワードサーチ

▼キーワード検索

楽天カード

お気に入りブログ

まだ登録されていません

フリーページ

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.