1227944 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

みんみんのざる碁日記

2017.05.04
XML
カテゴリ:囲碁・検討
囲碁では「焼きもち」という言葉を「相手の地が大きく見えてちょっかいを出す」という意味で使います。以下はその例です。私の白番です。黒模様が大きく見えたので・・


打ち込んで荒らしに行きました。最低限の活きは確保しました。この局面で優勢になったと対局時は思っていましたが、負けてしまいました。


こういう碁って負けることが多いのです。荒らしに成功しているのですから悪い手を打っているとは思えません。ただこの後の打ち方が難しいのです。地合いが良くなったから優勢になったと錯覚するから負けやすいのかなと思います。






最終更新日  2017.12.22 18:43:28
コメント(0) | コメントを書く
[囲碁・検討] カテゴリの最新記事


PR

X

バックナンバー

2021.06
2021.05
2021.04
2021.03
2021.02

コメント新着

みんみん碁打ち@ デービッドさんへ おお女王になりましたか。おめでとうござ…
デービッド@ Re:プリメ2 再考(05/03) 私はPrincese Maker2 Refineで女王になり…
---@ Re:「祀る」と「祭る」の違い(07/26) 検索で来ましたがイマイチわかりませんで…
あしたの日本@ Re:トヨタ&デンソー杯・羽根直樹 - 睦鎮碩戦(08/23) この羽根直樹、三重県のデンソーの、って…
背番号のないエース0829@ Re:小室哲哉氏の件(01/19) 「安室奈美恵 Never End」に、上記の内容…

フリーページ

カテゴリ


© Rakuten Group, Inc.