1241414 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

みんみんのざる碁日記

全9件 (9件中 1-9件目)

1

会社・組織・学校

2007.01.20
XML
カテゴリ:会社・組織・学校
私は26年前に共通一次試験を受験した。今のセンター試験とは下記の相違点がある。
A)当時は国公立大学の受験者だけが受験したが、今では私立大学の受験生も受験している。
B)当時は全員が5教科7科目を受験したが、今では科目を選んで受験している。

受験生の履修科目漏れの問題は受験に必要な科目しか受験生が履修したがらない。また、高校は多くの合格者を出したいために生じたのであろう。私は文系であったが、数学・化学・生物を受けた。数学は8割出来たが、理科は半分もできなかった。
履修漏れを無くすために全教科を受験させるべきだ、と文部科学大臣が言ったらしいが、昔の受験生の苦労と受験生の国公立大学ばなれが起きた事を思い出して欲しい。私は経営学部に入るのになぜ理科が必要なのか理解できなかった。私が受験した神戸大学経営学部第二課程(夜間部)は定員60人に対し、受験者が55人しかおらず事実上無試験になったのだった。

現行制度は過去の反省の上で、出来たものだ。その経緯を理解しないといけない。改めなければならないのは、高等学校の教育指導要領であろう。というか高校は義務教育ではないのだから公立・私立を問わず、何を教えるかは現場の判断に委ねるべきだ。

それと今は英語のヒアリング試験を行っているようだが、止めるべきだと思う。私のようにアデノイドという病気によって先天性難聴の受験生には不利益だからだ。






最終更新日  2007.01.21 00:04:31
コメント(1) | コメントを書く


2006.09.29
カテゴリ:会社・組織・学校
表記の問いには概ねイエスと言わざるを得ない。政界は首相・党三役・前首相は全て二世議員。民主党も小沢・鳩山は二世議員である。衆議院の議席の4割は二世であるらしい。ところで東大生の親の4割は東大卒であるとも聞く。貧乏人の家の子は充分な教育サービスを受けられず、その結果、良い学歴とか大企業への就職や資格と無縁になり、社会全体の階層が固定化する、という議論がある。小泉政権の5年半の間に格差が広がった、と言われている。果たしてそうだろうか。

論点をあげると
A)学歴・職業は階層化し、固定化しているのだろうか?
B)小泉政治により企業間競争が激しくなった。それによって格差社会が生まれたというのは本当か?

私の主張、結論は、A)B)ともに違うと思うのである。
まずA)について。私は神戸大学住吉寮の自治会副委員長をしていた。当時320人の寮生にアンケートや聞き取り調査をした。すると驚いた事に私みたいに両親共に中卒などという家はなかったのだ。つまり学歴は相伝する傾向は確かにある。国立大学は当時学費はタダ同然であった。(教材費を除く)その中でも寮生は家庭が比較的貧しい生徒の集まりである。って事は私みたいな家の子供がもっといても良さそうなもんである。しかし、ある程度親も勉強した家の子供が受験戦争を勝利しているのだった。経済力が鍵なのだろうか。金をかけて進学塾に入れないといけないのだろうか?私は違う、と思うのだ。親の生活態度が遺伝するのだ、と思う。両親が家でごろごろテレビを見ていたりパチンコに行っているようでは子供に「勉強しろ」と言っても説得力がない。カネはなくても親が図書館をよく利用していると子供も本が好きになるはずだ。親が好きな物を子供も好きになるのが普通だ。尤も親が特定の趣味にのめり込み家庭を省みないようだと逆の結果になる。

B)小泉政治によって格差社会が生まれた、というのはウソである。20年以上前、私が学生の時に小沢雅子氏の「階層消費の時代」が話題となった。バブル時代に家庭間の資産格差は広がり、日本は階級社会になっていた。小泉政権のずっと前から格差社会になっていた。むしろ小泉改革が本物ならば格差が固定化しない活力ある日本に生まれ変わるはずである。しかしアメリカみたいになるのがいいとも言い難いし、安倍政権が本当に「改革」をするのかは疑問である。

受益者負担の原則によって、国公立大学の学費を私立並に引き上げるというのはおかしな話である。受益者負担主義なれば、医学部と経営学部の学費が同じではおかしいだろう。今では私みたいに自分で働いた金で入学金も授業料も払って勉強するなんて不可能に近い。国公立大学の学費を私立並に引き上げる事は、学歴・職業は階層化し、固定化する事につながる。これは社会の活力を失わせると思う。






最終更新日  2006.09.29 09:02:58
コメント(1) | コメントを書く
2006.09.22
カテゴリ:会社・組織・学校
私の職場の現実を書く。私は二日続けて残業し、朝帰りである。そうなっている理由は最近発売した高級ヨーグルトに帰する。ヨーグルトにおける高級品と一般品の違いって何か、わかりますか? 基本的に原料が違うわけでではない。ハーゲンダッツのアイスみたいにタカナシ乳業の専用牧場で原料乳から違うなんって事してたら150グラムのヨーグルトが200円以上になってしまう。一応、私の職場で生産されているものからは以下の傾向がある。

○普及品 脱脂粉乳・バター・粉末チーズ・液卵・液糖・酸化防止剤・寒天などを入れて、長時間発酵させる。8時間発酵室に入れたら、発酵室ごと除湿&冷却し、翌日を待って箱詰めされる。これが大量生産される普及品なのである。甘かったり・プリンのように固めたりするのは、味だけの問題ではない。ヨーグルトが分離するのを抑えているのである。これにより賞味期間が長くなったり、輸送や冷蔵の過程で味が変わるのを抑えているのである。決して、安い材料を使っているためだけではない。安いのは大量生産や梱包・包装の合理化でのコストダウンの結果である。

○高級品 混ぜ物を少なくしようとすると、発酵が早く進み、目を離すと過発酵になったり、梱包・輸送に気を付けないと、ヨーグルトが、カテージチーズと乳清(ホエー)みたいに分離してしまうのだ。一般品に糖類や寒天などが添加されているのは、豆腐の凝固材みたいな物だとご理解下さい。

実際には、普及品なら醗酵室に入れて、後は時間が経てば冷蔵されるようタイマーを仕掛けて帰る。翌日はそれを梱包のラインに流す事が可能だ。しかし、高級品は一定の時間が経過する度に、大きな冷蔵庫に移しておいて、翌朝、梱包することになる。すると深夜まで、仕掛品を移動させる人がいる事になる。むろん明治乳業は、LG21専用のラインや発酵室を用意しているんだろう。でもそういった設備投資を回収するだけの売上を上げる事は難しい。






最終更新日  2006.09.22 15:36:21
コメント(2) | コメントを書く
2006.09.01
カテゴリ:会社・組織・学校
私は経理専門学校の講師をした事がある。日商簿記の3級や2級の取得を目指す方のための入門講座である。期間は2ヶ月、週2回3時間の授業をした。入門講座とはいえ、将来税理士・会計士を受けようかな、と思っている大学生が生徒の3割位はいたので、3級の検定問題には出題されない話をたくさんした。
それは、自分が簿記を学び始めた頃に疑問を持って、講師に質問したり本を読んだりして得た知識である。どんな授業だったか、再現してみる。私は元落語研究会であるから、落語的な語り口である。

「ええ、皆さんは、これから簿記というものを学ぶ訳でございますが・・まず簿記の構造から説明いたします。テキストのnページをご覧下さい。貸借対照表と損益計算書が例示されております。いずれも左右に項目と数字があり、左右の合計は常に一致する事になっております。左側を借方、右側を貸方と申します。なんで左と右に分けてあるんかいな、と申しますと、投資と消費、費用と損失を区別する目的で、左と右に分けてあるんです。これを複式簿記というんです。借方と貸方、投資と消費、費用と損失、以上6つのキーワードは後で説明しますから聞き流して下さい。

複式簿記の反対語は単式簿記です。単式簿記ってのは、家計簿とか現金出納帳ですな。金の出入りを記録しておくのが単式簿記。単式と複式はどう違うのか。一位になる馬を予想するのが単勝。一着と二着の馬の組み合わせの馬券を買うのが複勝じゃなくて・・簿記の単式と複式の話ですよ。単式簿記では、任天堂のゲームを買うのも任天堂の株を買うのも、単に金銭の支出という点ではいっしょでございます。しかし任天堂のゲームで遊んでも儲からないけれど、任天堂の株は上がったり下がったりして将来売却して現金化できます。値上がりすれば売買差益が出ます。複式簿記では、ゲームを買うのを消費、株を買うのを投資と区別するんです。皆さんがこれから学ぶ複式簿記というのは、長期的視点で資金の流れを把握する手段である、とご理解下さい。

テキストに戻りましょう。貸借対象表は英語でBalance Sheet、略してBSと言います。損益計算書、これはProfit and Loss、略してPLと申します。
BSでは借方、左側ですな。左側は資産。右側の貸方には負債と資本があります。
資産-負債=資本。大抵は資産>負債なのでございますが、中には資産<負債という法人や個人、会社や人間がおられまして、これを債務超過と申します。会社なら倒産、法的には清算。個人は自己破産する事と相成ります。
次にPLを見て下さい。売上(収益)が左側(借方)、原価・費用・利益が右側(貸方)になってます。売上-(原価+費用)=利益、って事です。売上<原価+費用の場合、損失が発生します。俗に赤字と言います。
さて、ここまでが本日の授業の要点です。今からは、ここまでのキーワードを復習します。

貸借対照表と損益計算書、複式簿記と単式簿記、借方と貸方、資産と負債、売上と原価・費用、利益と損失、資本と利益の関係、投資と消費、いっぱい出てきました。今日一日では到底説明しきれません。2ヶ月かかっても大まかな説明しかできないでしょう。
それに具体的な話ぬきに概念の話したって理解できません。そこで、今日は簡単な仕訳の例題を演習しつつ、資産と負債、売上と原価・費用の勘定科目のさわりをば理解していただき、ついでに借方と貸方の概念を説明する事に致します・・・」

つまり基礎的な概念を繰り返し説明する、ってのが私の授業の特徴でした。日商3級の試験なんか、仕訳のパターンと精算表の穴埋め問題だけでパスできるんです。2級だって、その延長線上にあるだけです。基礎的な概念の話は、国家資格を狙う人か実務家になる人しか必要ない話です。でも試験にパスさえすれば良いの勉強しかしないで現場に出たら、一から勉強し直す必要に迫られます。仕事に就いた時に私の話を思い出してくれたら幸いと思って授業をしました。

実は講師をした時点では、私は税理士試験を3科目合格していた受験生であり、商社の経理マンでした。生徒以上に私自身が勉強になりました。金銭的には全く割りのあわないアルバイトでした。ので3回しかやりませんでした。受講生の検定試験合格率は60%~70%。講師としては普通の結果でした。受講生の中から税理士・会計士になった人がいたかはわかりません。






最終更新日  2006.09.01 06:26:57
コメント(0) | コメントを書く
2006.08.28
カテゴリ:会社・組織・学校
hatさんからツッコミを頂いたので、私が7年半も住んだ住吉寮の話をします。そもそも私は最初、大学に入学する意思はありませんでした。じゃ何故受験したの?って思うでしょ。それは高校の時の同級生がみんな共通一次試験を受けるとわかってたんで、それだけは受験しようと思っただけの事です。高校3年の夏に父が経営していた会社が倒産し、家族は離散していました。私は本田技研鈴鹿製作所で期間工として働いていたのです。
住民票は兵庫県西宮市山口町にありましたから、受験地は神戸大学六甲台校舎本館でした。はじめて大学に来た時、正門から神戸の町を一望できる眺望に感動しました。
試験の結果は惨憺たるもので、大学進学をあきらめました。公認会計士一次試験を受験し、学歴に関係なく二次試験を受験する資格を確保しました。

私は二つの選択肢を考えました。1)鈴鹿に残って本田の社員になる。2)働きながら勉強して会計士になる。この二つは両立可能かも知れない。で、大学はどうするか。神戸大学の夜間部に願書だけ出しておけ。夜間部なら通るかも知れない。もし合格したら、○○高校に神戸大学合格者が増える、って事は、出席日数の足りない私に卒業証書をくれるかも知れない、と考えたのでした。夜間部には二次試験がなく、何故か「合格した」と母から電話をもらいました。

私は本田技研の人事担当者に「期間工の松下です。私、高校中退したと偽って働いていましたが、実は神戸大学と公認会計士一次試験に合格しまして、高校も卒業させてくれそうなのです。つきましては高卒の社員として入社させていただけませんでしょうか」と言いました。すると人事の人は仰天し「せっかく国立大学に合格したんだから入学しなさい。卒業してから面接に来て下さい」と説得されました。

かくて期間工をやめて西宮の家に戻り、大学から来た入学に関する膨大な書類を読んでいました。すると、大学入学にはいろんなメリットがある事がわかりました。
○大学には寮があり、寮費は水光熱費込みでたったの月額3100円で住める
○入学金は5万円、学費は半期で4万5千円。たった9万5千円で入学できる
○日本育英会に申請すれば月額1万8千円の奨学金がもらえる
○両親が貧困でかつ成績が良好な学生は、学費免除を申請できる。
って事は、学校に払う金より、貰える金の方がケタ違いに多い。国立大学ってこんなオイシイ所だったとは・・しかも昼間働く勤労学生には、通勤定期を通学で買えてしまうわ、所得税に勤労学生控除があるし、住民税は免除されてしまう。たとえ大学自体に魅力なくても、学生であるというだけで利益は大きい。

私はなぜ7年半も在学したか、というと寮に住んで金を浮かせたかったからなのです。
単位は取ってしまっておいて休学していました。休学すると授業料は払わなくても良かったからです。就職するために卒業する必要はありません。学生のうちから正社員として働いていたからです。

つづく






最終更新日  2006.08.28 04:21:22
コメント(1) | コメントを書く
2006.07.30
カテゴリ:会社・組織・学校
私は4年前失業保険で職業訓練を受けていた時に、教員免許を取って小学校の教師になろうとしていた仲間(30前の男)がいた。彼の奥さんは小学校の教師なのだった。彼が奥さんから聞いたと言うに、「今の小学校の現場はダメだ。無気力な教師が多く子供たちがかわいそうだ。また無責任な親も多く、子供同士にもまとまりがない」らしい。
今、教職員の平均年齢は高い。子供の多い時期に大量に採用された教員の多くが今50代になっている。生徒の親よりも年が離れていると、今の子供たちとのカルチュアギャップが大きいのだろう。また文部科学省の方針も「ゆとり教育」の導入とその反動など場当たり的で、結果として塾・家庭教師などへの依存が私が子供の頃よりずっと高まっているようだ。その結果、早期退職する50代の教師が多く、新規採用が増えているようだ。






最終更新日  2017.12.18 23:37:26
コメント(0) | コメントを書く
2006.07.18
カテゴリ:会社・組織・学校
私43歳である。25年前には18歳だった。
中学・高校の頃は、自分の将来に確たる目標はなかった。
まぁprofileをご覧になれば特殊な事情の一端がおわかり
頂けるとは思う。

今年3月下旬の事である。私は私用で大阪へ行き、亀山に
戻ろうとしていた。JR草津から柘植行に乗った。各停である。
午後7時頃に電車は草津を出た。家路を急ぐ人が多く立って
いた人も最初は多かったが20分して甲西あたりまでに6割の
乗客は降りて、私は若い女性と向かい合わせに座っていた。
彼女はマンションの見取り図を何枚か見ていた。私は話しかけた。
「マンションでも買われるのですか」
「いいえ、賃貸です」
「なら良かった。私は建設業界にいた者ですから、こういう物件
は買ってはいけないってな話はできるかと思いまして声をかけました」
「・・ありがとうございます」
「で、場所は、どこですか」
「京都の北山です」
「地下鉄の駅の近くですか」
「はい」
「じゃ植物園があったりして、すごい良い所じゃないですか」
・・・彼女の話を要約すると、彼女は三重県立○○高校の3年生で
京都の複数の大学に合格した。で北山に賃貸のアパートを探すため
に数箇所の物件を見て回り、決めてきたのだという。
大学を受験して初めて気が付いた事がいろいろあった。
「京都の大学だと思って受けに行ったら滋賀県だったんです」
「立命ですね。私の従兄弟も娘が同志社に受かったってんで、
いろいろ物入りや、と言うてますが、あれも京田辺でしょ。
私らの頃と較べると移転してる所、多いですよ」
「私の同僚に○○高校のOBいますが、どんな学校ですか」
「田舎の学校ですから、東大を受験する人も進学しない人もいて
バラバラです」
「私の出た学校もそうでした。都会だと偏差値で区切られた
生徒が集まるけれど、田舎はごっちゃですからねぇ」

彼女との話は続くのであるが、ここからは一般的な社会論になる
ので、一旦終わる事にする。






最終更新日  2006.07.19 00:17:47
コメント(0) | コメントを書く
2006.07.09
カテゴリ:会社・組織・学校
ここ数日、ブログの更新が滞っておりまいした。
理由は、仕事で残業しまくりだった、ためです。
まず今、私が何に従事しているのかってちゅう話を
します。4月下旬にシャープを退職して、一月遊び
ました。6月に入って、2週間ある機械メーカーに
いましたが、クビになりました。(爆)
しかし捨てる神あれば拾う神ありで、3日後には今
の現場に入りました。日本ハム系列の乳製品・飲料会社
なのです。夏に向けて生産増強で、現場は猫の手も借り
たい、の状況です。
勤務時間が変わっておりまして、午後5時に勤務開始
午前2時に終了、途中30分の休憩が2回あって、一日
8時間労働、という建前なんですが、
「みんみんさん、今日は残業できる? ライン止まる
までやって下さい」・・・一日1~2時間の残業が常態
化しているわけです。扱っている商品が商品ですから、
来週の梅雨明け以降、たぬきねいり先生の所と同じ位
の臨戦体制になってしまうわけです。
派遣社員としての私の契約は、9月末までです。
ま、しかし慢性的な人手不足。退職を控えた団塊の世代
が多い。私にはリフトの免許と乳業メーカーの物流
の仕事の経験がある・・事から考えると、この現場は長く
なりそうな気がしています。
10月に第二工場が立ち上がった亀山に戻る可能性も
あります。が、自宅から通える範囲で仕事ができた方
が良い・・と考えております。
なお私の休みは、日曜と火曜が原則ですが、こちらの
都合で火曜を月~土のいずれにか代えてもらう事が
できます。

2時間残業しますと午前4時過ぎです。家に帰ると
午後5時、シャワーあびてメシ食って寝るのが6時
・・昼2時には起きて、出勤の支度をするってんじゃ
ブログの更新はまず、ムリです。
ですから、更新は週2って事になります。
今の仕事はダイエットに良いですよ。
体脂肪率の変化
 6-15 23.8%
 7-09 21.4%
9月末には15%を目指します。(爆)






最終更新日  2006.07.16 23:55:15
コメント(0) | コメントを書く
2006.05.19
カテゴリ:会社・組織・学校
平成10年4月まで、私は大阪府に本社がある建設会社に勤めていました。その会社はコンクリート構造物の調査・診断および施工を主たる事業としていました。またアスベスト除去工事や集合住宅の外壁改修工事、高速道路の橋脚や床板の補強工事もしていました。

1996年頃が全盛で、年商70億円、利益3億円近くありました。株式の公開も検討するほどの勢いがあったが、97年にゼネコンや銀行・信組などが次々に倒れ、取引先も多く失いました。またその頃から指名競争入札から自由競争入札になっていき、補修工事は随意契約とかゼネコンとJV(受注共同体)での高値落札ができていたのが、談合が成立しなくなりました。新規公共工事が減少したため、大手も補修工事に力を入れ始め、急速に競争力を失い、利益率が落ちていったのでした。

経理課長をしていた私は、精神的にまいっていました。私が○○建設の大阪支店に5000万円の手形をもらいにいってから半年後に、○○建設は会社更生法の適用を申請したのでした。負債総額は4000億円を超えていました。タッチの差は不渡りを食らわずに済んだものの、そんな倒産が一年に4~5回もあったら、たまりません。私は鬱病と不眠症になって、精神科で薬をもらうようになりました。
他にも、いろんな理由があったんですが、建設会社を辞めた訳です。とりあえず1回目はこれでおしまいです。






最終更新日  2017.12.16 00:51:20
コメント(1) | コメントを書く

全9件 (9件中 1-9件目)

1

PR

X

© Rakuten Group, Inc.