1239613 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

みんみんのざる碁日記

全10件 (10件中 1-10件目)

1

建設業界・公共事業

2007.07.20
XML
私の家から京阪本線の枚方市駅と枚方公園駅は1km位の所にある。この2つの駅周辺の再開発は対称的だった。1987年から1992年に行われた枚方市駅周辺の再開発は巨額を投じて
駅とその前後1km位の線路も高架にし、岡本町の古い商店街を全部つぶしビオルネというショッピングセンターと高層マンションを建設した。駅の南側・北側両方のターミナルを拡張した。高架になった駅の下がデパ地下のようになった。交通施設・商業施設・住宅施設どれも拡張したのだった。

枚方公園駅周辺は枚方市駅の再開発によって没落した。そこで1996年~2005年にかけて周辺地域の整理が行われた。駅前ターミナルを作りその下を全部駐輪場にした。駅と巨大な駐輪場が連結しているのだ。駅と前後の線路は地面のままである。しかし駅の横の踏切
の渋滞を解消するためにバイパスを作った。枚方パークの前に広い路ができ高槻や香里園方面から車がスムースに抜らけれるようになった。

枚方公園駅は駅から半径300mの範囲を空洞化させる事によって、交通アクセスは飛躍的に向上した。その結果駅から500m~1kmの周辺地域にどんどんマンションや商業施設ができ
乗降客数は増え、周辺の不動産価格は上昇した。

枚方市駅の周辺は商業ビル・オフィスビルのテナントがどんどん空いていき、岡東町や川原町など駅に近い地域がゴーストタウン化してきている。枚方公園駅周辺には商業ビル・オフィスビルはない。

駅はハブのような物で、人が流れる基点でありさえすれば良い。そうすれば自然に周辺地域が民間の手で開発されてゆくものなのだ。

枚方市は清掃工場の談合問題で揺れている。中司市長も責任を問われねばならない。しかし中司市長は有能な市長だった。枚方市駅周辺の再開発をした北側市長・大塩市長の時代に枚方市の財政は悪化した。枚方公園駅周辺の再開発を主導した中司氏は何が必要かを理解し、再開発地域の住民エゴや市職員労組と正面から対峙した人物だった事を忘れてはならない。

清掃工場の談合問題については、改めて書く事にする。






最終更新日  2007.07.20 01:14:42
コメント(0) | コメントを書く


2007.07.19
今朝、私は京都市内の病院で健康診断を受けた。午前11時に終わったのでバイクで三条河原町にある寿司屋に向かった。ところが店周辺にバイクを駐輪する所がない。木屋町にある先斗町自転車駐輪場にバイクを預けて店まで400mくらい歩いた。食事の後書店に寄ってから駐輪場に戻った。

すると駐輪場の前にバイクをもて余した若者が行列を作っていた。私が精算して出ると一番前で待っていた若者が入車ゲートをくぐった。駐輪場が満車で他に駐輪できる場所がないためにキャンセル待ちしているのだ。今日は平日である。にも関わらず駐輪場がないのだ。絶対に京都市は駐輪場を増設する必要がある。違法駐輪の取り締まりを強化しても駐輪場を確保しなくては、京都の繁華街の利便性が下がってしまう。

駐輪場が必要な駅前や繁華街は全国至る所にある。加えて京都には特別必要な理由がある。
○京都は狭い小路だらけの町だから自転車・バイクが便利である
○京都は元々学生の街であった。が近年多くのキャンパスが周辺地域に移設されて、一人暮らしの学生もキャンパス周辺に住むようになった。金のない彼らの主たる移動手段はバイクである。
○京都市交通公社は地下鉄を延線し、100円バスを走らせて中心部の渋滞を解消し、周辺地域の開発を目指してきた。が、巨額の赤字を作ってしまったにも関わらず中心部の渋滞は一向に解消されない。100円バスも渋滞しまくってバイクで移動した方がずっと早いのが現状だ

先斗町自転車駐輪場の向かいには廃校になった小学校がある。あれを潰して駐輪場にすべきだ。






最終更新日  2007.07.19 21:55:21
コメント(1) | コメントを書く
2007.07.08
降雨69ミリ、貯水率36%に回復-早明浦ダムとニュースによると、ここ数日の雨によっても早明浦ダムの貯水率は28%から40%前後に回復するに留まるという。
九州南部や四国の各地に大雨が降ったというのに、なぜか早明浦ダム周辺には降雨が少なかったらしい。不思議であり、困ったものである。

私の住む枚方市や下流の大阪市には農業用水の需要よりも生活用水の需要の方がずっと多い。工業用水は再利用率が95%もあるので、圧倒的に生活用水の需要が多いのだ。農業用水ならばその地域に雨が降れば良いのだが、水道用水が欲しい場合、淀川や琵琶湖の上流に降ってもらわないといけないのだ。

つまり余呉湖や木之元、天瀬といった地域に大雨が降ってもらって、枚方周辺はたまに夜に雨が降って涼しくなる程度が望ましい・・と私は思っている。厚かましいとは思うが都市住民の考えていることは同じだろう。
高松の人は、「この辺に降っても海へ流れるだけやないか。なんで早明浦に降らないんや」と思っているに相違あるまい。

一般的には貯水量の大きなダムを大きなダムといい、その貯水率を話題にする。しかしダムの機能を考えると集水能力の大きさも必要だ。広い地域から雨水が集まってこないといくら貯水量が大きくても、そのダムは役に立たない。

A)役に立つダム → 貯水量・集水能力ともに高いダム 黒部ダム・九頭竜ダム
B)役に立ったり立たなかったりするダム → 貯水量は大きいが集水能力が低いダム 早明浦ダム
C)役に立たないダム → 土砂の堆積により貯水量がなくなったダム

A)が理想のダムである。富山県や福井県には水不足の心配はない。もっとも富山や福井にはもともとダムの必要もないのだ。冬に降った雪が山に積もり、それが豊富な地下水となって沿岸地域まで行き渡るからだ。
B)のタイプは北関東に多い。首都圏はそれらのダムに水を依存しているから、将来は東京湾の水を淡水化して利用する必要があるかもしれない。
C)のダムは中国の黄河流域に多い。日本では長野県中部にある。大雨が降るとダムから上流に水が逆流して洪水の発生源になる。田中康夫氏の脱ダム宣言が長野県民に支持された背景にはダムによる災害にあった県民がいたからだ。

ダムを作るというのは、囲碁の定石みたいな物で周囲の状況によっては有益であったり有害であったりする。
C)タイプはもう救い難いが、B)タイプのダムを有効活用する方法を提案したい。貯水量は多いが集水能力の低いダムは集水能力は高いが貯水量の少ない既存のダムとパイプで連結し、集水能力を向上させるよりない。
むろん周辺の山の広葉樹林を保護整備し、山そのものの治水能力を向上させるのが根本的な対策といえる。
早明浦ダムが集水能力を失ったのは、周囲の山林の荒廃による所もあるらしい。むろん山林の荒廃は下流のダムに土砂を堆積させダムそのものを有害化させてしまう。
中国の山峡ダムもそうなる危険性がある、と杉本信行著「大地の咆哮」に指摘されていた。






最終更新日  2007.07.08 19:38:44
コメント(1) | コメントを書く
2007.03.25
全国各地の原発で過去15年から30年前の事故隠しが相次いで発覚した。事故はほとんどが核燃料である制御棒の状態異常があったが、炉心融解や爆発といった事件にはならず、放射能拡散、ナトリウム漏れなどがあったか、どうかはわかんない。という話だった。

なんで今になって発覚するのか、わかんない。想像するに今日のエネルギー価格高騰の中で、原発の必要性を国民が理解しただろう。今公開して、これからはちゃんと公開してゆくべきだ・・と電力会社や産業経済省が考えたのだろうか。今までは原発アレルギーが強かったから隠すべきと行政と電力業界が考えていたのでないか・・。

事件から20年以上たってるんだから、当時の責任者はみーんな退職しているし、個人的に罪を問うこともできない。やっぱ、電力業界は信用できないなぁ






最終更新日  2007.03.25 09:58:31
コメント(2) | コメントを書く
2007.03.16
香里園駅周辺に行ってみるとその再開発に驚いた。平成3年~8年に私は香里園駅近くのマンションに住んでいた。当時パチンコ屋や古い飲食街などがあった駅の北側一帯が再開発されて、ロータリーや高層マンション・スーパーができているのだった。特に37階建てのマンションには驚かされた。

京阪本線は大阪淀屋橋から天満橋までは地下を通っている。天満橋から萱島までは高架になっている。萱島から京都東福寺までは原則として地面を走っていて、京都市内七条から出町柳までは地下を走っているのだ。途中、寝屋川・枚方市・楠葉の3駅は駅の前後だけが高架になっている。それらの駅周辺に空かずの踏切がないようにしているのだ。
なぜ香里園・光善寺・枚方公園のあたりも人口密度の高い地域なのに高架にならないのか、と香里園に住んでいた頃思っていた。すると高架にできない理由の一つに、香里園・光善寺・枚方公園周辺の地盤が弱いためだ、と聞いたことがある。特に光善寺から枚方公園のあたりは淀川に近く、昭和40年代までは蓮根の栽培が盛んだったらしい。つまり水を多く含んだ粘土質の地盤なのだ。

地盤が弱いために高架にできないなどと言われていた所に37階のマンションなんか建てていいのか?と私は疑問を感じる。15階位までなら基礎工事をしっかり行い、免震設計で対応可能なのだろうが、37階などというビルが傾いたら周辺への影響は計り知れない。よく建築許可が取れたものだ、と思う。京阪グループは経営が苦しく、香里園駅周辺はダイエーが閉店したりして、枚方市と寝屋川市は再開発を促進したかったのだろう。
併走しているJR学園都市線周辺に人口が流出し、駅周辺の商店街に活気がなかったからだ。駅周辺に高層マンションが建てば、電車は乗客増、商店街も賑わいを取り戻す。それは結構なのだけど・・地震の危険性や駅周辺の渋滞について市役所と周辺住民はどう思っているのか、私は知りたい。






最終更新日  2007.03.17 00:21:48
コメント(1) | コメントを書く
2006.09.04
岐阜県庁の裏金問題で、いろいろ調査結果が出てきている。特に噴飯物なのは「500万円を焼いた」と供述した関係者がいた事だ。絶対にウソだ、と思った。証拠書類を隠滅すべく焼き捨てて500万円は誰かが使ったに決まっている。そんなミエミエの嘘を付いたら還って事件は大きくなってしまう物なのだ。

私もかつては違法すれすれ行為ならびに違法行為を随分やったものだ。それがバレそうになったら、どうするか。かつての私の口癖は「暗い過去は忘れて、明るい嘘を付きましょう」。例えば国税の査察には、私はある程度バレる予定で弱みを複数用意していた。碁でいえばウスイ石が何箇所かあって、取られても良い石を相手に取らせるのだ。そうして本当にバレたらヤバイのを隠し通すのがプロ(違法行為の?)なのだ。

ところが役人は自らの過ちは決して認めず、責任を転嫁しようとする。しかし、それでは検察も引くに引けなくなって、トコトン調査しようという事になってしまうのだろう。取り調べる側もシンドイのだ。ある程度の戦果を得たら、ノルマ達成って事で引き下がるのが普通だ。しかしマスコミも大きく取り上げ、変に隠そう隠そうとするもんだから芋づる式にいろいろ出てくるのだろう。






最終更新日  2006.09.04 06:54:08
コメント(1) | コメントを書く
2006.08.31
東京の立候補が決まった。私の感想は、
○おそらく落選するであろう。2008年に北京、2012年ロンドンで開かれるのだから、その近辺から選ばれることはないであろう。

○選ばれたるためには・・既存施設の改修費用、埋立島に建設するという宿舎などの建設費用を明示し、五輪終了後のそれらの有効活用の予定を示さないといけない。

○1998長野五輪の後、長野県には膨大な借金と活用困難な設備の維持費用が発生した。その反省が田中知事の誕生を生んだ。田中知事の政策は基本的には正しかったが、長野県の建設業界は疲弊し、先日の選挙では自民党の元議員が知事に就任した。

○石原都知事は、本気で五輪を誘致したいとは思っていない、と私は想像します。
東京都の交通・都市整備などの部署の役人たちに仕事を与える必要から、計画をぶちあげたのでしょう。官界と建設業界の癒着・それに群がる政治家たちについては、元建設会社経理課長の私は、よーく存じております。彼らに提供する裏金作り・資金管理をしてたんですから。






最終更新日  2006.08.31 15:12:09
コメント(1) | コメントを書く
2006.07.31
an_idleさん より「出雲の国の利き酒 」に対して、以下のコメントが投稿されました。元の話と関連性のない投稿やトラックバックは、原則削除致しますが、今回の場合、中身のない話ではないと判断し、元のコメントを削除して別発言としてアップ致しました。
また末尾に私個人の見解も付しておきます。なお発言の真偽は私は責任持てません。というかこのブログ全体についても、どう受け止めるかは、読者の判断にゆだねられているのです。

-------以下のコメントが投稿されました-------------
「姉歯氏は、創価学会員」
今、世間を騒がせている耐震偽装犯罪の姉歯建築士も創価学会員です。そして、その尻拭いに税金を投入しようとしている北側国土交通大臣も創価学会員です。創価学会の狂信者達は、どこまで身勝手なのでしょうか?被害者の代表も創価学会員?という情報も読んだ覚えがあります。創価学会の悪行もいい加減にして欲しいですね。
an_idleさん のblog

【参考ブログ】
創価大学出身政治家・北側国土交通大臣が公金を投入したがる理由とは!?

必撮!勤め人 2005年 11月 29日 人命のデフレ(GRD)

ついでに

オーストリアが創価学会(公明党)をカルト(セクト)に指定

チリ議会が創価学会(公明党)をカルトに指定

ベルギーが、創価学会(公明党)をカルトに指定

京都 相国寺・金閣寺・銀閣寺・承天閣美術館の公式ホームページ
(2006年07月31日 04時55分16秒)
-----------------------引用 終了-----------------

私は、かつて建設会社に勤務し、現国土交通省に依頼されて、コンクリート構造物の剥離検知システムの開発をしたり、NTTグループの設備等の要補修積算データベースの開発をしたり、東京都にもし阪神大震災のような直下型地震が起きたら首都高速道路はどのようなダメージを受けるか、といった調査報告書を書いた事があります。従って、耐震偽装問題に関してはある程度知っている訳です。
しかし姉歯氏の行った、建築確認申請書の計算仮定の偽造なんて私が建設業界にいた頃にはなかった(表面化してなかった)事件で、そもそも建築確認審査が民間企業にも委託できるようになっていた事自体知りませんでした。また姉歯氏がいかなる宗教を信じていようと、建築士としてまともな仕事をしていれば問題はなく、創価学会に対して批難する理由とはなり得ません。

ちなみに私の家は真言宗に帰依しており、私個人は法相宗(本山は清水寺と薬師寺)を信仰しております。が、親の法事等は真言宗で行っております。先祖の意思を尊重するべきと考えておるからです。

毎日新聞社やシャープ亀山では同僚の中に学会の方がおられました。が、あくまでも仕事上の付き合いでありました。学会の信者も大多数の方は、社会的常識のある方である、思っております。私の家の近くに日蓮正宗の寺があります。その信者の方は、大石寺の法主と池田名誉会長が仲が悪くなって、学会を続ける方や寺の檀家であり続ける方に割れているようです。

an_idleさんならびに学会員の方からのコメントをお待ちしております。






最終更新日  2007.03.03 22:57:36
コメント(5) | コメントを書く
2006.07.04
関西新空港の埋め立て島建設および羽田空港の拡張埋め立て工事については大きな問題がありました。それはサンド・ドレイン工法と呼ばれる建設方法です。埋め立てようとする海底にヘドロが堆積しています。大都市の沖合いを埋め立てて空港建設をする場合、どこでもヘドロの問題がある訳です。シンガポールのチャンギ空港の場合、まずヘドロを掬い取り、水深4000メートル位ある所へ投棄します。しかる後に土を入れて埋め立てました。埋め立て島自体の地盤の強度を保つには、これが「定石」と言えましょう。

ところが、サンド・ドレイン工法というのは、ヘドロの中に2メートル間隔に直径25センチ位のパイプを埋め込んで、そのパイプに砂を詰め込みまして、ヘドロの上から土を入れて埋めてゆくのです。土の重力でヘドロに含まれていた水がパイプを通して排水されて、地盤が固まる、という工法です。

しかし、この工法には致命的な欠陥があります。巨大地震が来たらオシマイなのです。建設業界の人間ならマズイっちゅう事はわかっていました。関西新空港の埋め立て島建設に従事した不動建設(新日鉄の関連会社)のT君(神戸大将棋部OB)は、「サンド・ドレイン工法はヤバイっす」と工事中から言っていました。

じゃ何故、こんなヤバイ工法が採用されたのか。それは建設省の役人が環境庁の役人に頭を下げて「ヘドロを海洋投棄させて下さい」と言わなかった、もしくは環境庁の役人が許可しなかった為なのです。役人の縄張り意識と頭を下げる事を嫌う癖が、このような愚挙を犯したのでした。

関西新空港の総建設費用はなんと1兆3千億円。滑走路は一本半しかありません。チャンギ空港の総建設費用は6千億円。滑走路は5本あり、シンガポールの中心部から高速道路で30分です。日本でも中部国際空港(セントレア)はチャンギ空港と同じ工法で建設されています。セントレアは、トヨタから出向してきた経営陣によって運営されています。関西新空港は運輸省と建設省の天下り経営陣によって運営されています。






最終更新日  2007.03.03 23:03:23
コメント(1) | コメントを書く
hide-wさんのVoice of Stone で滋賀県知事選挙で、新幹線の新駅建設に反対した新人が
当選した件に関連し、ムダな交通施設を作ってしまった例を私が挙げてレスを書きました。
それの話の流れの中で、神戸空港の話も出ました。これの歴史的経緯を書いてみようと
思います。そもそも関西新空港が泉佐野市沖に建設されたのは、紆余曲折を経た結果で
あります。京都・大阪・神戸の3都市と伊丹空港とのアクセスを考えた場合、
最も適切な位置は神戸部から西宮市の辺りに埋め立て島を建設する、という案のが最も
現実的であった、と思われます。
昭和45年に万博が終了した直後から、次のプロジェクトは新空港だという話になっていました。
伊丹空港が手狭になってきたし、騒音公害訴訟も起きて新空港が必要だという世論が
高まってきたのでした。昭和48年に神戸市議会は、神戸に新空港建設反対を決議しました。
後に宮崎市長は、「わが在任中の最大の失敗だった」と述べました。宮崎さんは、本当は
神戸に空港を作りたかった。しかし宮崎市長は初当選した選挙では、社会党・公明党・
共産党・民社党および神戸市職員労組の支持を受けて、自民党が擁立した候補に勝って
当選したのです。その直後だっただけに自分の与党に逆らえなかったのでした。
私は昭和57,8年に毎日新聞神戸支局で編集事務員をしていました。
当時は、泉州沖に新空港なんぞ作るより阪神間に建設すべきだぁ・・あの建設反対は撤回
し、空港建設を誘致すべきか否か・・という議論がありまして、毎日新聞でも連載記事
を作っていたのでした。

結果論ですが、神戸沖に作らなくて良かったのです。もし新空港を阪神間に作っていたら
震災の時に六甲アイランドのように、埋め立て島の地盤そのものが液状化して、
莫大な補修が必要となった事でしょう。
関西新空港の建設については、別の大きな問題がありました。それは埋め立て島自体の
建設方法です。






最終更新日  2006.07.05 04:11:17
コメント(1) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全10件 (10件中 1-10件目)

1

PR

X

© Rakuten Group, Inc.