748054 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ほげほげと歩く 関東の歴史跡 ~散歩後の備忘録~

PR

プロフィール


えびねっこ

カレンダー

日記/記事の投稿

カテゴリ

カテゴリ未分類

(2)

気になんべ~! (雑談)

(61)

博物館・郷土資料館

(33)

勝山城(栃木県さくら市)

(21)

飛山城 (栃木県宇都宮市)

(28)

日光山内(栃木県日光市)

(16)

宇都宮城と二荒山神社(栃木県 宇都宮市)

(19)

黒羽城(栃木県 大田原市)

(11)

上三川城(栃木県 河内郡 上三川町)

(25)

唐沢山 (栃木県佐野市)

(15)

壬生城址公園(栃木県 壬生町)

(22)

小山城(祇園城) (栃木県 小山市)

(19)

鷲城 (栃木県小山市)

(15)

佐野城(栃木県 佐野市)

(16)

鹿沼城(栃木県 鹿沼市)

(13)

芳賀城(栃木県 真岡市)

(19)

太平山城(栃木県 栃木市)

(33)

大中寺(栃木県 栃木市)

(5)

鑁阿寺・足利学校 (栃木県 足利市)

(18)

樺崎寺跡 (栃木県 足利市)

(12)

茂木城 (栃木県 茂木町)

(16)

皆川城(栃木県 栃木市 皆川城内町)

(26)

古河総合公園と古河城(茨城県 古河市)

(37)

織姫神社周辺 (栃木県 足利市)

(13)

関宿城周辺(千葉県 野田市)

(12)

天平の丘公園周辺(栃木県下野市・小山市)

(42)

逆井城(茨城県坂東市)

(29)

結城城(茨城県結城市)

(11)

佐久山城(栃木県 大田原市)

(18)

笠間城(茨城県笠間市)

(24)

児山城 (栃木県 下野市)

(11)

大田原城(栃木県 大田原市)

(35)

寺野東遺跡(栃木県 小山市)

(13)

真壁城(茨城県桜川市真壁町)

(23)

上毛野はにわの里 周辺(群馬県高崎市)

(14)

菅谷城 埼玉県比企郡嵐山町

(25)

さきたま古墳公園 (埼玉県行田市)

(39)

山根城と芦原城(栃木県 市貝町)

(23)

小田城と筑波周辺(茨城県つくば市)

(42)

うつのみや遺跡の広場(栃木県宇都宮市)

(10)

(1)

亀岡八幡宮・小宅古墳群(栃木県 益子町)

(25)

三王山古墳群周辺(下野市)

(9)

お気に入りブログ

さっちゃんが亡くな… さっちゃん211029さん

平井城(上野国) たけB777さん

戦国ジジイ・りりの… りりじいさん

コメント新着

えびねっこ@ Re[1]:【小田城】小田氏治展、やってたよ(10/25) たけB777さんへ  まだ使いはじめたばか…
たけB777@ Re:【小田城】小田氏治展、やってたよ(10/25) 私も同じカメラを使っていて、使い勝手も…
shimanuki@ 貴ブログを拝読させていただいてのお願い 初めてご連絡させて頂きました。 私、株式…
KONASUKE@ Re:【栃木県立博物館】 法然上人絵伝巻四二(10/01) お久しぶりです。 その展示、観たかった…

バックナンバー

2020.05
2020.04
2020.03
2020.02
2020.01

サイド自由欄

 
PVアクセスランキング にほんブログ村



ランキング参加中。ぽちっと、お願いします。

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
にほんブログ村






楽天カード

2014.02.28
XML



「下り道と虎口」





 携帯は、どうにもならないみたいなんで、あきらめて。

『本丸跡』から撤退することにした。



 らくがき地図でいうと、矢印のあるとこ。

らくがき地図笠間城本丸3

『本丸』の東に、下さくだる道があんだ。



 これは携帯が、おかしくなる前に撮った写真。


笠間城本丸虎口1

 絵地図によると、ここにも門があったんだって。

 ちぃっと字さ小さくて、なんていう名の門かわかんないんだけど、

 実在してたことは確かみたいだな。



 ふうむ。そうすっとここが、表口かな。

『虎口』って呼んでいいんかな?






笠間城本丸虎口2

 上から覗いたとこ。

 左右の崖は深い。


 公園用に整備されちゃってて、道は舗装されてるし、

 崖崩れ防止の石垣も出来ちまって、

 ちょっと雰囲気ちがうけど。



 道の曲がり具合が、『つの字』みたい。

 坂の角度は、登ってきた時のハイキングコースに比べりゃ、なだらかだけど。

 自然と小走りになっちまう。



 そして、写真さないんだけんど。

『本丸』の反対側の崖にゃ『曲輪』があったらしい。


 今は木しか、め~ないけんど。

 どっかから、あがれんのかな?


 斜面になってっから、『本丸』より低めにめ~るけど、

 道に出っ張ったような崖は、見張り場所に最適だど。


 なんつったって、こっちからカーブの先がめ~ないもんな。


 ってことは、下から攻め込んで来た敵も、

 崖のこっち側、『本丸入口付近』がめ~ないってこと。




 登り坂と左右の崖に気~とられてるうちに、

 崖の上から見張っていた伏兵と示し合わせて。


 笠間側の兵は有利に持ち込める、と。



 
 そったらことさ考えながら、『つの字の坂』を駈け下りる。


 振り返って・・・びっくり!


『本丸』の崖が、高け~! 

 思わず立ち止まって、見惚れちゃったよ。

 写真さないのが残念だな。



 鉄壁の壁、って感じ?

 高さははっきり覚えてないんだけんど。

 見上げるぐらいあったから・・・3メートル以上? かな?


 周りの鬱蒼とした雰囲気も相まって、

 背筋がぞくぞく~、ってしてきちゃった。


 こりゃ~、敵さんきたら、怖気づくど。



 この壁も、道も、計算して、こったら風にしたのかな。

 は~。すげ~。

 よくもまあ。こったもん、考えついたなぁ。

 



 


 
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


最後まで読んでもらって、うれしい~ど~♪ あんがと~。


ランキング参加中! ぽちっと 押しとこれ~!



にほんブログ村



にほんブログ村


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::









最終更新日  2014.02.28 23:44:20
コメント(0) | コメントを書く
[笠間城(茨城県笠間市)] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.