728343 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ほげほげと歩く 関東の歴史跡 ~散歩後の備忘録~

PR

プロフィール


えびねっこ

カレンダー

日記/記事の投稿

カテゴリ

カテゴリ未分類

(2)

気になんべ~! (雑談)

(61)

博物館・郷土資料館

(33)

勝山城(栃木県さくら市)

(21)

飛山城 (栃木県宇都宮市)

(28)

日光山内(栃木県日光市)

(16)

宇都宮城と二荒山神社(栃木県 宇都宮市)

(19)

黒羽城(栃木県 大田原市)

(11)

上三川城(栃木県 河内郡 上三川町)

(25)

唐沢山 (栃木県佐野市)

(15)

壬生城址公園(栃木県 壬生町)

(22)

小山城(祇園城) (栃木県 小山市)

(19)

鷲城 (栃木県小山市)

(15)

佐野城(栃木県 佐野市)

(16)

鹿沼城(栃木県 鹿沼市)

(13)

芳賀城(栃木県 真岡市)

(19)

太平山城(栃木県 栃木市)

(33)

大中寺(栃木県 栃木市)

(5)

鑁阿寺・足利学校 (栃木県 足利市)

(18)

樺崎寺跡 (栃木県 足利市)

(12)

茂木城 (栃木県 茂木町)

(16)

皆川城(栃木県 栃木市 皆川城内町)

(26)

古河総合公園と古河城(茨城県 古河市)

(37)

織姫神社周辺 (栃木県 足利市)

(13)

関宿城周辺(千葉県 野田市)

(12)

天平の丘公園周辺(栃木県下野市・小山市)

(42)

逆井城(茨城県坂東市)

(29)

結城城(茨城県結城市)

(11)

佐久山城(栃木県 大田原市)

(18)

笠間城(茨城県笠間市)

(24)

児山城 (栃木県 下野市)

(11)

大田原城(栃木県 大田原市)

(35)

寺野東遺跡(栃木県 小山市)

(13)

真壁城(茨城県桜川市真壁町)

(23)

上毛野はにわの里 周辺(群馬県高崎市)

(14)

菅谷城 埼玉県比企郡嵐山町

(25)

さきたま古墳公園 (埼玉県行田市)

(39)

山根城と芦原城(栃木県 市貝町)

(23)

小田城と筑波周辺(茨城県つくば市)

(42)

うつのみや遺跡の広場(栃木県宇都宮市)

(10)

(1)

亀岡八幡宮・小宅古墳群(栃木県 益子町)

(25)

三王山古墳群周辺(下野市)

(9)

お気に入りブログ

戦国ジジイ・りりの… りりじいさん
さっちゃんのお気楽… さっちゃん211029さん
パクス・ジャポニカ… たけB777さん

コメント新着

えびねっこ@ Re[1]:【小田城】小田氏治展、やってたよ(10/25) たけB777さんへ  まだ使いはじめたばか…
たけB777@ Re:【小田城】小田氏治展、やってたよ(10/25) 私も同じカメラを使っていて、使い勝手も…
shimanuki@ 貴ブログを拝読させていただいてのお願い 初めてご連絡させて頂きました。 私、株式…
KONASUKE@ Re:【栃木県立博物館】 法然上人絵伝巻四二(10/01) お久しぶりです。 その展示、観たかった…

バックナンバー

2020.03
2020.02
2020.01
2019.12
2019.11

サイド自由欄

 
PVアクセスランキング にほんブログ村



ランキング参加中。ぽちっと、お願いします。

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
にほんブログ村






楽天カード

2015.12.25
XML

「行田市の古墳と石田堤」





『さきたま古墳群』にゃ、

『忍城の水攻め』の跡が残ってんだって。


 その名も『石田堤』。

『忍城』の周に水をためるために、築かれた堤のことだど。


 どこにあるか、っつうと。

 ここ。

丸墓山古墳と石田堤跡

『丸墓山古墳』の登り口の前んとこ。

 妙な傾斜のついてる土手っこみたいな道が、

『石田堤』の跡らしいど。


 横からみっと、道の横にも傾斜がついててな。

 変な坂だな~、とは、思ったんだよな~。


 だども、もう。古墳で頭さ一杯でな。

 写真さ撮りはぐっちゃったんだ。



 ええと。『石田堤』の大きさなんだけど。

『丸墓山古墳』の前んとこに残ってる部分は、

 約50メートルぐらい、あんだって。


 他にも行田市堤根に、282メートル。

 鴻巣市袋に、300メートルほど、

 残ってるらしいど。


 じゃあ、全体の長さは、どんだけあったんだ?


 大正2年(1913)。

 清水雪翁(しみず せつおう)っつう郷土史家がいてな。

『石田堤』の想定図を描いたんだと。


 それによると、『忍城』の東側から南西にかけて

 14キロほど、あったらしいど。

 行田市はすっぽり、堤の中さ入っちゃってんね。

 凄いな~。


 だども実際に築いた堤は、4キロぐらいだった

 って話もあるらしいど。


 っつうのもな。
 
 周囲にゃ『元荒川』などの河川があったんでな。

 河川の自然堤防を上手く利用して、つなげていったんじゃないか、

 って言われてんだって。



 もうひとつ。堤についちゃ、噂があんだ。


 堤さ作るにゃ、大量の土がいる。

 んじゃ、その土は、どっから持ってきたんだべ?

 気になるよね~。

 近くにでっかい山が、あったんかな?



 あったんだね~。ちょうどいい土山がw

 それは『古墳』。


 前にもちょこっと、書いたかもしんないけんど。

 行田市の周辺にゃ、

 200~300基の『古墳』があった、って言われてる。


 ほとんどは、近代になって湿地を埋めたり、

 宅地になった時に、削平されちゃったんだけど。


 その一部は『石田三成』が堤さ築くときに、

 使われたんじゃないか、って説が、あるらしいど。

 
 当時はまだ、『古墳(王の墓)』って意識はなかったんだべな。

 大小の小山が、あちこちに点在してる、って感じだべか。

 だったら、利用しない手は、ないよね。


 ありそうな話だな~。
 


 そういえば。行田市の南のほうに、

『石田堤』の跡を利用した、公園があるってきいたど。

 あ、これが堤根に残ってる堤跡のことだね。

 なんでも、堤の断面が見れるんだって。


 もしかしたら、埴輪の欠片とか、混じってないかな?


 そしたら、『石田三成』が、『古墳』さ使ったって、

 証拠になるんだけんどねw。



 おもしろそうだな。

 行きたい場所リストに、メモっとこっと。








《参考》


  埼玉県立 さきたま史跡の博物館 見学のしおり


  ガイドブック さきたま (将軍山古墳展示館で購入)


  行田市郷土博物館 常備展示解説図録


 【太田書店】稲荷山古墳と埼玉古墳群 / 斎藤忠 大塚初重【中古】【中古本】【古本 古書】【10…



***********************************************************************


最後まで読んでもらって、うれしい~ど~♪ あんがと~。


ランキング参加中! ぽちっと 押しとこれ~!



にほんブログ村
 

************************************************************************









最終更新日  2015.12.25 22:37:43
コメント(2) | コメントを書く
[さきたま古墳公園 (埼玉県行田市)] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.