718267 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ほげほげと歩く 関東の歴史跡 ~散歩後の備忘録~

PR

全9件 (9件中 1-9件目)

1

三王山古墳群周辺(下野市)

2018.08.11
XML
「星宮神社の古墳」




 さっそく、古墳さてみんべ。

 だども、どこにあんのかな?

 やっぱし神社の奥に、あんのかな?


『星宮神社』の裏さ、覗いてみる。

 と、右のほうに傾斜した地面がめ~るど。

 あそこかな?




 神社の裏にしちゃ、不自然な坂だね。

 上に祠? みたいなものもあるど。

 古墳、と言われれば、古墳かな?


 だども、もっとよく、古墳だ! 

 って確証できる場所ないかな~。

 ちょっと、不満。



 で、神社の前をうろちょろしたあげく、

 左側にまわりこんでみた。


 木が茂ってて、ちと怖い。

 人が入らないのか、足元の地面も

 ふわふわしてて、歩きにくい。


 それに、坂になっててな。

 下へ、もぐり込んでいく感じがするど。


 用心しながら、そろそろ進む。





 お! 傾斜だ!

 それも、かなり高いど。

 3メートルは、軽くあんね。


 よくみると、段々も残ってる。

 2段になってるのは、間違いなさそうだど。


『星宮神社』は、下の段差に合わせて、

 建てられてんのかな?



 ネットで調べてみたら、

 ここは『下野市星宮神社古墳』って

 呼ばれてるらしい。


『円墳』でな。

 基壇の大きさは 約49.2メートル。

 2段目は、約23メートル、あんだって。


 お、大きさに結構、差があんな。

 もしかしてここも『下野式』?

 テラスが広くなってんだべか。


 周湟からの高さは

 約7メートルあるそうな。


 こりゃ、でかいや!



 お! 奥にめ~るのは、土盛?



 もしかして、周提の跡かな?

 すると手前の窪んでるとこが、周湟、なんだべか?


 そったら目でみてみると、

 きれいに古墳にあわせて、カーブしてるようにめ~るよ。


 ここ、想像してたより、でっかい! そして、すごい!

『三王山公園』にあった古墳より、すごいかも?


 すくなくとも、周湟は、見物だよ。

 見にきてよかったな~。





 帰りは参道ではなくて、畑道をてくてく。

 道端の草花を眺めながら、戻ってきたよ。


 春はいいね。ツクシもめっけたよ。


 
 振り返ると




 参道の桜並木が見渡せた。

 まっちろな桜が一直線、きれいだべ~。



 ということで、桜の時期にあわせて、

 古墳さみに行くのも、おすすめだど。




『三王山公園』さ行ったらぜひ。

 ここにも立ち寄ってみとこれね。


 ちょっと穴場の古墳だよ。



 今回の『三王山古墳群』散歩は、ここでおしまい。

 だども『三王山古墳群』はまだ、

 南のほうにも古墳があるらしいかんね。


 また散策に行かなくちゃ。


 今回も、楽しかったな~。



 
《こんなのめっけた》








 古墳とは関係ないけんど、

 面白い本読んだんで紹介すんど。


 古生代のいきものが、現代にいたら?

 実際は、どんくらいの大きさだったの?

 ってやつが、きれいなイラスト(と写真?)で

 わかりやすく紹介されてんど。


 だども、恐竜は載ってない。

 古生物っつってもな。

 2億年ぐらい前のカンブリアとかエディアカラ時代に

 生きてた生物が、中心なんだ。


 三葉虫とかカンブロパキコーペなんて、

 かわいいやつもいっけどな。

 シダズーンやオットイアとか、

 ちと、逃げ腰になっちゃう生き物もいる。


 ウミサソリ類は、かっこいいな~。

 もちろん、アノマロカリスも載ってるど。


 どんな生き物なんだ? 


 って思った人はぜひ、読んでみとこれね。 





/./././././././././././././././././././././././././././././

 最後まで読んでくれて、あんがと~♪


 ぽちっと、押しとこれね。



にほんブログ村


/././././././././././././././././././././././././././././






最終更新日  2018.08.11 00:17:54
コメント(0) | コメントを書く


2018.07.31
「星宮神社の狛犬さま」






『星宮神社』は、こったらとこ。

 由緒ある神社なんだな。





 んで、ここが本殿。

 桜に囲まれて、ほのぼの~。

 って雰囲気だよ。

 背後に傾斜がめ~るよ。

 古墳かな?



 だども、その前に。

 神社の神様に、ごあいさつしないとな。

 
 御賽銭いれて。

 なむなむ。



 そして『狛犬さま』にも、ごあいさつ。






 左側。『阿の狛犬さま』。

 お口の中が、丸見えだ~。

 あ、下の歯、尖がってるw。

 鬣がつんつんしてんね~。
 
 




 後ろから見ると、

 上のほうは、くるっと丸まってるな。

 だども、つんっと尖がってる鬣もあるど。


 ぴんっと伸びた尾っぽも、

 力強いな。






 右側。『吽の狛犬さま』。

 への字に結んだ口元が、逞しい。

 頼りになんな~。





 力瘤? 前足に丸い盛り上がりがあるど。

 爪も鋭いね。


 こんなんで捕まれたら、悪霊も降参しちゃうね。



 おや? 足元になんかいるど。

 悪霊け?





 
 あ、違う。『子狛犬さま』だ。

 正面に、お口とお鼻がめ~る。


 大きな手で隠れちまって、お顔が確認できないけんど、

 これは『子狛犬さま』に間違いないな。

 めめっこいな~♪


 
 ほほう。

『星宮神社』は3体の『狛犬さま』に守られてんだね。


 こんだけいれば、安心だ~。

 ご苦労さまです。






《こんなのめっけた》


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

日本全国獅子・狛犬ものがたり [ 上杉千郷 ]
価格:1944円(税込、送料無料) (2018/7/31時点)





 日本だけでなく世界まで。

 狛犬と獅子の歴史が書かれてる本だど。

 
 狛犬と獅子の違いは? 

 狛犬に雄雌はあるの?

 東の狛犬 西の狛犬、などなど。


 あ! 古墳の中にも獅子がいた?

 獅子噛式獣面環頭(ししがみしき じゅうめんかんとう)

 の太刀だって。

 獅子が迫力ある顔で、

 輪っかに噛みついてる姿をしてんだって。

 写真も載ってるど。


 他にもたくさんの狛犬さまが、載ってるど。

 狛犬さまが好きなかたにおすすめ、だど。





/./././././././././././././././././././././././././././././

 最後まで読んでくれて、あんがと~♪


 ぽちっと、押しとこれね。



にほんブログ村


/././././././././././././././././././././././././././././






最終更新日  2018.07.31 23:47:29
コメント(0) | コメントを書く
2018.07.25
「星宮神社の古墳」




 今度は西のほう、『星宮神社』へ行ってみる。

 道路を渡って進んで、民家を過ぎると

 石の鳥居と参道がめ~るよ。
 




 参道の奥は桜並木になってんだな。

 きれい~。

(注・写真は3月31日のものだど)


 



『星宮神社の入口』

 こっからだと、暗くて、ちっとおっかない雰囲気。

 長い参道だな。







 真ん中辺まで行くと、桜が咲いてたよ。




 わ~い! 桜のトンネル♪



 桜の他は、杉の木みたいだな。




 だどもよくみると、地面に段々があるよ。





 さらにず~っと奥。

 神社の近くまで、この段差は続いてる。


 どうやら『星宮神社』は、低い段丘の端っこに

 あるようだよ。

 昔はここにも、川があったのかな~?


 西のほうにゃ『田川』があんだけどな。

 地図でみると、低い崖は『田川』まで続いてる。

 そして今は、『田川』から『星宮神社』の下へ向かって、

 細い水の流れがあるようだよ。


 おお。川の跡だった可能性が出て来たな。


 そしたっくれ『三王山古墳群』の周りは、

 今よりもっと、川の近くにあったことに、なっちゃうな。

 景色もがらっと、変わっちゃうど。

 面白いな~。




 さて。古墳のほうは、ど~なってっかな?

『星宮神社』は、もうすこし。

 どきどき。






《こんなのめっけた》


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

地形で読み解く古代史 [ 関裕二 ]
価格:1319円(税込、送料無料) (2018/7/24時点)





 読んだことないんだけどな。

 どうやら地形や地理をみていくと、

 古代の謎が解けてくる、って内容らしいど。


 目次をみると、

「奈良盆地は天然の要害」とか「地形から邪馬台国を見つめ直す」

 お、「群馬に巨大前方後円墳が密集していた理由」ってのもあんど。



 読んでみようかな。




 
 



/./././././././././././././././././././././././././././././

 最後まで読んでくれて、あんがと~♪


 ぽちっと、押しとこれね。



にほんブログ村


/././././././././././././././././././././././././././././






最終更新日  2018.07.25 00:06:46
コメント(0) | コメントを書く
2018.07.16
「愛宕神社の古墳」





『山王山ふれあい公園』の古墳は3基だけ。

 だどもまだ近くに2基、古墳があるど。


 歩いていける距離だから、ちと行ってみんべ。


 まずは後円を出て、南のほうへ。

 車道に沿って歩いていく。


 すると、民家の奥、西の方向に

 きれいな桜並木がめ~たよ。




 この時は3月の終わりごろだったんでな。

 桜の時期だったんだ。



 桜を見ながら進んでいくと、

『県道 下野二宮線』に出るど。


 そこで、振り返ると東の畑ん中に神社があんだ。



『愛宕神社』だど。

 奥の森んなかに、神社があんだどもな。

 その土台が、古墳なんだって。





 道路沿いの鳥居から、中に入る。

 小さい神社みたいだな。

 駐車場はないど。





 参道を進むと、お地蔵さま。




 高台の上にあるのが『愛宕神社』

 木が邪魔でちょっと全体が見えにくいけんど

 手入れが行き届いた、いい神社だど。


 土台の部分は、どうなってるかっつうと、

 大きな塚、みたいだな。


『愛宕神社古墳(三王山31号墳)』は

 35メートルの『円墳』でな。

 高さは2.5メートルあんだって。

 葺石があったらしいど。





 神社の隙間から下を覗いてみると、

 段々っぽいとこ、めっけ!

 よ~くみると、周湟っぽくめ~る凹みも・・・。

 古墳に間違いなさそうだな。


 他にも周辺に、

 9基の円墳があったそうなんだどもな。

 今は畑になっちまって、なくなっちまったんだと。


 見てみたかったね。





《こんなのめっけた》


「下毛野一族の興亡

 福田三男  文星芸術大学出版 」



 楽天さんじゃ、取扱いがないみたいだけんどな。

 栃木県の古墳時代を築いた、下毛野一族の話だど。


 まだ全部、読み終わってないんだどもな。

 下野国の古墳時代を知りたい人は、

 読んで損はないな。


 琵琶塚古墳や摩利支天古墳の話もあるど。

 お隣の群馬県にある保渡田古墳群や

 埼玉県のさきたま古墳群との関係は?


 気になったらぜひ、読んでみとこれね~。






/./././././././././././././././././././././././././././././

 最後まで読んでくれて、あんがと~♪


 ぽちっと、押しとこれね。



にほんブログ村


/././././././././././././././././././././././././././././






最終更新日  2018.07.16 23:28:38
コメント(0) | コメントを書く
2018.07.07
「40号墳」



 次の『40号墳』へいく前に、

 ちょっと東のほうさ、見てみる。




 古墳群の横は、崖になってたど。

 崖の下は平らな田畑が広がってるんだな。


 そして、赤い矢印んとこ。

 写真じゃわかりにくいけんど、

 白い橋があんだよ。

『江川』だな。


 写真の左側から右に向かって

 流れてる川があんだよ。


『三王山古墳群』も、川の近くにあるんだね。

 実際にみると、なんだか感激しちゃうな~♪


 は~。こったら景色、好きだな~。

 こでらんね~♪

 


 さて、古墳もみにいくべ。


『40号墳』は『39号墳』のすぐ北にあると。




『40号墳』は『円墳』なんだって。




 あ、ほんとだ。

 きれいな『円墳』だね。

 
 真ん中あたりで分かれてるようにめ~るよ。

 下の部分は、なだらかに広がってる感じ。

 その上にちょこんと土盛が乗っかってるように

 思えるな~。


 上の部分がちょっと小さめ?

 それとも、下の部分が大きいのかな?


 ここも『下野式』で、テラスが広いんだべか。

 だから、上の部分がちっこくめ~るのかな?





『40号墳』の天辺には、祠があったど。

 昔から大事にされてたんだね。




 反対側にまわってみる。

 古墳の横が少し、凹んでる・・・かな?

 周湟かな?
 

 うろちょろ、探してみたんだどもな。

 はっきりした周湟は、めっかんなかったよ。


 専門家がみたら、わかんのかな~。


 だども、『40号古墳』もいい状態で残ってるよね。

 いいもん見れた~。





 《こんなのめっけた》
 

 
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

素敵な石ころの見つけ方 (中公新書ラクレ) [ 渡辺一夫 ]
価格:972円(税込、送料無料) (2018/7/6時点)





「石ころ探し人」の著者が書いた、石ころの本。

 川原でめっかる石ころについて、

 みっちり解説されてんだ。


 きつね石や眼球状片麻岩、蛇紋岩や桜石などなど、

 不思議な石ころが沢山紹介されてっと。



 だども専門的な話も多くてな。

 ちと難しかったよ。



 後半じゃ、どんな川へ行くと

 おもしろい石に出会えるか、紹介されてるど。


 石っこ好きな人は、読んでみとこれね。



(そういや古墳の葺石や石室にゃ、川原の石を使うことも

 あんだよね。

 この本に載ってるような変わった石も、使われてたんかなぁ)




/./././././././././././././././././././././././././././././

 最後まで読んでくれて、あんがと~♪


 ぽちっと、押しとこれね。



にほんブログ村


/././././././././././././././././././././././././././././






最終更新日  2018.07.07 00:02:44
コメント(0) | コメントを書く
2018.06.29
「39号墳(三王山古墳)」





『38号墳(帆立貝式前方後円墳)』の北側にあるのは、

『39号墳』。

『三王山古墳』とも呼ばれる『前方後円墳』なんだと。





 案内板によると、50基以上あった古墳のなかで、

 一番大きい前方後円墳なんだって。




 後円部分。南側を向いてるど。

 


 真ん中あたり。

 あんましくびれてないんだな。

 それとも埋もれてるだけ?




 前方部分。ちと小さい?

 全長は85メートル、墳丘は2段になってるそうだど。



 葺石や埴輪はめっかってないらしいけどな。

 周溝と周提が残ってるんだって。


 ほ~。探してみんべ♪



 北側。後円部分を回り込むと、





 ちっちやい、と思ったら違った。

 よくみると、下の平らな部分も古墳だよ。


 そか。ここも『下野式』なんだ。

『琵琶塚古墳(小山市)』のように、

 テラスの部分が広くなってんだね。






 すると足元の窪みが・・・『周溝』だ!

 隣の土手みたいなとこが『周提』だ!


 あんまし目立たないかんな。

 自然ののでこぼこと、間違いそうだな。

 あやうく見逃すとこだったど。


 やった! いいもんめっけた。

 うれしいなw







《こんなのめっけた》


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

前方後円墳国家 (中公文庫) [ 広瀬和雄 ]
価格:1036円(税込、送料無料) (2018/6/29時点)





 表紙の古墳は、保渡田古墳群(群馬県)かな?

 テーマは、古墳時代の国家だって。

 貿易とか産業とか、地方都市・・・

 なんだか難しそうな内容だな。


 だども、面白そう。

 チェックしとこっと。




/./././././././././././././././././././././././././././././

 最後まで読んでくれて、あんがと~♪


 ぽちっと、押しとこれね。



にほんブログ村


/././././././././././././././././././././././././././././






最終更新日  2018.06.29 23:53:02
コメント(0) | コメントを書く
2018.06.21
「38号墳」





 園内に設置されたランニングコースをたどって、

 林の奥へ向かう。




 お。古墳がめ~てきた。


 さらに進むと、前方後円墳が。



 いい状態で残ってるようだね。


 もひとつの古墳はどこかな?



 あ、道よりも少し、奥まったとこにあった。



『三王山古墳群の38号墳』だど。



『帆立貝形前方後円墳』なんだって。

 普通の前方後円墳より、前方が短い古墳だな。

 帆立貝の殻みたいな形、してんだよ。


 
 とすると、前方はどこかな?

 ちっと崩れてわかりにくいけんど。




 こっちがわ?

 古墳の南側で、フェンスの近くが

 前方っぽいかな。





 北のほうさみてみると、

 地面がま~るく、円を描いてるようにめ~たよ。




 お! これはもしかして『堀』だべか。

 横には『堤』みたいな土手もある。


 公園化のために掘ったものじゃないよね?






 あらためて『墳丘』さ観察すると、

 二段になってるのが、わかる。

 
 上の全体写真のほうが、わかりやすいべか。
 


 下の部分は上より傾斜が緩やかだね。

 それに、大きさも広い。


 これって『下野式』なのかな?


 
『下野式』といえば、

 こないだみた『琵琶塚古墳』を思い出すな~。


 テラスの部分が、広くなってるタイプの古墳だね。



『三王山古墳群』って、『琵琶塚古墳(飯塚古墳群)』と

 なんか繋がり、あんだべか?


 
 不思議だな。んで、面白いな。

 こういうの、好きだど。






《こんなのめっけた》


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【鮮魚】国産帆立貝〈ホタテガイ〉L【殻付】5枚、1.75Kg前後
価格:3240円(税込、送料別) (2018/6/21時点)





 帆立貝はこんな形。

 帆立貝形前方後円墳って、

 こんな形さしてんだよ。 




/./././././././././././././././././././././././././././././

 最後まで読んでくれて、あんがと~♪


 ぽちっと、押しとこれね。



にほんブログ村


/././././././././././././././././././././././././././././






最終更新日  2018.06.21 23:03:46
コメント(0) | コメントを書く
2018.06.11
「古墳山?」




 案内版、めっけた。

『三王山ふれあい公園』は、こったらとこだよ。






 お。でっかい古墳がある。




 正面にゃ階段もある。



 登ってみんべ。




 さて、この山。

 ちょっと目古墳にめ~るけど、

 古墳じゃないんだって。


 んじゃ、なんなんだ?

 もとからあった山なのか。

 わざわざこしゃったのか。


 ん~? わがんねっ。



 だども、頂上からの景色は、抜群だど。

 周りに大きな建物がなんもないから、

 遠~くまで、め~るよ。





 西のほうにゃ、道路を挟んで『ふれあい館』





 北のほうに伸びる林んとこが、

 キャンプスペースとドックランのあるとこだよ。


 いい眺め。

 公園の施設が全部、見渡せるな~。

 古墳はめ~るかな?



 東さみると、木が茂った場所がある。

 よ~く目をこらしてみると、

 古墳がめ~た!




 写真じゃわかりにくいけど、

 この辺に、3基の古墳があるんだよ。


 特に真ん中のやつ。

 前方後円墳の形がはっきりわかる。

 おお~。ドキドキしてきた~。



 だども古墳は、これだけじゃないんだよ。

 南のほうさ、みてみんべ。






『三王山ふれあい公園』へ入ってくる道路沿いに、

 小さな森がある。


 ここは『愛宕神社』があってな。

 土台の部分が古墳なんだって。

 

 さらにそっから、少し西に目を向けるとこの辺に



『八坂神社』と『星宮神社』があるんだ。


 白くめーるのは、神社に続く参道でな。

 ちょうど桜が満開の時期だったんで、遠くからも目立ってたよ。


 ここの神社も土台が古墳、なんだって。


 古墳がみっちり、だねw。




 そして、今回は行かなかったんだどもな。

 ここからまっつぐ南に進んだ場所に、

『三王山南塚古墳・1号墳と2号墳』があるらしい。


 
 この辺が、『三王山古墳群』って呼ばれる範囲なんだべな。

 

 お? この小山からだど、ほとんどの古墳がめ~るど。

 古墳の位置を確認するにゃ、ちょうどいいね。


 じゃまっけな山、こしゃったな~。

 なんて、思っちゃって

 ごめんね~。


 ここは、古墳好きにゃ、最高の場所でした。

 
 古墳好きのかたはぜひ、上さ登って

 位置さ観察してみとこれね~。






《こんなのめっけた》






 古墳を食べちゃう?



/./././././././././././././././././././././././././././././

 最後まで読んでくれて、あんがと~♪


 ぽちっと、押しとこれね。



にほんブログ村


/././././././././././././././././././././././././././././






最終更新日  2018.06.11 22:43:56
コメント(0) | コメントを書く
2018.06.02
「三王山ふれあい公園」





 ちょっと前の話。

 3月に『三王山ふれあい公園』、行ってきた。





 場所は 栃木県下野市山王山。


 東側に『鬼怒川』と『江川』。

 西側に『田川』

 と、川に挟まれた高台の上にあるど。


『道の駅しもつけ』の前を通る310号線を

 まっつぐ東へ進と、『田川』を渡って少し先に

 ぐっと突き出したような高台がめ~てくる。


 そこが『三王山』って地域らしい。

 
 公園の入口には、





 こったら案内版がある。

 角には紫色の目立つ建物もあるど。

 どうやら美容院らしい。


 そこで北へ曲がれば、

『三王山ふれあい公園』まで、

 まっつぐ、だど。




 この辺は、古墳が点在しててな。

 古墳を活かした公園として、整備されてたんだどもな。

 3月に完成したんだ。


 道を挟んで西側が『ふれあい館』。

 温水プールやレストラン。

 露天風呂や宴会場があるんだと。


 東側は、キャンプ場(予約制)とドックラン。

 芝のきれいな広場とランニングコースなど、

 遊んだり、運動したりできるんだ。


 そのキャンプ場の東端に、

 自然林を残した散歩コースがあんだどもな。


 ここに、『三王山古墳群』があるんだ。


 公園になる前は、雑木林の奥に埋もれててな。

 観察しづらい場所だったんだけど、

 整備されて駐車場も出来てな。

 気楽に行けるようになったんだよ。



 さて、どんなふうに整備されたのかな?

 見にいってみんべ。







 《こんなのめっけた》







 キャンプの本があるんだね。


 どんな道具が必要なのか、

 使い方は?


 基礎を抑えておけば、怪我も事故も防げるね。

 のんびりキャンプを楽しもう。


 って本なのかな?





/./././././././././././././././././././././././././././././

 最後まで読んでくれて、あんがと~♪


 ぽちっと、押しとこれね。



にほんブログ村


/././././././././././././././././././././././././././././






最終更新日  2018.06.02 23:16:05
コメント(0) | コメントを書く

全9件 (9件中 1-9件目)

1


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.