2011.12.12

山城だかんな。

「三の丸跡」

 やっと到着! 『三の丸跡』だど。

 丸型ではなくって、山の形に添った細長い形の広場になってた。

 昔は、賓客をもてなすための建物があったって、いわれてる場所なんだと。


三の丸広場

 だども、今の広場は、なんにもない。


 と、思ったら、奥の方に石碑みたいなものがたってた。

『人形供養塔』って書いてある。

 唐沢山の神社でおこなわれる人形供養の碑らしいど。



三の丸の崖

 あとは崖だけだな。

 この崖の上のは、二の丸跡が、あるはずなんだ。


 この辺りには、石垣はないみたいだべ。

 下の方にちょこっとある石垣は、土砂崩れを止めるために、こさえられたもんだべな。

 今まで見て来た石垣跡とは違って、近代っぽい造りだかんな。


 反対側は全部崖。

 ちょこっと覗き込んでみたけんど、危ないから、すぐに戻ってきちゃった。



 期待が、はずれっちまったべ。

 階段とこが、いい感じだったんで、余計にがっくしきちまった。

 だってよ。普通の広場、って感じだもんな。

 お城跡には、見えないもん。


 とぼとぼと歩いて、崖に沿って建てられた休憩所で、一休みした。

 そしたらな。景色が綺麗だったよ。

三の丸からの景色

 紅葉の間から、ちらちらと、街並みが見える。

 方向からすると、佐野市かな~。


 えへへ。機嫌さ、一気に良くなっちまったっぺ。

 

 ほけ~っと見とれてたらな。

 下の方から、人の話し声が聞こえて来た。


 崖の下が、神社に向かう、参道になっててな。

 ちょうど、山頂に向かう人たちが、通ったとこだったんだ。

 だども、崖が急で、おまけに木の陰になってて、人の姿は見えなかったな。


 代わりに、猫っこが一匹、やって来た。

 猫っこは、急な崖などものともせずに、縁んとこを、ゆうゆうと歩き去った。


 こっちは、柵に捕まって、やっとこ下さ、覗いたってのにな~。

 猫っこってぇやつは、勇敢な生き物だべな。




 (栃木弁:注) こさえる=作る・造る

         猫っこ=猫 



ランキング参加中! ぽちっと 押しとこれ~!
にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
にほんブログ村







TWITTER

最終更新日  2011.12.13 11:39:40
コメント(0) | コメントを書く
[唐沢山 (栃木県佐野市)] カテゴリの最新記事