2014.02.03

【笠間城】 宍ヶ崎櫓跡の石垣




「宍ヶ崎櫓の石垣」




 山道をどんどん登っていたら、道がさらに坂道に。

 どうやら、小山を越えるらしい。


 最初に比べれば、ど~ってことねっけど。

 もう、バテバテ。くたびれたど~。



 いやいや、ここで、気い抜いたら、事故の元。

 こったら時ほど、気を引き締めていかなくちゃ。



 足元さ確認しながら、一歩ずつ。

 焦らずに・・・あれ? 今なんかあったど?


 わ!、石垣だ~!


 慌てて道さ戻る。

 と、立派な石垣が。

宍ヶ崎櫓2


 さらに、戻ってみると、

宍ヶ崎櫓1

 小山だと思ってた、土の盛上り。

 これって、『虎口』だよね!


 それも、『石垣』つき。

 

 うわっ! 危うく見逃すとこだった。

 こったらいいもん、みなくてど~すんだ。



 
 改めて、下から観察してみっと。

 道がくねってる。『クランチ』ってやつかな?

 城の入口によく使われる曲がり道だね。

 
 敵が入り憎いように、わざと道さ曲げとくんだよ。

 この辺、『枡口』になってたのかな?


『石垣』は、平たい石を積み重ねたもの。

『野面積』かな。古い時代の積かたなんだって。

 

 素人の目でも、はっきりわかる。

 『笠間城』の遺構だど!


 おお~! どきどきしてきた。

 
 ・・・ふう。ちょっと、休憩。落ち着こ。





『笠間城』は、承久元年(1219)ごろ、

『笠間時朝』か築城した城って、いわれてんだ。


 だども現在残ってる部分は、

 江戸時代になってから整備された部分が殆どでな。

 時朝の時代の痕跡は、残ってないって話だど。


 すると、この『石垣』も、江戸時代のこしゃったものなんかな?


『戦国時代の石垣』だって、期待してたから、ちょっと残念。


 でも、これはこれで、古い時経過さ感じられてな。

 いい雰囲気さ出してるど。



 じっくり観賞に浸る価値あり! だっぺ。








::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


 最後まで読んでもらって、うれしい~ど~♪ あんがと~。


ランキング参加中! ぽちっと 押しとこれ~!



にほんブログ村



にほんブログ村


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::








TWITTER

最終更新日  2014.02.04 00:41:39
コメント(0) | コメントを書く
[笠間城(茨城県笠間市)] カテゴリの最新記事