000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

パーマカルチャー研究所のブログ

PR

プロフィール


パーマカルチャー研究所

カレンダー

サイド自由欄

QLOOKアクセス解析

お気に入りブログ

まだ登録されていません

コメント新着

パーマカルチャー研究所@ Re[1]:テレビのニュースを見ると不安に(03/16) こここざるさん、 こちらのブログにも遊び…
こここざる@ Re:テレビのニュースを見ると不安に(03/16) 本当ですね。 昔は上野の桜が咲きました …
ひろこ@ Re:タイ75〜フランスの物価は高いようです(02/15) お世話になりました。ブログの写真に、あ…
パーマカルチャー研究所@ Re[1]:タイ65〜ヘチマスポンジ(02/05) ヒロシさん、どうもです。 そうなんですね…

フリーページ

2015.10.29
XML
カテゴリ:薪ストーブ
フィールドの土地に関する打合せは、仲介してくれたNさんの関係で、いつも薪ストーブ展示場で行っていた。
Nさんとは、以前小屋作りワークショップでお世話になった大工のCさんの紹介で知り合った。
Nさんは、じっくりと話を聞いてくれて、理解してくれる感じの方。
今回の土地探しでも、自分の要望を的確に理解してそれに合う土地を探してくれた。

そんなNさんとの打合せの後、暖房の話になった。
そこで薪ストーブ展示場にある薪ストーブを見ながら、やっぱり薪ストーブを使いたいという話をしつつ、展示場の担当者と三者で話をした。
薪ストーブ展示場の方は、展示されているストーブの説明をしてくれた。
それは、どんな家にも合い、メンテナンスをあまりしなくてもよく、施工も業者がやる、完璧な商品だった。
当然それは相当な値段になってしまって手が出せない。
自分は完璧な商品でなくてもいいから、自分で直しながら、煙突掃除もしながら、素人が自分のためにテキトーに使える安いものを探していたので、「うーん。」と思いながらその説明を聞いていた。

するとNさんがすかさず、
「Mさん(おれのこと)が探しているのは、こういうものではないですよね。
 Mさんは、自分で建てる小屋に自分で設置したいというご希望なので、完璧な施工とか入らないので、そういったものはないの?」
と、ひと月前に話したおれの構想を覚えていてくれただけではなく、おれよりもうまく的確に一言で説明してくれた。

しかもそれを聞いた薪ストーブ担当の方は、
「あー、そういうのであればこちらに・・・」
と、一つの薪調理器を見せてくれた。
特徴は以下の通り。
・以前レストランで使われていた薪調理器(薪オーブン)
・中国製
・煙がけっこうすごくて、冬の間は問題なかったが、春になって窓を開ける季節になると苦情が殺到して買い替えることにした
・買い替えで、その薪ストーブ屋さんから飼うときに、薪ストーブ屋さんがその薪調理器を5000円で下取りした
・下取りしたものの、中古だし万人向けではないため簡単には売れず、倉庫に眠っていた
・下取り価格そのままの、5000円でいいですよ、とのこと。

まさに私のほしいものですと、即決した。
フィールドの契約が無事終了したので、このたびその暖房代わりの薪調理器をフィールドに運んだ。
運搬に当たっては、いつもお世話になっているいとこのD君にお手伝いをお願いした。
重量が50キロぐらいあるので、一人ではかなり厳しいので。

これが本体。
下で火を起こす。
紙を燃やして試し焼きをしているところ。
KIMG0651.JPG

上の扉を開けると、オーブンになっている。
KIMG0654.JPG

おー!
ピザやらパンやら焼き芋やら焼いて、焼き物パーティができる!
焼き物パーティを開催したら、集まってくれる人いるかな!
妻も気に入ってくれたため、その開催が楽しみ。
これをきっかけに、フィールドのこと、パーマカルチャー研究所のことを知ってもらえるきっかけになるかもしれない!
夢が広がりまくる、薪調理器、大満足の買い物でした。
フィールドのメインキャストの一人になってくれそうです。






最終更新日  2018.06.06 17:38:07
コメント(0) | コメントを書く
[薪ストーブ] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.