264657 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

パーマカルチャー研究所のブログ

PR

プロフィール


パーマカルチャー研究所

カレンダー

サイド自由欄

QLOOKアクセス解析

お気に入りブログ

まだ登録されていません

コメント新着

パーマカルチャー研究所@ Re[1]:テレビのニュースを見ると不安に(03/16) こここざるさん、 こちらのブログにも遊び…
こここざる@ Re:テレビのニュースを見ると不安に(03/16) 本当ですね。 昔は上野の桜が咲きました …
ひろこ@ Re:タイ75〜フランスの物価は高いようです(02/15) お世話になりました。ブログの写真に、あ…
パーマカルチャー研究所@ Re[1]:タイ65〜ヘチマスポンジ(02/05) ヒロシさん、どうもです。 そうなんですね…

フリーページ

2016.08.08
XML
カテゴリ:井戸
8/6(土)のことです。
この日は岩見沢へ行く日でした。
最近井戸掘りが調子いいので、また出発前に井戸を掘ろうと思いました。
掘る前に測定。

515センチ。
底から井戸掘り器の上部までが515センチということ。
井戸掘り器上部と地面は約20センチあるので、差し引きして井戸の深さは495センチというところ。
ほぼ5メートル。


これは画像では見えにくいですが、メジャーが濡れたところと濡れていないところの境目を表しています。
つまり、水深が約230センチであることを示しています。
水はやや金属くさい(多分、このことを「カナケがある」という、金気って書くのかな。)。

8メートルを目標にやってきたが、ここにきてそろそろ井戸掘り終了を考え始めている。
というのも、自分が参考にいている井戸掘りの本、「自分で出来る打ち抜き井戸の掘り方」に、次のような記述があるためである。
「掘り終える水量は馳走によって異なりますが、目安を説明しておきます。
5m以上掘り、~(中略)~水深が2m以上あった場合、水量がほぼ満足な状態になったと考えられます。」

カナケがあるものの、数値はほぼクリアしている。
どうしようかと思いつつ、調子がいいので掘り進める。
そろそろ出かける時間だが、調子がいいのでもう一回、もう一回と、調子に乗って掘り進んでしまう。
と、井戸掘り器を井戸枠の中に入れているその時、手が滑って井戸掘り器を落下させてしまった。
普段は問題ないはずが、井戸掘り器の柄がこの時はかなりしなっていた。
その瞬間、「ボキッ」と折れてしまった。
折れた柄は井戸枠の外にあって問題なかったが、折れた先は当然、そのまま井戸の中へ。

あーっ

ということで次回は、井戸掘り器を拾わなきゃ。
いや、井戸掘り器を拾う道具を作らなきゃ。
いや、井戸掘り器を拾う道具を作るための作戦を練らなきゃ。
大変だー。

やっぱり調子に乗った作業というのは、失敗のもとだな。
いかなるときも冷静にいかないと。
いい勉強になりました。
またしても試練だなー。
がんばります。






最終更新日  2016.08.08 20:47:39
コメント(0) | コメントを書く
[井戸] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.