184923 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

パーマカルチャー研究所のブログ

PR

プロフィール


パーマカルチャー研究所

カレンダー

サイド自由欄

QLOOKアクセス解析

お気に入りブログ

まだ登録されていません

コメント新着

パーマカルチャー研究所@ Re[1]:テレビのニュースを見ると不安に(03/16) こここざるさん、 こちらのブログにも遊び…
こここざる@ Re:テレビのニュースを見ると不安に(03/16) 本当ですね。 昔は上野の桜が咲きました …
ひろこ@ Re:タイ75〜フランスの物価は高いようです(02/15) お世話になりました。ブログの写真に、あ…
パーマカルチャー研究所@ Re[1]:タイ65〜ヘチマスポンジ(02/05) ヒロシさん、どうもです。 そうなんですね…

フリーページ

2016.08.12
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
8/9のことです。
先月研究所に遊びに来てくれたHさん。
発酵器をお見せしたところ、作り方を教えてほしいとのご依頼をいただきました。
またそれとは別に、なんとこのブログを見てMさんという方から、発酵器づくりを教えてほしいというご依頼がありました。
ちょうどHさんに教える予定だったので、Hさん、Mさんと一緒に発酵器づくりをすることになりました。

一番難しい部分は、温度によって熱源(保温トレイ)のスイッチを入り切りするサーモスタットへの配線。
ねじで締め付けて固定するのですが、ここが緩んで外れると感電や火災の危険があります。
ということで、お二人とも真剣。


発酵器の仕組みは、保温性のある入れ物(今回はクーラーボックス)に熱源となる保温トレイをいれる。


発酵させるものが保温トレイに直接触れないように、その上にすのこを敷く。


今回使ったサーモスタットは、前回のものよりもさらに安くて、0.1度単位で温度を表示してくれるもの。

クーラーボックスの右下にあるのが、そのサーモスタットです。
Hさんの発酵器、無事完成しました。

そしてMさんのも完成。


というわけで、モノ自体は完成しました。
あとは実際に使っていただいてみて、どうでしょうか。
特に心配なのは、温度がどこまで上昇するか。
甘酒の発酵には60度が必要とのこと。
我が家ではなんとか60度まで到達しましたが、箱の気密性や外気温などの条件によっては、60度まで到達しないことも考えられます。
また、センサとなる温度計をどのあたりに配置するかなどでも変わってきそうです。

Hさん、Mさん、使ってみたら感想教えてください。
色々改良していきましょー。






最終更新日  2016.08.12 20:22:01
コメント(1) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.