282227 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

パーマカルチャー研究所のブログ

PR

プロフィール


パーマカルチャー研究所

カレンダー

サイド自由欄

QLOOKアクセス解析

お気に入りブログ

まだ登録されていません

コメント新着

パーマカルチャー研究所@ Re[1]:テレビのニュースを見ると不安に(03/16) こここざるさん、 こちらのブログにも遊び…
こここざる@ Re:テレビのニュースを見ると不安に(03/16) 本当ですね。 昔は上野の桜が咲きました …
ひろこ@ Re:タイ75〜フランスの物価は高いようです(02/15) お世話になりました。ブログの写真に、あ…
パーマカルチャー研究所@ Re[1]:タイ65〜ヘチマスポンジ(02/05) ヒロシさん、どうもです。 そうなんですね…

フリーページ

全283件 (283件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 29 >

タイ

2018.03.04
XML
カテゴリ:タイ
昨日は夜行便で、バンコクから韓国へ。

機内食はビビンバでしたー。
さすがコリアンエアー、コリアンなだけあってウマい。

韓国のインチョン空港、最近新設されたと思われる、第二ターミナル。
ものすごいデカくてきれいでした。


5時間ほど待ち時間があって札幌行きの便に。


札幌とうちゃくー。


そして夕飯は外で食べることに。


つい、日本円をバーツに換算してしまう。
タイでは1食30バーツで済むこともあったのに、
バーツ換算すると200バーツを超えるものも。
値段にビビッてなかなか注文できない(笑)

そしてとうとう帰宅。
大家さんが車の面倒を見ていてくれたようで、
車の掘り出しはたったの1時間ほどで終了。

3か月ぶりのお風呂はサイコーだった。
そして今日は寝袋ではなく、柔らかい布団とマイ枕で寝れる。
どんなに雨や雪が降ろうと、雨漏りの心配がない。
水も出なくなることはほとんどないだろう。

日本はいいことばかりだ。
だけどこのいいこと、ずっと住んでると当たり前になって感謝できなくなっちゃう。
上に挙げた当たり前と思えることに感謝できるようになって、
ただ日本で生きていられるだけで幸せを感じられるようになる。
タイのジャングルライフのおかげ。


明日から本格的に始まる札幌ライフもまた、楽しみです。

そんなわけで今シーズンのタイシリーズは終了です。
明日からは、通常の遊暮働学モード(?)のブログになりまーす。






最終更新日  2018.03.04 19:55:41
コメント(0) | コメントを書く
2018.03.03
カテゴリ:タイ
今日はいよいよ、札幌行きの便に乗ります。


夜行便なので、今はホテルで涼んでます。

さてさて、サハイナンで印象に残っているお話を一つ。
サハイナンではいろんな国の人たちと、いろんなお話ができます。
で、学校の話なんですが、ドイツやオランダでは、
子どもが不登校だと親が罰せられるそうです。
罰金って言ってたかな。

はっきりとはわからないけど、話を聞いてると、どうもヨーロッパはそういう国が多そう。
で、日本の話になって、
「罰金はないのか?うらやましいなぁ。」とのこと。

日本では、子どもが不登校で悩む親も多いから、そんな視点はなかった。
子どもが不登校だと学校から色々と言われてしまって大変というイメージがあったけど、
この話を聞いてからは、

子どもが不登校でも罰せられないなんて、なんていい国なんだろう。

そんな風にイメージが変わってしまった。
いろんな国があるんだなぁ。


いろんな国と言えば、日本ほど人気のある国はそうそうないのではないかと思う。

どこから来たの?
日本だよ。
というと次に言われることが多いのが、
「わぁ、日本なんだ。日本行ってみたいんだよなぁ」

かなりの人がそう言ってくれる。

アニメの影響が大きいよう。
日本語ってきれいだよねと言ってくれる人も多い。
なぜかほとんどの人が、
「コンニチハ。アリガトゴゼマス」
と言える。
多分、母音と子音がはっきりしているから、
世界の中でもかなり聞き取りやすい言語なのでは?とも思う。


国内にいるといろんな問題が見えてきちゃうけど、
やっぱり世界から見た日本は、まだまだすごい国のようです。
うれしいな。

学校の話が出たので、村の学校に日本語の授業をしに行った時の写真を。

妻、得意のパネルシアター、を使った授業。


その後給食用に、天ぷらを作った時の写真。

料理好きの生徒が自ら手伝ってくれました。

そしていただきまーす。
手作りの学校で備品が充実していないので、卓球台の上で給食を食べます。


ではでは、明日は札幌に到着の予定でーす。
楽しみ。






最終更新日  2018.03.04 07:59:35
コメント(0) | コメントを書く
2018.03.02
カテゴリ:タイ
昨日宿泊した、ウィアンプーミンというホテル。
ここは朝食バイキングがいい感じで、子どもたちからリクエストがあったので、ここに泊まりました。
というわけで今朝はバイキング朝食。
rblog-20180302165612-00.jpg
子どもたちが大喜び。
rblog-20180302165612-01.jpg

で、ぼくも調子に乗ってコーヒーを2杯。
rblog-20180302165612-02.jpg
タイで色んなところで見かけるインスタントコーヒーなんだけど、見えるかな?3in1って書いてあるの。
rblog-20180302165612-03.jpg
コーヒー、ミルク、砂糖が一緒になって入ってるって意味。
砂糖入ってるから、けっこう甘いです。

で、サハイナンにいるときは、これを見つけても2杯飲むことはありませんでした。
理由は、

蚊に刺されるから。

砂糖を取ると、直後から効果てきめんに蚊に刺されやすくなります。
だから砂糖はなるべく控えてました。
でも昨日から、蚊の心配がなくなったのをいいことに2杯飲み。

でもこれって、冷静に考えれば飲み過ぎ(砂糖取りすぎ)だろうなと思います。

自然の中にいると、ある意味、蚊が砂糖の取り過ぎを教えてくれるから、取りすぎないように自ら調整する。
だけどシティライフでは、その心配がないから意識しないと気にせず砂糖取りすぎになっちゃいそうだな。

そんなことを考えた、シティライフ2日目の朝でした。


今日はバンコクに宿泊、明日の便で札幌に向かいまーす。






最終更新日  2018.03.02 18:56:20
コメント(0) | コメントを書く
2018.03.01
カテゴリ:タイ
いよいよ今日、札幌へ向けて出発です。
また新しい暮らしが始まるので、けっこう楽しみ。
4日かけてゆっくり移動するのも、旅行みたいでそれも楽しみ。
サハイナンにはまた来るつもりなので、それほどさびしい感じはなく。

朝食を食べずにサハイナンを出発、マーケットで朝食を買ってその辺で食べながらバスを待ちます。
そしたら、知らないおじさんが、うちの子どもたちに袋を渡しました。
「ん?」と思って中身を見ると、

まわりにココナッツがついた餅のようなおやつ。
ここの人はほんとにやさしいなぁ。

って、日本でこのブログ見たら、「少しは警戒しろよ!」て思うかな。

なんかね、全然そういう雰囲気じゃないんですよねぇ。
町全体が。

ただただかわいがってるだけ、知らない子であっても。
そんな感じなんですよ。


で、無事バスに乗れましたー。


空港のあるナーンに到着です。
今日の移動はこれだけ。

大人だけだったら多分2日あれば移動できるけど、子連れなので超余裕もってます。
一日一移動が原則、みたいな。

サハイナンとナーンは90キロぐらいしか離れてないのだけど、ナーンはかなり熱い。
多分、都会でコンクリートが多すぎて、ヒートアイランド的になってるんじゃないかと。

という言い訳をして、

ココナッツアイス!

などなど、屋台食を楽しみました。



そうそう、お別れと言えば、お別れのあいさつのお話。
日本人はせいぜい握手ぐらいじゃないかと思うけど、西洋の人はけっこうハグをする。
男女あまり関係なく。
女の子からハグをされると、やっぱりちょっとドキドキしますね。
男の子からハグをされても、違う意味でやっぱりドキドキしますね(笑)。

で、サハイナンではいろんな人が日々新しく来ては去っていくので、ハグをいっぱい経験するんですよ。

そしたらさすがにけっこう慣れてくるんですよ。

で、女の子でも、当たり前のようにぼくにもハグしてくるんですよ。
さすがにそれも慣れてくるわけなんですよ。
で慣れすぎて、西洋の女の子は別れ際はハグするもんだという考えがインストールされちゃうんですよ。
で、ある時、うっかりぼくの方からハグしてしまったことがあって、、、

イヤそうでした(T_T)

そんな失敗もあったりなかったり。
いや、あったんだけどT_T

まあそんな失敗をしながら、いろんな文化を学んでいくということで。






最終更新日  2018.03.01 21:54:01
コメント(0) | コメントを書く
2018.02.28
カテゴリ:タイ
今日はサハイナン最終日。
去年の最終日はなんと、山火事が起きました。
今年はそれほどではないけど、最後、色々と楽しいことありました。

まずはラジパー。
遂にサンドットさんに登場してもらいました。
英語ですが、日本人にとってはかなりわかりやすい英語。
で、さすが色々と深いい話をしてくれました。

こちらからお聴きください


そして、昨日からなんと、日本人夫妻がサハイナンに来ています。
というわけで、恒例の(?)、これまたラジパーインタビュー。
rblog-20180301113201-00.jpg
若くて素敵なご夫妻です。
ご夫妻っていうか、若いカップルみたいでいい感じ。
こちらはもちろん、日本語での収録です。
特に1番最後の方のお二人からのメッセージ、心に残りました。

こちらからお聴きください

(お二人へ。Facebookアカウント、見つけられなかったので、こちらからぼくに連絡もらえますかー?)

そしてサンドットさんがずっと作り続けていた、水の力で動く脱穀機。
rblog-20180301113201-01.jpg

ししおどしみたいな動き。
ちなみにこの水は普段使っている、森から来ている水。
今はまだその水は地面に落ちているけど、この後はさらにこの水を回収してサハイナンの水道で使えるようにする予定。
サンドットさんすげー。

すごすぎて、今日3本目となるラジパーを収録してしまいました。
こちらは動画でーす。
脱穀機の動く様子を撮りました。

こちらからご覧ください。

ちなみにその脱穀機の、米を入れる部分はこちら。
rblog-20180301113201-02.jpg
製作中です。
丸太の上で火を燃やすと、ゆっくり穴があいていくとのことです。
数日間燃やすと、臼のような形になるようです。


そして去年離れる時にうちの周りに植えたココナッツほか、4本の木たち。
rblog-20180301113201-03.jpg
毛細管現象による自動水やり器に水をたっぷり入れて、しばしの別れです。

そして3日ほど前に突然サンドットさんがくれた車用の明るいライト。
最終日の今日、やっと配線を作ることができました。
rblog-20180301113201-04.jpg
なんと、写真を撮れるレベルの明るさ。

今夜は明るい中で、ハミガキができました。


というわけで去年の山火事とは違って、平和な最終日でした。
明日は札幌に向けて少しずつ移動しまーす。






最終更新日  2018.03.01 15:23:25
コメント(0) | コメントを書く
2018.02.27
カテゴリ:タイ
今日は息子の学校最終日。
2週間ちょっと息子を受け入れてくれたお礼として、妻とぼくも学校に行って日本語授業(ほとんど子どもと遊ぶだけだけど)を。
妻、得意のパネルシアター。
を使った福笑い。
rblog-20180301113144-00.jpg
盛り上がった。
あと日本の四季のお話。
rblog-20180301113144-01.jpg

その後、みんなでサンドイッチづくり。
rblog-20180301113144-02.jpg
ここでは、黒板とかでちゃんと日本語を教えるより、こんな感じで一緒に何かをやる中で、
「それとって」とか、
「たまご」とか、
日本語を使いながら自然に覚えていくスタイルが、この子たちには良さそう。

ちゃんと授業をやろうとしてしまうオレよりも、妻のやり方はここの子たちになじみやすそう。
新しい教え方を、妻から学びました。

料理が得意な子どもたち、焼いたら美味しいんじゃない?
と、オーブンを持って来る子がいたり。
rblog-20180301113144-03.jpg

そしておいしくお昼をいただきました。
多分彼ら、
「おいしい」
「ありがとうございます」
「おはよう」
とかは覚えたんじゃないかな。

単語の数は少なくても、一緒に過ごす中で覚えた言葉はきっと忘れにくいんじゃないかな。


ちょっと話はそれるけど、日本のすごさを感じたこと。
rblog-20180301113144-04.jpg
このオーブン、説明がタイ語じゃなくて英語ですよね。
(POWERとかTIMERとか)
タイって、こういうことがよくあるんだけど、
日本ではこういうことってほぼないと思う。

日常生活に必要なものは、全て日本語で事足りる。
そんなこと当たり前だと思ってたけど、オランダとかの小さい国では、日常的にいろんな言語が飛び交っているとも聞く。

そういう国の人たちは、英語が上手だったりする傾向にある気がする。
逆に日本人は(ていうかうちらは)、英語なんてただの学校の一教科とかいう意識が強かったから、英語がなかなかうまくならないのかな。

オーブンを見て、そんなことを思ったのでした。






最終更新日  2018.03.01 14:37:10
コメント(0) | コメントを書く
2018.02.26
カテゴリ:タイ
今日はなんと、朝から
rblog-20180301113133-00.jpg
マンゴースティッキーラーイス!

これは、サンドットさん得意のパーティメニュー。
パーティと言っても、朝に出るんだけど。

2年前は週に一度ぐらい作ってくれてたんだけど、最近は忙しくてほとんど作れずにいた。

これは、もち米を砂糖で甘く炊いて、周りに置いたマンゴーと一緒に食べるおやつのようなもの。
作るのけっこう時間がかかるので、サンドットさん、四時から起きて作ってくれたとのこと。
ありがたい。

いつもはこんな感じなんだけど今日はさらにスペシャル。
なんと、もち米の上にドリアン!

ドリアンは、今まで一回だけ食べたことがあって、くさいイメージがあったけど実際に食べると激ウマ!
ずーっと食べたいと思ってたドリアン、ここで出会えるとは!
やっぱりマジ旨でした。

今日も朝から水トラブル。
これからさらに本格的に乾季になるらしく、そもそもの水源の水が少ない。
その上にパイプに空気が入って水圧が弱くなったり、水道管の接続部が外れて水漏れしたり。

やっぱり全てにとっていいことというのはないんだなと思う。
雨はパッと考えると嫌だけど、水源の水が一気に増えて水を得やすくなるし、畑に水撒きしなくて済むし。


現地の子どもを見つけました。
rblog-20180301113133-01.jpg
火がつきましたー。
rblog-20180301113133-02.jpg
ウソです、現地の子じゃありません。
うちの子です。
昨日自分で作った基地で、今日も遊んでました。






最終更新日  2018.03.01 14:27:28
コメント(0) | コメントを書く
2018.02.25
カテゴリ:タイ
今朝、何やら作り始めた息子。
rblog-20180226103236-00.jpg
細い竹ではあるけれど、ちゃんと穴を掘って柱としてその竹を立て、その上に梁を渡した。
それを2組作って、上にバナナの葉っぱを乗せて。
rblog-20180226103236-01.jpg
すげー、屋根になってる。
自分も小さい頃、基地を作って遊んだけど、屋根は全く作れなかったなぁ。
先日、村の中学生が3人で遊んでいて、このような基地を作るところを見ていたようで、それを思い出しながら作ったとのこと。
お気に入りの空間になったようで、火まで起こしてた。
rblog-20180226103236-02.jpg

息子は中学生を見て作った。
中学生は、親や村の人の作り方を見たり手伝ったりで家の作り方を覚えたのだろう。
こんな感じで、この村の人たちは自分たちで家を作れるようになっていくのだろう。
家もそうだし、畑もそうだし、暮らしのあらゆる部分を作っていけるようになるのだろう。

いい高校、いい大学、いい会社に入って、そのお金を使って暮らすシティライフとは全く異なるライフスタイルだな。
まさに遊暮働学。

ぼくたちも、暮らす力をつけて地に足のついた日々を送りたい。






最終更新日  2018.03.01 14:19:28
コメント(0) | コメントを書く
2018.02.24
カテゴリ:タイ
子育ては自分育ち、みたいな言葉、どっかで聞いたことありますが、今日はそんな言葉を思い出しました。

最近うちの子どもたちの兄妹喧嘩が激しく。
なんでこの子たちは。
こんなにしてあげてるのに、何が満たされないんだろうと、妻と話してました。

でも今日妻と話したこと。
問題はきっとうちら(親)だ。
最近子どもの話をちゃんと聞かずに途中で打ち切ってたり、
出かけ先で喧嘩が始まれば、ぼくから一方的に、もう帰ろうと言ってみたり。

何となく、こんなに普段いっしょに過ごしてあげてるんだから、それだけで十分だろうという思い上がりがあったんじゃないかと。
自分は子どもとどう関わったら良いのかということを考えることを、放棄していた。
そして、この子たちはどうして喧嘩ばかりなのかと、原因を子どもに求めて、自分たちはちゃんとやってるのに、的なことを考えていた。

この子はどうして成長がないのかと考える前に、自分が親として成長しようという気持ちが全くなかったなと。

依存的暮らしでは原因を他人に求め、自立的暮らしでは原因を自分に求めます。
ということを言いながら、今回の場合は完全に依存的暮らしになってたじゃないかと、反省した1日だったのでした。

そうは言いつつ、やはりみんなで一緒に、自立的暮らしを目指しましょうという方向には変わりありませんので、今後ともよろしくお願いします。



今日の写真でーす。
妻が我が家キッチンで、お昼休みにケーキを作りました。
rblog-20180226103222-00.jpg

ラジパー収録しました。
自立的な子育て・学びなど。
こちらからお聴きください






最終更新日  2018.02.26 15:17:32
コメント(0) | コメントを書く
2018.02.23
カテゴリ:タイ
ここ、タイのサハイナンでやっているのは、作る暮らしです。
今朝は1ヶ月ぶりの雨で目が覚めました。
雨といえば?

はい、雨漏りですね(笑)

ここ最近、乾季で雨が降らないから油断してました。
うちの家、二箇所雨漏りしてるんです。
誰だ、こんな雨漏りする家作ったのー?

おれだー(笑)

ということで、作る暮らしとしては、ちゃんと自分で何とかしないといけません。

残り日数少ないから何しようかなぁと思っていたけど、雨漏り直さなきゃいけないの忘れてた。

ということで、気づかせてくれた雨に感謝しつつ、道具を調達に。

rblog-20180226103212-00.jpg

料理用のじょうご(一つ40円弱)と、サハイナンで使って余った水道パイプです。
雨漏り、直すのはとても難しいので、じょうごで受けて家の外に流す作戦を思いつきました。
rblog-20180226103212-01.jpg
発想は簡単なんだけど、狙った位置にじょうごを針金で固定するのがけっこう難しい。

で、こんな感じに。
rblog-20180226103212-02.jpg

せっかく作ったけど、うまく機能するか試すには、次の雨が降ってくれないとわからない。
まあとにかく、今日もDIY力アップした気がします。

以前もブログに書いたけど、
お金を払って直すと、短期的には楽だけど長期的にはお金がないと生きていけない不安が増してしまって楽ではない。
だけど自分で直すと(友達にお願いしてもいいんだけど)、短期的には大変だけど長期的にはお金がなくても生きていける安心感が増すので楽ができる。

それはある意味、長期的な資産形成をしているとも言えるかも。
DIY、がんばりましょう。

と締めたいところだけど、
「私は不器用だから…」
という声が聞こえてきそう。
だけどぼくは、例えば料理作るのもDIYだと思ってます。
料理がDIYっていうとさすがに否定されそうだけど、料理は暮らしを作ってることになると思ってます。
新たに何かをやるのもいいけれど、今やっていることで暮らしを作ってると表現できるようなこと、それを探して、意識的にそれをやるといいんじゃないかと思うのです。


ラジパー収録しました。
テーマは、節約生活から選択生活へ。
こちらからお聴きください






最終更新日  2018.02.26 13:06:22
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全283件 (283件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 29 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.