2963606 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

梅林庵

2020年11月24日
XML
カテゴリ:日記
Tuesday, November 24, 2020
 晴れ 明け方の外気温は8℃。穏やかな小春日和でした。
  午前4時起床。朝の内にゴミ出しを済ませました。午前は本を手に取ったりJsportsでラグビー早慶戦を観戦したり。そのラグビー、対抗戦Aグループが佳境です。残り1試合を残し全勝早稲田が首位。1敗の明治が追う展開です。最終戦は来月6日、秩父宮ラグビー場であります。勝った方が優勝です。
 余談です。試合前、画面にメンバー紹介があります。両校とも出身高校は、附属高校や花園常連の強豪校の選手がほとんどでした。その理由、早稲田はスポーツ推薦制度、慶応はAO入試に依るかと。
 余談の余談です。江川卓の時代、慶応にAO入試はありませんでした。あったら彼は慶応ボーイ、プロ球界とその後に違った足跡を残したかも。たらればの話ですが、時代の変わるとはこういうことかと。
 ここでも一つ余談を。私的なことですが、私のブログ、余談が多いです。勘弁して下さい。私、発達障害の一つ、多動性障害(ADHD)の特性を持っていて、そのせい、話題が飛ぶのです。
 以前、こんなことがありました。妻との会話中、ふと気が付いて
「ねえ、僕、話が飛ぶ?」
彼女に問いました。
「そんなこと、ずっと前から気づいていたわ。今頃何言ってるのよ」
 その彼女、大学では障害児教育を専攻しました。以来、直接・間接、その分野の仕事に係わってきました。いろいろ勉強したのでしょう、折に触れ(私の多動性障害特性が現れた時)、ADHDのことを解説してくれました。おかげで修正、立ち止まって律することを覚えました。彼女を妻にしていなければ私、自分の障害(特性)を知らずのうちに人生の後半を過ごしたのかもしれません。感謝です。

 閑話休題、午後も読み止しの本を手に取りました。が、ADHDのせいか、内容に身が入りません。昨日、親方に聞いた薪のことが気になって仕方ありませんでした。午後3時前、躊躇を振り切りました。作業着に着替えました。チェーンソーを持って波越へ向かいました。直径50cmほどの樫丸太を煎餅に玉切りました。斧で割って軽トラの荷台に。そこは周囲に民家のあるところでした。チェーンソーの音に、私と同年齢位と思しき男性が顔を見せました。彼は、親方に私の薪取りを聞いていました。本人も薪ストーブを所有しているそうで(屋外に設置とのこと)、そのことを話題、話しかけてきました。秋は釣瓶落とし、太陽のどんどん傾き、影の長くなっていくのに、作業が捗りません。参りました。写真は荷台に満車の図。
 一仕事終え、振り仰ぐと、胴回り直径1m程の樫が屹立していました。樹齢何年だろう。その向こうに朽ちかけた庵がありました。この樫が屋根を覆っていたのでしょう。地区の人たちが枝の始末、それを私が貰い受けるという構図でした。庵の陰、大木の根元近くに墓が幾つかありました。先の男性によれば、40年ほど前までこの庵に代々、和尚が住んでいたそうです。墓は頂部が丸く、擂り粉木の形になっていました。その形は僧のものと、何かの本で読んだことがあります。当時は土葬だったはずです。ということはこの樫、仏門が骨になるのを養分にして育ったと言えなくもありません。この時期、生木は水分を減らします。が、この樫にチェーンソーを入れて、なんと瑞々しいことか。樹液の垂れそうな断面でした。和尚の霊気が含まれているのかもしれません。拙宅の薪ストーブに燃やし、煙にしてあげたら供養になるかも。そんなことをつらつら思いながら、荷役をしました。



  家に戻り、軽トラを梅林下に乗り入れようか。腐ったこの輪子(丸太を地面に触れさせないよう下に敷く材)が邪魔だな。写真の○で囲んだところです。



 鳶口を打って引っ張りました。やっ!カブトムシの幼虫(木立ではこれを「饅頭虫」といいます)だ。今日は供養の樫を積んでいます。無体なことは止めよう。輪子を元に戻しました。
 余談です。この饅頭虫、直川に住む薪ストーブ愛好家Hさんによると、冷凍しておき、酒の席に半解凍、ルイベ状態でスライスして肴にするそうです。ゲッ、豚息や火を見せただけのホルモンもOKの杣夫ですが、そのルイベはいけません。



 梅林下に新たな輪子を用意するため、杉丸太を玉切りました。と、その時でした。やっちまいました。丸太の下に金属突起のあることに気づきませんでした。ジャン、チェーンソーの刃を当ててしまったのです。○のところです。



 別角度から写した写真を以下に。僅かに触れただけですが、刃の方はもういけません。研ぎ直さないと山仕事になりません。



 荷役を終え、地下足袋を脱いだのは午後5時半。暗くなってからでした。風呂でチェーンソーの木屑を流しました。今夜の当てはこれ。ヘダイの昆布締めでした。バタンキュー。



以下無用のことながら
東野金満、3タテをくらいました。いいぞいいぞ。
桜を見る会前夜祭、ほらみろ。証拠は挙がった。でも多分「私は聞いていない」となるんだろうな。
コロナ禍にあってのゴーツー云々、税金を使っての奨励、合点がいきません。しかし、声を上げようとして踏みとどまりました。私、一昨年から無収入。所得税を納めていません。荒ら家の固定資産税は払っているものの爪先の額、微々たるものですし、それに自体が地方税ですから。ということで、お前に言う資格のあるのか、そう言われたら、反論しようがありません。
今日の一句
藪庵に和尚の墓の二つ三つ
今日のラン
なし
今日の酒
芋焼酎お湯割り正味1合5勺
今日の音楽
ブラームス 交響曲第2番 カラヤン フィルハーモニア管
今日の写真は夜のお勤めが際のもう一品です。何だか居酒屋の付け出しみたい。









Last updated  2020年11月25日 07時19分58秒
コメント(0) | コメントを書く


田舎の梅林に建つ一軒家『梅林庵』
タンノイ、アルテックから流れる柔らかい音
小説と新聞の好き
定年となり、小説家の真似事をしながら暮らしています
ジョギングのあとはプシュッ
ビール、日本酒、焼酎、ワイン、スコッチ・・・
パイプレンチです
60歳になったら名曲喫茶開店が夢でしたが、飲んでしまい、スッカラカン

PR

Comments

亮おじさん@ Re:山行、レコードを楽しんだ、妻の夜なべはカボチャプリン(11/23) New! おじさんも、納戸かどこかにレコードがあ…
こよなく・・・。@ Re:山行、レコードを楽しんだ、妻の夜なべはカボチャプリン(11/23) 昨日と一昨日、札幌は雪の便りでしたが栗…
禁玉減酒@ Re:山行、レコードを楽しんだ、妻の夜なべはカボチャプリン(11/23) おはようございます。 おいらも、ジャズ…
一人親方杣夫@ Re[1]:金木犀の枝を始末、豌豆を植える(11/22) 禁玉減酒さんへ 自治体の判断で引くことが…
一人親方杣夫@ Re[1]:ドジを踏んだ、オーディオ師匠のバイク姿(11/21) スローライフmamaさんへ あっ、mamaさ…

Keyword Search

▼キーワード検索

Favorite Blog

GoTOトラベル 嫌なキ… New! スローライフmamaさん

多治見駅コンコース… New! 禁玉減酒さん

てくてく14516歩 て… New! nkucchanさん

昼ビーと寂しいラン 亮おじさんさん

あんかけスパ@こだま ヘイカケさん

♪命短し恋せよ乙女★5… ゴーゴーあっこたんさん
シミ君のブログ シミ君さん

Freepage List

Category


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.