000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ニュースきゃっち

PR

X

サイド自由欄

カレンダー

フリーページ

日記/記事の投稿

ニューストピックス

バックナンバー

2021.09
2021.08
2021.07
2021.06
2021.05
2021.04
2021.03
2021.02
2021.01
2020.12

お気に入りブログ

モノレール開業記念… New! ただのデブ0208さん

久々に New! 岡田@隊長さん

この不要な斧の柄は… New! Photo USMさん

嵐 ARASHI SPECIAL S… ライス小さん

2021くじの日 敗者… mkd5569さん

日田の夏満喫キャン… 日田温泉 亀山亭ホテルさん

カレイな毎日 papirattaさん
美穂子のグルメ日記 みー1986さん
我輩は黒猫である! C級グルメさん
マイブームとか まねさんさん
2011.04.09
XML
カテゴリ:きょうの話題

避難所となっている寺の境内に立つ桜の木。眼下には倒壊した家屋が続いている 

こんな時だから花見 
陸前高田で被災者らが計画

 津波で市街地が壊滅的な被害を受けた岩手県陸前高田市で、お花見の企画が持ち上がっている。

発起人は避難所で暮らす被災者たちだ。「復興の第一歩にしたい」。がれきが散乱する街を見下ろせる避難所で、住民たちは桜が咲く日を待ち望んでいる。

 同市気仙町の成田山にある避難所は、急勾配の六十数段の石段を上るとたどりつく。寺の境内にブルーシートを屋根代わりにして約10人の被災者が暮らす。その周りには数十本の桜が街を見守るように並んでいる。

 同市では毎年、地元の酒造会社の敷地にある約100本の桜を一般開放した「陸前高田さくらまつり」が開かれていた。だが、酒造会社は津波で流されてしまった。

 住民代表の佐藤直志さんは、被災者たちの表情や破壊された街をみていて、このままではいけない、と感じたという。

「地元の小唄にも桜が名物として語られていて、桜は重要な存在。残った成田山の桜を見ながら盛り上がって、復活への力にしよう」と考えた。

避難生活を送る菅野剛さんも「早く日常に戻したい。そのためにも、恒例の花見を開くことは意味がある」と心待ちにしている。


 お花見は、桜の開花が予想される17日に行う予定。

企画に賛同した県議やボランティア団体もインターネットやツイッターで参加を呼びかけている。当日は、郷土芸能も披露される予定で、花見企画は予想以上の盛り上がりだ。






最終更新日  2011.04.09 19:53:15
コメント(0) | コメントを書く
[きょうの話題] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.