138920 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

カケイさんちの総天然色図鑑

PR

Profile


筧ぽんきち

Calendar

Recent Posts

Freepage List

Favorite Blog

かぎろひ ふかちゃん0118さん
<A Road to Kobutor… あさっち0205さん
ひっそりと すみれちゃん♪さん
カラフルバスケット みゆゆきさん
Single Income Three… 伊藤ししゃもさん
2005.01.11
XML
そのまんま。去年から甘酒に目覚めた私。小石川後楽園に行ったとき、イオリ君も「おいしい!!」と大ファンに。
酒かすで作る方法もやった。生協やらいろんなお店で買ってみた。でも今ひとつ。やっぱり屋台とか神社とかで買う「ツブもろもろ」感のあるものがやはりうまい。
しかも甘酒ってビタミンBが豊富で疲労回復やら免疫力向上にとてもいいんだって。
もうとにかくはまり食いというか「甘酒のみた~い!」かんじが止まらない。

で、ネットで検索すると「炊飯器で5~6時間で作る」方法が多い。
今回は地元の料理上手で有名なおばあちゃんに聞いた昔ながらの方法で。

用意するもの

麹5~600グラム
もち米3合
米2合
水1合

1 もち米と米を普通に炊く。
2 その間に麹をなるべく小さく砕いて水を混ぜる
3 1が炊けたら人肌に冷ます。そして2を混ぜる。
4 よ~~~く混ぜる。
5 ラップして上からお盆とかかぶせて暖かい部屋に2~3日置く。

その間、とにかく何度もよく混ぜる。途中一度すり鉢でするとよい。

さてうまくできますでしょうか。
しかし手がかかるね。これは昔ぜいたく品だったに違いない。ところで江戸時代には甘酒は夏の飲み物だったそうで。夏ばて解消に、甘酒売りが売り歩くんだとな。

宮部みゆきの天狗風にもあったと思うな~






Last updated  2005.01.12 21:37:14
コメント(1) | コメントを書く
[家事上手への道<遠!] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.