000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

カケイさんちの総天然色図鑑

PR

Profile


筧ぽんきち

Calendar

Recent Posts

Freepage List

Favorite Blog

かぎろひ ふかちゃん0118さん
<A Road to Kobutor… あさっち0205さん
ひっそりと すみれちゃん♪さん
カラフルバスケット みゆゆきさん
Single Income Three… 伊藤ししゃもさん
2005.03.06
XML
夜中のトイレとゲロゲロでほとんど眠れなかった。
イオリの熱はなし。やっとインフル治ったみたいだ~!

とにかく胃腸が痛くてたまらない。
も、こんな時はとにかくおなかにカイロをあてて温まるのが一番!

で、ひさびさに休ませてもらった。
夕方からちょっと具合が良くなったので、本を片手に。
中国人料理家のウー・ウェンさんの東京の台所北京の台所 中国の母から学んだ知恵と暮らし

最近興味がすごくあります。調子が悪いときに何を食べて治すか?ってこと。
ただ、どういうジャンルで調べていいのかがわからない。
「薬膳」で調べると、料理にクコやらトウキやら、見慣れない材料が並ぶし。
「食養生」で調べると、玄米菜食、油脂・砂糖控えめ、肉・乳製品控えめ、身土不二、魚は丸ごと、果物はなるべく控えめ、などなど。これってマクロビオティックとか、母乳にいい食事とかと全く一緒じゃないか~!
とはいえ、「のどが痛ければハチミツ大根」だと、単なるおばあちゃんの知恵袋、だし。

ウー・ウェンさんの本は単なる料理エッセイかと思ったら、なんだか違う。
中国の生活習慣というか、暮らしの知恵満載でした。そうそう!こういう情報が欲しかったのよ!

でも情報量としては少ないよね。
こういう「健康にいい食事(中国の知恵。もしくは韓国の知恵)」みたいな情報源はどこかにないでしょうか。

ちなみにウーさんの本の中から、備忘録。

肌荒れにはまず、根菜・果物で便通を整えること。その後、豚足、とり手羽などでスープを作り、コラーゲン摂取。はと麦。

子供の体調は舌でチェック。舌が白ければ食事を控えめにさせ、オレンジジュース、根菜・野菜。さらに口臭があるときはとても胃腸が弱ってる。すると余計に食べたがるので控えさせる。

生理時には小豆粥。とにかく下半身を暖めておけば更年期知らず。

喘息の子にはあわ・きびなどの雑穀。おかゆで。

妊娠中にはきびがゆで肌のきれいな子を産む


・・・こういうネタ、もっとどこかにないかなあ。
やっぱり普通に探すと「梅干番茶」とかしか探せないんだよね・・・







Last updated  2005.03.07 23:15:38
コメント(5) | コメントを書く
[家事上手への道<遠!] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.