559631 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

建築って何だろう?

February 21, 2006
XML
カテゴリ:マイホーム
★ 上棟式(正式にはムネアゲノマツリ

凄い五色ですね~



上棟式は、建物の柱や梁が組み上がって最終的に棟木を載せる時に、工事の無

事を祈る儀式です。吉日に朝から一気に家の骨組みを建て上げて、4時頃から

式典を行います。地域によって風習が違い地味なものから、度派手な物まで様

ざまですが、一般的には一番高い棟木に魔除けのための幣束を立て破魔矢を飾

り、四隅の柱に酒と塩、米を撒いて建物を清める形が多いみたいです。

下にネットで見つけた各地の様子を・・

上棟式

破魔矢.jpg

破魔矢です

矢車.jpg

上は 矢車

五色.jpg

五色 綺麗ですね~

幣束.jpg

幣束です・・

棟札.jpg

棟札

幸福のお金.jpg

幸福のお金?

白餅.jpg

紅白のお餅

餅投げ.jpg

餅投げです・・たのしそうですね~

祝詞.jpg

祝詞です(神主さん呼ばないで棟梁に、略式でやって頂く場合が多いみたいです)



上棟式が終わったら、お神酒で乾杯をして直会(小宴)に入ります。棟梁や工

事関係者が集まって、施主様をはじめ、互いの顔合わせをして意思疎通を図る

懇親の場とします。

さて建て主は何を用意すればよいのでしょう・・

基本的には慰労する会なので、決まりはないのですが・・

一般的には

1.塩、お神酒(1升一本)、洗米→上棟の儀


2.料理、飲み物→宴席


3.ご祝儀
  →工事関係者へ(5,000~20,000円程度)


4.引き出物、折り詰め等



費用は20万~30万位掛かると思って下さい。

最近は何もやらない人も増えていますので、あくまでも御自分の考えで決めた

方が良いと思いますよ(^0^)・・









Last updated  February 21, 2006 06:36:02 AM
コメント(5) | コメントを書く
[マイホーム] カテゴリの最新記事


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


Re:上棟式(02/21)   PHANTOMTOM さん
私が住んでるところでは5円玉を金色の紙に包んでまきます。お餅は「白」だけまきますねー。 (February 21, 2006 07:38:37 PM)

Re[1]:上棟式(02/21)   puku1921 さん
PHANTOMTOMさん
>私が住んでるところでは5円玉を金色の紙に包んでまきます。お餅は「白」だけまきますねー。
-----
地域や部落なんかで、かなり違うみたいですね・・
日本の上棟式なんて本でもあると面白そうですね・・(あるのかな??)
(February 21, 2006 08:23:39 PM)

Re:上棟式(02/21)   なおなお@ さん
向かいの親戚の家で紅白の餅と100円硬貨を3枚入った包み紙を拾いにいきましたよ^^
一拍一礼みたいで、儀式も地元ならではの様でした。
あのお金は使わずにお守りにするのがこちらでの習慣みたいです。
300円なら何か使いたくなりますね~(笑) (February 22, 2006 01:44:04 PM)

Re[1]:上棟式(02/21)   puku1921 さん
なおなお@さん
>向かいの親戚の家で紅白の餅と100円硬貨を3枚入った包み紙を拾いにいきましたよ^^
>一拍一礼みたいで、儀式も地元ならではの様でした。
>あのお金は使わずにお守りにするのがこちらでの習慣みたいです。
>300円なら何か使いたくなりますね~(笑)
-----
豪勢ですね~・・300円なら私も拾いに行きたいです(^0^)
(February 22, 2006 07:10:38 PM)

Re:上棟式(02/21)   綾小路シャボン玉 さん
以前は、夕方になると土台を4本敷き、
真ん中の2本に合板を乗せてテーブルに。
上から電球を下げて、上棟式会場に。
寿司や仕出しを取って、皆で一杯。
ほとんど飲まない人が、運転して帰っていました。

最近は、HMを中心にやらない家が多いみたいです。
やっても、簡単にお清めとジュースで乾杯とか。
会社でも、気を使ってお茶出しは結構ですと言ったり。

でも、折角の人間づきあいが無くなっている感じもします。
工事を請け負っているんだから、仕事はやって当たり前。
それは、分かります。 労う気持ちが、伝わるかどうかです。

昔の人は、頑張って欲しいと余計な掃除をしたり、
お茶を出しながら工事の内容を聞いたり、
直接大工が請け負う場合は要望を伝えられました。

昔の棟梁は、監督もかねていたので納まりも知っていたし、
下職に発注していたのでそれこそ親方でした。

取り巻く環境は 日々変わっていくようですが、
古き良きものは 大切に残したいものです。

(March 17, 2006 07:27:44 AM)

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


puku1921

Favorite Blog

ガステーブルとお風… お風呂のエンジニアさん
無垢の木材で造作材… 本物大好きさん
幸福追求の明石海峡… akashikaikyouさん
家を建てる方法伝授… eagl15さん
子育て・自分も育て きみきみ3さん

Freepage List

Archives

November , 2020
October , 2020
September , 2020
August , 2020
July , 2020
June , 2020
May , 2020
April , 2020
March , 2020
February , 2020

Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.