316753 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

HOMEなな猫ほーむ

★HOMEなな猫ほーむについて★

        ***HOMEなな猫ほーむにようこそ***
         
      
        都内で、行き場のない猫の一時預かり、
        そして里親さん募集をしている、なな猫と申します。

        当会は、都内で野良猫・捨て猫・飼養放棄猫の保護預かり・
        里親さがしをしている個人の猫保護ボランティアの会です。

        HOMEなな猫ほーむでは
        常時数匹のかわいい猫のやさしい里親さんを募集しております。

        お問い合わせ・里親さん応募の方は、どうぞご遠慮なく
        下記よりメッセージでお願いします。
        お宅のご様子・飼養環境について伺うアンケートをお送りいたします。

           メール 



    ++    ++    ++    ++    ++    ++    ++    ++    ++    ++    ++    ++    ++    ++   ++



               ☆現在里親さま募集中の猫たち☆


                  

☆過去の里親募集猫たち☆ 

 ☆HOMEなな猫ほーむで保護・里親さがしをしてきた猫たちについては
  トップページ左欄の「フリーページ」の「HOMEなな猫ほーむについて」以下をご覧ください。  
    

 ☆ほか、旧HP「東京なな猫風信」にアップの過去の里親募集猫たちについては、
  下記の旧HP東京なな猫通信より左欄Freepage Listの
  NANANEKO HOME以下の各ページをご覧ください。
 ★旧東京なな猫通信は廃刊いたしました。コメント・メッセージにはお答えできません★

         東京なな猫通信


           
           


***動物を飼うということ***HOMEなな猫ほーむの考え方***
  

***動物は、おもちゃでも趣味の逸品でも、流行のお散歩グッズでもありません。

  ましてや、人に自慢するためのチワワ、ダックス、チンチラ、或いは子猫チャン、
  というようなことで、どうぞ飼い始めないでください。
 
  動物は、毎日ごはんを食べて、排尿・排便をします。
  飼い主は、自分の手を汚し、お金もかけて、毎日必ず新しい餌と水を与え
  トイレの始末をしなくてはなりません。

  犬でも猫でも、愛玩飼養動物は野生動物とは違い、
  人の手による世話を必ず必要としています。
  単に世話するだけでなく、その名前で呼び、抱きしめてやり、
  こころをかけてやる必要のある生き物たちです。
  その世話を、その犬猫の一生涯、してやらなくてはならないんです。

  病気にもなるし、いたずらもします。
  病気になると病院に連れていく必要があり、
  大抵はまだ保険もありませんので、驚くほどお金がかかります。
  うるさく鳴いて眠れない夜があったり、粗相をしたり。
  大事にしていたバッグや小物を傷つけたり、
  蒲団にオシッコしたりすることもあるかもしれません。

  譲渡直後は特に、猫にとっては突然環境が変わり、
  世話する人が変わってパニックになりますので
  夜鳴きが続いたり、家具や蒲団に連続でオシッコをしてしまったり
  ということがよく起きます。
  なかなか慣れず、ふとしたことで噛まれたり、
  というようなことも起き得ます。

  でも、それも、生きているからこそ、
  たかが猫、とはいえ、感情もこころもある、生き物だからです。

  そんな時期を里親候補さまが頑張って乗り切ってくださるとき、
  ある日必ず、世話の大変さを補って余りある、
  喜びや平安を与えてくれます。
  嬉しいとき、あなたの傍に寄り添い、
  悲しいとき、あなたの頬の涙を舐めてくれます。
  その猫は、そのときから、あなたの大事な「我が子」になります。

  どうしても里親さんが見つからない場合、
  最悪「うちの子」にのつもりで世話していますので、
  こちらで一応どの子にも考え抜いた仮名をつけてありますが
  猫は「永遠の3才児」と言われまして、忘れっぽいですので【笑
  新しい可愛い名前をつけて呼び続けていただければ
  いつしかその名前も覚えます。
   
  どうぞ必ず最期まで、責任と愛情を持って「家族」として育て、
  死ぬときが来るまで一緒にいてあげてください。

  また、なな猫ホームでは完全室内飼いをお願いしています。
  これには、抵抗をお感じになる方もまだおありかと思います。
  以前のわたしも、猫は室内に閉じこめては飼えないと
  思いこんでいました。

  庭先や縁側に猫がゴロゴロして、飼い猫が自由に家の中外を出入りできた、
  そんなよい時代がかつての日本にはありました。
  けれど今は、そんな悠長なことを言っていられる時代ではなくなりました。
  交通事故や種々の事故・病気に遭う危険もさることながら、
  怖いのは猫の嫌いな虐待者による拉致、虐待による殺傷です。

  そういった輩は、日々餌食にする犬や猫を狙っており、
  飼い猫、野良猫の別なく凶行に及んでいます。
  こうした人間の現状について、まだご存じない方も多いと思いますが
  いま、日本には「里親詐欺」というものまで横行しているんです。

  猫が大好き!、可愛がっていた犬が死んだばかり、
  そんな嘘を並べ立てて優しい里親候補になりすまし
  保護ボランティアたちが手塩にかけて保護した動物たちを騙し取って
  痛い目に遭わせて殺す人間が後を絶ちません。

  そういう輩は、日々、外で見る野良猫や脱走猫も狙っていたりします。
  そんな人間の手にかかって、
  せっかく保護し、愛情と世話をかけて大事に育てている可愛い飼い猫が
  恐ろしい、痛い痛い思いをして殺されていた、
  というようなことに万に一つでも遭わないため、
  室内での飼養をお願いしています。
  それに伴い、脱走防止にも努めてくださるようお願いします。

  また、後々まで近況報告をお願いしています。
  上記の点も含め、里親さんとの信頼関係をまず一番に考えていますので
  ときどきは写真も合わせて、元気な様子をお知らせいただけるとありがたいです。



***譲渡までの手順とお願い***

  お問い合せをいただきましたら、
  飼養環境について伺うアンケートをこちらから送らせていただき、
  ご回答をしばらくの期間をいただいて検討させていただきます。

  その上で、その猫にとって、また人と人として、
  良いご縁となりそうだと判断させていただけましたら
  お見合いの日取りについてご連絡させていただきます。
  お見合いは通常わが家に来ていただきますが
  お申し込みいただいた方のお宅でも結構です。
  ただ、その場合は、猫をお見合いに連れて行っても
  その日は一旦連れ帰ることをご承知ください。
  
  お見合いの結果、仮譲渡【お試し飼い】が決まりましたらお宅にお届けしますので、
  お届け出来る範囲ということで、できるだけ近くの方にお願いしますが、
  遠方の方も一度ご相談ください。基本的には首都圏希望です。

  仮譲渡【お試し飼い】期間は、お話し合いにより1ヶ月前後になりますが
  猫の性質や里親候補さまのご事情にも拠ります。
  仮譲渡による結果が良く、是非この子をわが家の猫に!という結論に達せられましたら
  譲渡契約書に則り、正式譲渡契約成立とさせていただきます。
  
  その後は、同じ猫を可愛がって飼養する者どうし、
  長いお付き合いをさせていただければ嬉しいです。
  嬉しかったこと、困ったこと、何でもご連絡・ご相談いただければと思いますし
  万一、途中でやむをえないご事情が発生し、どうしてもその猫を
  最期まで飼い切れない状況になられた場合は
  どうぞ必ずご連絡ください。
  必要な場合は、引き取りに伺います。

  そういった場合でも、決してよそに処分しないでください。
  譲渡された猫がどうしても慣れず、
  かといって保護主【たとえばなな猫】にも悪くて言えず
  保護主の知らない間に捨てられていた、ということが起きていますが
  それはわたしたち、保護する者にとって、身を切られるほど悲しいことです。

  この点、重ねてお願いいたします。
  譲渡後、何年先でもかまいません。
  里親さまを責めたりは決してしませんので、必ずご相談ください。

  一度譲渡し、その方の飼い猫になった子でも、
  わが家ではずっとその行く末、幸せを終生祈っております。
  もちろん、譲渡した猫は里親さまの飼い猫ですので
  ああしてくれ、こうしてほしい、というようなことを
  ずっと煩く申し上げるつもりはありません。
  ただ、その子が不幸な状態にならないように、最後までケアする意向でおります。
  どうぞよろしくお願いいたします。



※以下の点は必ず確認して下さい※
 里親詐欺、安易な飼養を防ぐために、事前アンケートと誓約書のご記載を
 お願いしています。
   ★誓約書は下記をご覧ください☆

       HOMEなな猫ほーむ譲渡契約書

***追記のご注意お願い事項***

全ての子に、駆虫をしています。
ドロンタール、フロントラインをし、数週間後検便、そしてレボリューション。
(注:ドロンタール(お腹の虫の殺虫薬)フロントライン(ノミダニ駆虫)レボリューション(回虫、ノミダニ))
しかし、一度では、すべての虫は落ちません。検便をしても、仔猫の為卵が残っている事もあります。
回虫は色々な種類がいます、ノミを媒介しての回虫もいます。
駆虫、1か月後、再度の駆虫が必要です。(卵だったものがかえる為)
月1回、3か月(3回)ほど駆虫をすると確実です。一度落ちても次の卵がかえる事もあります。

検便につきまして、直腸の検便と、排便したものを検査する検便があります。
他の保護さんでも一般的に検便と言いましても、どちらの検便をしているか確認の必要があります。
直腸の検便のみですと検出されない回虫もいます。
排便して新しいものを医療機関へ持ち込む検査をする事をお勧めします。
こちらでは、排便と、直腸の検便両方行っております。

以上ご理解いただきまして、譲渡後も引き続き受診をし、検便、などをされる事をお勧めします。



  ※ 仮譲渡期間中にせよ、正式譲渡後にせよ、
    何か問題がおきた時や不安な事がある場合は、
   すぐに元親【なな猫】に連絡して下さい。



***里親さまのお問い合わせは、
 下記メール送信をお願いいたします***

    メール

Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.