000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

NAGOMI HOME THEATER & AUDIO & iPhone3G&4 LOGS

PR

X

全133件 (133件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 14 >

Home Theater

2012.10.22
XML
カテゴリ:Home Theater
デザインはかなりカッコいいけど、結構な重量があり、コネクター系の干渉にはご注意を...(^O^)

アルミ製iPhone5用バンパー(ケース)CLEAVE ALUMINIUM BUMPERfor iPhone5








最終更新日  2012.10.22 16:19:03
コメント(0) | コメントを書く


2011.01.05
カテゴリ:Home Theater
ソニー 視聴会に行ってきました。
といってもずいぶん前の昨年の話。

ソニー技術マイスターである、かないまる氏の講演を聞きにはるばる全国からAVファンが集まっていました。
4回のイベントが満員とはさすがです。
ソニーストアは東京・名古屋にもあるのにこうゆうイベントは大阪でしかしないのはもったいない。

視聴内容は5600ESの実力をSTEREO マルチ再生と余すところ無く披露していました。
VW90ESの映像視聴はほんのちょっとだけ、3D再生もちょっとだけでしたが、3Dの素晴らしいソフト(非発売)を紹介していただき、ますます3Dの楽しさと必然性を感じました。
DSC09591.JPG

もっとVW90ESの画質をチェックしたかったのですが残念。常設展示されるようなので、また個人的にソニーストアに行ってきます。

さて、5600ESですが、11月のオーディオセッションでも体験済み。
オーディオセッションの記事をアップしませんでしたが、忘れてたわけではなく、SONY・marantz以外の機器やデモンストレーションが酷かったのでコメントできるような内容ではなかったのです。
不況とはいえ、メーカーはデモンストレーション内容を工夫すべきです。

今回のイベントの使用機材の紹介
PJ・VPL-VW90ES
BDプレーヤー・BDP-S5000ES
3D再生用BDレコーダー・BDZーAX2000
SACDプレーヤー・SCD-XA5400ES それと4万円くらいのプレーヤー
AVアンプ・TA-DA5600ES
フロントスピーカー・SS-AR2 (L、C、R)
フロントハイスピーカー・SS-K30ED (FHL、FHR)
サラウンドスピーカー・SS-K30ED (SL、SR)
DSC09583.JPG

前回の5500ESのイベントに比べて、フロント3CHのスピーカーAR2のセッティングが良くないと思います。
分厚いアクリル素材を重ねた上にスピーカーを置いているので全体に音が鈍って聴こえます。
そのネガティブ面をを差し引いての試聴。

ステレオ再生・マルチSACD再生も5500ESに比べてS/Nが良くなっています。
特に女性ボーカルものは良い再生に進化しています。
一体型AVアンプでここまでの再生ができれば充分だと思います。

前回のイベントでは試作段階のHDMiケーブル(ブルーのやつ、型番失念)も量産化されて良くなっている感じです。

1500円くらいの安物のHDMiケーブルもかないまる氏の湯銭エージングで効果があることを確認できました。

SONYの安物の3D対応BDプレーヤーも湯銭エージングと絶縁トランスで向上する実験もしていました。

それらの実験が終わって、ようやく映画再生。

5600ESにはリア側にファントムスピーカーを追加するスピーカーリロケーション機能やフロントハイスピーカーなど部屋の都合上、困難なセッティングを補正する面白い機能が入っています。

アバターの同じ場面を繰り返して、5600ESの新機能を披露します。
これは、オーディオセッションと同じ進行。
でも、機材はほぼ同じですが、部屋の構成、セッティングが異なるため出てくる音もかなり違います。
セッションの方が良い再生をしており、今回のイベントではフロントハイやリロケーションなどの新機能を使うと、音のフォーカスがとても鈍ります。
設置に制限がある方は使う良いのかも知れませんが、ITU-R設置ができるならそれに越した事は無いと思います。

プロトタイプ機のため、HD-DCSも5500ESとは違ったチューニングになっているのかも?

最後に再生した、非売品のドルビー社製の3D映像のジャズソフトがとてもクオリティーの高い画音再生ソフトでした。このソフト将来の3Dシアターのリファレンスディスクとしてめっちゃ欲しいです。
DSC09587.JPG

いろいろと聴いてみると5500ESは映画向きで、5600ESは音楽再生に向いたチューニングになっているように思います。

5600ESですが、京都Y氏がすでに導入しましたので、セッティング&ハンドリングの為、近々訪問します。

年頭の挨拶にも書いたように、我が家も新世代のAVセンターを導入して、HD音声対応にしたいけどまだ躊躇している状況。
セッションやイベントなどのどこの視聴会よりも、現システムの再生のクオリティーが遥かに良いんだもんね。
改めてSHOWCASEの良さを再認識してます。

今のところ眼中にあるAVセンターは5600ES(XLR出しができない事がネック)か?
marantzのAV7005(前面パネルのデザインが・・・・、それとXLRがヨーロッパ方式である事)かな?
自宅視聴してみないと分からないけど。






最終更新日  2011.01.06 00:05:00
コメント(0) | コメントを書く
2011.01.03
カテゴリ:Home Theater
皆様、明けましておめでとうございます。

今年もホームシアターの向上に邁進する所存です。
ブログのアップは相変わず少々で。

音の方は、昨年秋頃からステレオ再生もマルチ再生も相当向上してSHOWCASEで満足という状況。(PCM5.1が再生できないのは残念ですが)
新世代AVセンターの導入はまだ先かもしれません。

映像の方は、SONYの新型パネルを使った3D対応PJ VW90ESのできが良いので、その次期モデルを今年の末か来年初頭くらいには導入して3D対応シアターを実現したいなぁ~と思います。

2Dは三管で、3DはSXRDという両党使いができたら最高ですね。

そのためには、もっともっとハードもソフトも充実して欲しいですな。

今年も宜しくお願いいたします。






最終更新日  2011.01.03 18:32:29
コメント(2) | コメントを書く
2010.11.15
カテゴリ:Home Theater
いつもなら誕生日くらいがショーなんだけど、今年は1週間遅れの開催。

まずは太陽インターナショナル&ステラヴォックスのブース。  
AVALONのIsisを聴きたかったけれど、タイミングが合わず試聴できませんでした。残念。
写真だけは撮りました。
DSC09543.JPG

DSC09503.JPG


DSC09502.JPG
メーカー名も型番も失念した静電型スピーカーを試聴。
静電型のスピーカーって実体が無い音でショボイってイメージがあったのですが、これは意外にも芯がある音で定位音像もよく、静電型スピーカーに対するイメージが変わりました。

ラックスマン・アキュフェーズはチラ聴きしただけ。
DSC09539.JPG
DSC09540.JPG

メースはやはりKiso Acosticの音の響きの良さに聞き惚れました。廊下からでも良い音が聴こえるんだもんね。

ハーマンも目新しい製品が無いのでチラ聴き。力強さと、包み込む音場はJBL+マークレビンソンシステムは良いですね。

アクシスは昨年のお気に入りスピーカーのKharmaは展示しておらず、それに変わってWilsonのSashaがシルバーの輝きを放っていました。
同シルバー色のMacbookからAyraのUSB-DACから出した音をFM Acosticsやクレルのパワーを通した音はハイエンドの進化系なんだなと関心しました。
DSC09532.JPG
いろんなジャンルを聴きましたがそれぞれのジャンルにジャストフィットするのが良いですね。Wilsonの中では一番好印象なスピーカーです。
DSC09534.JPG

ノアのブースはソナスの昆虫みたいなデザインのように見えるリファレンススピーカー。
弦楽器の美音を奏でるのは逸品だけど、Kisoと比べると?かな。
DSC09522.JPG
DSC09523.JPG

アブサートロンは昨年と変わらずWestlakeのスピーカーとBoulderのシステム。
王道の音で、ジャズ・女性ボーカルものは安定感があって長時間でも聞き疲れしません。
DSC09521.JPG

エレクトリはATCのSPやアンプの試聴機は無し。
DSC09527.JPG
でも今年の目玉。MAGICO Q5が鎮座。
DSC09526.JPG
マジコの下位モデルは音が硬すぎて好きではありませんでしたが、このスピーカーはめっちゃめちゃ良いです。
アクシスのWilson Sshaも良いけど、Q5は写真に映り悪いくらいのつや消しブラックだし、締りのある低域やパワフルさがシアターユースでも大活躍してくれそう。
重量175kg。お値段7000000万也。

ハイファイジャパンはMonitorAudio200シリーズ。300の方が断然いいです。DSC09512.JPG

イベントルームでは、ふう氏講演のLINNを試聴。
DSC09545.JPG
僕にとって、ふう氏の講演はオーディオショウの一番の楽しみ。
レコーディングやメーカー事情に精通して、それを短い講演時間のなかで、その場の雰囲気を読みつつプレイリストを変更しながら聴かせるスタイルは素晴らしい。
文章は読んだこと無いですが、ホントにうまい講演だといつも関心しています。

LINNのDS以外のコンポーネントはあまり好きじゃないけど、DSには興味あり。
特に今回のAKURATE DS/Kは欲しいなと思う製品でした。
DSC09515.JPG


あとのブースは写真だけで割愛させてもらいます。
DSC09510.JPG

DSC09513.JPG

DSC09519.JPG


オーディオショーに行く楽しみって、機器の素性を観て聴いて、それを自宅の環境においたらどんな音になるのかな?と妄想する。それが醍醐味。
あのショーの空間では機器の50%の性能も引き出してないと思うしね。

新しいシステムが良いわけではないけれど、そのメリットや可能性も知っておかないと時代に取り残された浦島太郎になっちゃう。

そうゆう意味でオーディオショーは有意義なので来年も是非存続してくださいね。






最終更新日  2010.11.16 01:15:05
コメント(0) | コメントを書く
2010.05.27
カテゴリ:Home Theater
以下がイベントの際、視聴したディスクのセットリストです。

午前の部(主に映像系)

アバター 国内盤 
THE FIFTH ELEMENT 米国盤
イノセンス ABSOLUTE EDITION 国内盤
スタートレック 国内盤
CHRIS BOTTI LIVE IN BOSTON 米国盤
Celine Dion  Live in Las Vegas:A New Day 米国盤
アンダーワールド エボリューション WOWOW録画 (自宅にてPABASONICレコーダーよりBD-RにムーブしたものをAAC音声で)
UNDERWORLD EVOLUTION 米国盤 同チャプターをDD音声にて
THE DARK KNIIGHT 米国盤
U-571 米国盤


午後の部(主に音声系)

アバター  国内盤
MADONNA  Sticky&Sweet Tour 米国盤
EVANGERION :1.11 国内盤
MTV Unpllugged ayaka 絢香 国内盤 
DTS HDとSTEREO再生比較 サブウーファーON OFF比較
The PHANTOM of the OPERA 米国盤
JOSH GROBAN AWAKE LIVE 米国盤
LIVE FREE OR DIE HARD 米国盤
NAMIE AMURO BEST FICTION TOUR 2008~2009 国内盤
CHRIS BOTTI LIVE IN BOSTON 米国盤
ANDREA BOCELLI 米国盤

イベント後
2012 国内盤

定番のソフトから・最新のソフト・比較視聴など楽しんで頂けるであろうソフト、そして名場面シーンを時間いっぱい再生いたしました。

音量のほうもディスクによってデシベルが異なりますので、フルボリュームのものから12時くらいと苦痛にならない程度の音量で視聴していただきました。

ほかにもいろいろと面白い実験をしてみたかったのですが、それは次回のイベントへの課題にします。







最終更新日  2010.05.27 17:26:35
コメント(0) | コメントを書く
2010.05.21
カテゴリ:Home Theater
急遽、決まったことですが私の所有する愛機達も参加することになりました。

どんなモノかは来てのお楽しみということで・・・(非売品ですのであしからず)

お気に入りのHIGHT QUALITYなSOFTも持参いたします。
当日は定番ソフトも含めて、素晴らしいPLAYが多数できるかと思います。

是非ともお楽しみに!!

ということでセッティングや打ち合わせで一足お先に行ってきます。









最終更新日  2010.05.21 23:51:15
コメント(0) | コメントを書く
2010.05.20
カテゴリ:Home Theater
Top_20100328.jpg

お久しぶりです。

我が家も機器のセッティングや調整など、苦しくもあり、楽しくてブログがすっかりおざなりになってしまい更新の仕方も忘れてしまいました(笑)

さて、23日にEMC設計の5周年記念イベントがございます。

詳細はこちら

三管プロジェクターG90の2台投影、幻のスピーカーGRAND BELLのシステム(前のイベントでもしよういたしました。)に加え、デモスペースの音響対策や電源強化など、いろいろと改良が加えられているようですので向上ぶりが楽しみです。

日本広しとはいえ、滅多に見聞き出来ないシステムです。

是非、興味のある方は豊橋までお越しください。

私も、雑用スタッフ兼DJ?としてお手伝いいたします。

では、お会いできることを楽しみにしています。






最終更新日  2010.05.20 18:20:41
コメント(0) | コメントを書く
2009.12.30
カテゴリ:Home Theater
みなさん、ちょっと早めですが、今年もお疲れ様でした。

いよいよ、「NAGOMI THEATER」のリインストールです。

って言っても、今までもあれこれ施してきたのですが、ブログアップさせる気力がなかったので放置。(多分今後も・・・)

今回のリインストール名付けて「NAGOMI THEATER REVENGE」何がリベンジなのかよくわかりませんが、良いフレーズが思い当たらなかったので(仮)にということで。

今回のメニューは盛りだくさん。

メニュー内容は出来るかぎりブログにアップする予定です。

沢山の施工を依頼してインストーラーさんが大変です。

無事に作業が終わり、素晴らしいシアターに変貌しますように。

そして、来年もいい年になりますように。

皆様、どうぞ良いお年を・・・






最終更新日  2009.12.30 23:07:36
コメント(0) | コメントを書く
2009.11.09
カテゴリ:Home Theater
キタッー!!

トレッキー冥利に尽きるこのディスク達。

もちろん、海外盤も買うけれども(それはディスクが安くなってから)、その前に国内盤をじっくりと視聴したい。

Figoでの北米版DVD再生は本当に素晴らしかったディスク、それがHDではどうなんでしょう?期待が高まる。

ハラハラドキドキ!!

でも、現状の「NAGOMI THEATER」ではシステムの再設定を依頼してるのに肝心なインストーラーが来ないとどうにもならないよ~~(涙)

モノは揃ってるのに、施工日程いったいどうなってるのかな?






最終更新日  2009.11.09 23:53:12
コメント(0) | コメントを書く
2009.02.07
カテゴリ:Home Theater
先日、ベルテック氏の来訪イベントが、無事開催されました。

購入した製品の製作者がユーザー宅に訪れて、その環境で視聴するなんて事は普通あり得ない事ですが、BELLTECHならそれが可能なんです。

BELLTECH氏やEMC設計がユーザーの事を思って行うサービスなんでしょうね。

ベルテック氏には現状の2chと5.1chの音を確認していただきました。
そして、現状のシステムで可能な改善案をバッチリと示していただきました。
この事はまたの機会にアップしたいと思います。

新製品のHDMi改め「BELLTECH SYSTEM003」ケーブル3mも接続しました。

このSYSTEMケーブルは既存の設定で接続しただけで、三管の調整はエージングが行われた、後日ということでどんな映像になるのか!?とても楽しみです。
この結果も後日アップしたいと思います。

nao氏も施工してから一年の時を経た電源工事の効果を確認したいということで来訪されました。さすが職人です。

hiroshi氏やnao氏からは、現在施行中の新EMCdesignシアターの構想を聞き出しました。
今のEMCデモルームも凄いですが、とてつもない進化型デモルームの器ができるようで、こけら落としがとても楽しみです!!

ずっと知りたかったベルテック氏の過去や、謎に包まれたケーブルの秘話や近未来の世界の話など幅広くいろんな話をして頂きとても面白かったです。(ほぼ徹夜状態でした。)

とても有意義な二日になり、ベルテック氏をはじめ、来訪された方々にあつく御礼いたします。

またこのような楽しい会ができたらと思っています。







最終更新日  2009.02.07 18:31:51
コメント(0) | コメントを書く

全133件 (133件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 14 >


© Rakuten Group, Inc.