673839 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

NAGOMI HOME THEATER & AUDIO & iPhone3G&4 LOGS

PR

X

全4件 (4件中 1-4件目)

1

LaserDisk

2008.12.18
XML
カテゴリ:LaserDisk
一時的に復活した、コンパチブルプレーヤーのCLD-959でしたが、とうとうAVラックより退ける事になりました。

この機器は僕をAVの世界に引きずり込むきっかけとなったものです。

引退の理由は、LDを見る機会は今後無いだろうという事と、CDトランスポートとしてはクオリティーが低いからです。
HTPCのFigoの方が断然たけています。

NAGOMIシアターは主に映画視聴環境なんですが、音楽も結構再生もします。いまは音楽のリスニング時間の方が長いです。

以前あるところではMさんともお話したのですが、電源を入れて無くてもケーブルを接続させていなくても、無駄な機器を置いているだけで画音にはマイナスの影響があるんですね。

機器構成も接続もシンプルが一番です。

オークションにも売れないだろうから、サブシステムに記念として置いておきます。






最終更新日  2008.12.18 10:02:50
コメント(0) | コメントを書く


2007.02.01
カテゴリ:LaserDisk
ようやくRFディモジュレーターのエージングが進み、接続した当初とは見違えるくらいの状態になってきました。
CLD-959自体のエージングも一日一日進化していくことも体感できます。高中低の音が体に当たってくる感覚が味わえるのが素晴らしい。改めて27cmウーファーユニットの3WAYスピーカーで良かったわ。でも不満も出てきた。
なんかいいスピーカーないかな?

レーザーディスクでは当時リファレンスであった定番の「セブン」「フィフスエレメント」「ジュラシックパーク」「インディペンデンスデイ」などをAC-3再生。

DVDではスポイルされるような細かい音が沢山聴こえる。しかもリアル。レンジの広さ、包囲感、ステージの広さ、セリフの厚み、そして、僕はサブウーファーは使っていませんが、ただの振動ではなく、地響きのような騒音がしっかりと聴こえる事。
ほんととっても素晴らしいわ。
DVDでも素晴らしいものはあるんだけど、見劣りするるほど。これで映像が良かったらなぁと残念でならない。
もう一つの欠点はディスクが大きく重たい事だいぶん扱い難いわ。
HLD-X0が未だに高額取引されるのが分かります。僕もとっても欲しくなってきました。これからチェックしよう。

こうなってくるとリニアPCM5chってどんなに凄いんだろうか?想像を絶しますね。新世代DVDには音が期待大ですね。
まともなプレーヤーが出てくれないとはなしになりませんが。






最終更新日  2007.02.01 22:03:08
コメント(2) | コメントを書く
2007.01.28
カテゴリ:LaserDisk
あるところではMさん、ff02さん、コメントありがとうございます。

あるところではMさん。
僕は今、やっとAVを本格的な趣味としてのスタートラインに立てたようです。
今まではホンノお遊び程度のようでした。最新のフォーマット対応のまあ高価なAV機器を買いあさってただけの趣味だったように思えます。
これからはそれらの機器のクオリティーギリギリ限界まで伸ばす事が重要課題(でも価格に関係なく駄目な機器はトコトン駄目ですね。)になってきました。
これこそAVの醍醐味なんですよね。ホントに奥の深い面白い趣味に足を突っ込んでしまったものですわ!

落ち着いたら、次はSS対策頑張りますので、ご教授・指導ぢてくださいね。

ff02さん
LDソフト邪魔で処分するなら買い取りorお預かりしますよ。
この後LDのインプレ書きますね。一言で言うとグレイトオブグレイト!
部屋の暗室&迷光対策はクオリティーを追求するホームシアターにとって絶対必須なんですよね。
ご存知のようにNAGOMIシアターは和室ですが、昼間でもほぼ完全遮光&迷光対策はできるんですよ。シンジラレナイでしょう。
EMCスタッフも来訪者も驚きます。

レーザーディスクを引っ張り出して5日目です。
今回の評価は音についてだけです。絵はまぁどうでもいいんんです。音楽用メイン機材ですから。
最初は必要ないと思っていたので、AC-3用のRFディモジュレーターのエージングにちょっと時間が掛かってしまいました。
それまでの間、同軸出力でステレオ収録のLDを見まくりました。どれも昔なつかしバブリーな頃の作品です。
ミュージッククリップ系のものがスバラシかったです。
「ジャネット」「マライヤ」などは感激しました。凄く音にハリがあるんですね。当然ですがどの音も古臭く感じません。スピーカーがグレードアップした感覚よりも好印象大です。
映画「クリフハンガー」「ドラゴンハート」のステレオ物は当然ステレオなのにセンターはもちろんのことセンターから110度のところにまで音像が定位するんんです。
マジかよと思ってリアSPを確認したくらいです。ちょっとSHOWCASEの定位感は神技ですね。

オーディオで最新のメッチャ高いSACDプレーヤーやSACDソフトも良いのかも知れないけど、17年前のコンパchブルレーザーディスクプレーヤーでのLDやCD再生を侮ってはいけません。今、中古が穴場ですよ!
これじゃ、今からAVはじめる人は200万内で凄いシステムが手に入るよね。俺の散財は高い授業料だったわ。今は良い時代だわざ。
AC-3(DD)&DTSディスクのインプレは凄いので別に今度アップしようかな?
ちょっと、ちょっと、ちょっと!






最終更新日  2007.01.28 23:12:17
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:LaserDisk
せっかく、電源を改修したんだから手持ちの機器はいろいろと試してみようと思う。
今更、レーザーディスクプレーヤーなんて使ってもしょうがないなと思いながら、引っ張り出してきた。

CDとLDを再生できる、コンパチブルプレーヤーCLD-959はです。
laserdisc cld-959

まずはCDから再生。
久々に結線して最初に出した音は、音がゴチャゴチャしてまとまりが無く聴けたもんじゃないほど酷い状況でやっぱりオークション行きだなって思ってたんです。

ところが2日後に音だしをしたときの最初の一音からスッバラシィのでビックリ仰天してしまいました。高域の音が塊で聴こえてきたのはEMCイベントとyayayaさんシアターとヨッシーさんシアターくらいです。

こんなにもエージングで大きく変化したのを体験した事がありません。笑いの神様ならぬ「AVの神様が降りてきたんとちゃうか?」
隣の部屋にいた家族が「今のなに?今までとはレベルの違うええ音やわ!」と関心したくらいです。

DV-S10Aでは出なかった低域がバリバリ出てくるのです。しかもダルダルの低音ではなくタイトな低音なのでチョ-気持ちイイ!
いままでCD専用プレーヤーはDV-S10Aでしたがその座が一瞬にしてCLD-959になりました。
早々と安い価格で売らなくて良かった。「ありがとう。AVの神様!」
2日目でこの変化ですから末恐ろしいです。

CDがこんなに素晴らしいので、お次はレーザーディスクを試してみよう。






最終更新日  2007.01.28 14:10:34
コメント(2) | コメントを書く

全4件 (4件中 1-4件目)

1


© Rakuten Group, Inc.