000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

NAGOMI HOME THEATER & AUDIO & iPhone3G&4 LOGS

PR

X

全15件 (15件中 1-10件目)

1 2 >

QUALIA005

2006.07.08
XML
カテゴリ:QUALIA005
AV界では名の知れた重鎮、チョウさんのブログ「チョウの檻」にて調査依頼がされていましたので、早速行ってみた次第です。

今回の調査はデジタル放送のビットレートを計測する事です。

なんだかBSデジタルのビットレートが日に日に落ちている噂が流れているそうで、それを解明すべく、SONYのチューナーあるいはテレビをお持ちの方にブログを通じて調査依頼しているわけです。

しかしながら、この調査はサービスモードに入らなければできないことですから、お試しされる方はあくまでも自己責任で行ってください。

以上をふまえた上での調査、どうか宜しくお願いいたします。

SONY製品のサービスモードへの入り方はリモコン操作で次の2パターンがあるそうです。
私のQUALIA005はその2でした。

●その1
1)一旦、電源を切る
2)「画面表示」→「5」→「ch(+)」順に押す
3)電源ONする。
4)「画面表示」を押す。そうすると「メニュー」がでます。
5)「メニュー」にしたがって操作していってください。画面にビットレート等の詳細情報が表示 されるはずです。

●その2
1)一旦、電源を切る
2)「画面表示」→「5」→「音量(+)」順に押す
3)電源ONする。
4)「画面表示」を押す。そうすると「メニュー」がでます。
5)「メニュー」にしたがって操作していってください。画面にビットレート等の詳細情報が表示 されるはずです。

私は詳細情報が出たのですが、下の写真のように映像のビットレートが0のままです。何度繰り返しても同じ結果でしたのであきらめました。
取り返しの付かない事になったら冷や汗ものですからね。
皆さんもくれぐれとお気をつけて行ってくださいませ。






最終更新日  2006.07.08 15:29:57
コメント(0) | コメントを書く


2005.11.11
カテゴリ:QUALIA005
訳あってQUALIA005が2台並んでます。
「2台とも置いていって下さいな。」心の叫び・・・
あれれ?またなんかちがう?






最終更新日  2005.11.11 19:19:57
コメント(3) | コメントを書く
2005.02.18
カテゴリ:QUALIA005
今、使用しているノートPCのVGAからコンポーネント接続して高解像度出力ができればと思い、ATIのVGA→HDTVアダプターを入手した。
しかしこの変換機はATI社製のVGAにしか対応していないらしい。
私の所有するノートPCはTOSHIBAダイナブックでnVIDIA社製のチップなので不可能と知りつつもトライしてみた。
やはり案の定、同期のずれた表示がされるだけで、これ以上映していればQUALIAが壊れそうだったので断念した。
やはりだめなものは駄目ですね。
この変換機は将来QUALIA005のHTPCの接続用にとっておきます。無駄な買い物をしてしまった。 hdtvadapter






最終更新日  2005.02.18 17:55:02
コメント(2) | コメントを書く
2005.02.07
カテゴリ:QUALIA005
昨日の続き・・・
HDMI接続、PCの表示画面領域の広さに感激しました。
WMVHDの映像もMPEG2よりもブロック・エッジノイズが少なく綺麗で素晴らしい!
しかしここで問題が。
PCからDVI-D出力し005のHDMI入力を行うと音声が入力されない。当然のことなのであるがDVI-Dは映像のみの信号しか伝送しないし、HDMIは映像と音声を両方ともデジタル伝送する。ということは物理的にPCの音声を入力させる事ができないのである。
PCの為にスピーカーやアンプを増設するのは割に合わない。
WMVHDが普及してからでも遅くないので現段階ではPC入力でノートPCとRGB接続とステレオ音声接続して我慢するしかない。
残るコンポーネント接続はまた次回。
full hd






最終更新日  2005.02.08 00:30:40
コメント(4) | コメントを書く
2005.02.06
カテゴリ:QUALIA005
今夜、QUALIA005交換後初めてHDMIとPCのDVI-D出力(カノープス9600XT)とコネクトしフルHD出力に再チャレンジしました。
以前は何度やってもできなかったのに、今回一発であっさりと接続成功!今までいったいなんだったんでしょうか?
もしや前機の005はHDMIが故障していたのかな?
WMVHDの再生にも成功しました。
WMVHDはPCでは何度となく再生していましたが005での再生は初めてです。PCでは全く見えなかった圧縮ノイズが005では見えてしまいました。しかしあの高圧縮であの高画質は素晴らしいです。ちなみに我が家のPC(PEN4 2.4G)では処理が追いつかないので途中でコマ切れ映像になってしまいます。
というわけで一件落着と思いきやまた問題が・・・
続きはまた明日。






最終更新日  2005.02.08 00:31:19
コメント(2) | コメントを書く
2005.02.03
カテゴリ:QUALIA005
QUALIA交換後、以前の映像カスタムプロ設定と同じ数値にしても発色がまったく違う。
不思議なことにどうやら以前の仕様とチューニングが違っているようだ。
以前はド派手な感じの発色で赤がきつかったが、交換機の色は落ち着いている。ダイナミックモードでもナチュラルモードにしても落ち着いているのだ。
私的には落ち着いた色合いが好みなので以前はエンハンスドをON(OFFだとAQUOSと変わらない)にした状態で色の濃さやRGBのバイアス調整を細かく設定していた、ところが今回ほとんどいじらなくても自分好みの色が出ている。
あくまでも推測であるが005の製造チューニング者が製造台数をこなしてきて巧く調整できるようになったからではないだろうか?
クレームをつけただけに完璧な製品が納品されて本当に良かった。






最終更新日  2005.02.03 18:50:56
コメント(0) | コメントを書く
2005.02.01
カテゴリ:QUALIA005
qualia交換 ようやくこの日が来ました。ディスプレイ・レシーバーとなんとスタンドの全3点交換でした。
クレームの原因は赤の輝点(液晶のドットが常時点灯している部分)が画面の中央部(Aゾーン)に2個、画面左右に2個にありました。
故障ではないのですがテレビを見ているとだんだん気になってきて、そこばかりが目立ってきて、我慢できずにカスタマーセンターに連絡しました。
サービスマンに確認してもらい、交換を了承していただきました。(通常の液晶テレビの倍の価格ですし、クオリアブランドだからかな?)
それから待つこと1ヶ月が過ぎようやく本日販売店より交換機が届きました。
しかし交換機が来たからといって安心はできません。というのも交換機自体にドット欠けや輝点の可能性もあるからです。(液晶の最大の欠点ですね。)
設置後ハラハラドキドキしながら電源ON!用意していたテスト用のRGBの色を映し出してビックリ!
なっなっなんと!画素欠けも輝点も皆無でした。
これぞQUALIAブランド「妥協を排したこだわり。満足度を最大限に引き出す製品」ですね。
これで不満なくTVを見ることができるようになりました。
ご協力くださいました関係者の皆さんありがとうございました。






最終更新日  2005.02.06 15:12:40
コメント(0) | コメントを書く
2005.01.22
カテゴリ:QUALIA005
QUALIA005
005を設置してから約1ヶ月、いままでこのブログで映像に関する事は書いていなかったですね。
というのもどう見ても非の打ち所のない程の仕上がり具合の製品なのです。(現時点ではこれを超える40インチ以上のTVはありませんね。)
逆にいうと追い込んでいくオーディオマニア的な醍醐味はありませんね。
初めの頃目立っていた応答速度によるなだれ現象もエージングにより目立たなくなってきました。
画質設定に関してはほとんどの補正は「切」にしたほうが良いです。シャープネスは少し下げたほうがざらつかずスッキリします。DRC-MFv2の設定はしたほうが良いです。SD映像もHDも少し綺麗になります。色調整は赤が強すぎる傾向があるのでRゲイン・Rバイアスを少し下げた方がいいです。
音質に関しては硬い音です。中の上と言ったところでしょう。
しかしクレーム交換のドット抜けによる交換機がまだ届きません。生産が追いついていないのか、相当売れているのでしょうか?






最終更新日  2005.01.26 13:08:40
コメント(4) | コメントを書く
2005.01.08
カテゴリ:QUALIA005
今日いろいろとPCの表示をトライしてみた。
もちろんアナログRGB入力ではマニュアル通り1280×720の表示ができる。
どうしてもチャレンジしたいのがPCの1920×1080のフルスペックの表示である。
PCのDVIからQUALIA005のHDMI接続して設定を変更するが低解像から一向に変化せずPCを何度再起動しても高解像度にならない。
多分グラフィックボードとTVの相性なのだろうが高額なグラフィックボードを購入して接続できないのも悲惨なので今はネットで何か情報がないか調べているところである。
もしフルスペック表示ができている方がおられたら御伝授していただきたいので宜しくお願いします。






最終更新日  2005.01.08 23:54:27
コメント(2) | コメントを書く
2005.01.07
カテゴリ:QUALIA005
年末、年始と豪華番組がいろいろあり、録画に四苦八苦していました。HDDレコーダーに録るのか?BDに録るのか?2時間以上の番組をどう処理すれば良いのか?WOWOW加入のB-CASカードは1枚なのでいろいろと制限があり混乱していました。ようやく操作の仕方もマスターしてきたところです。
QUALIA005についてはリモコンの使い勝手が良くないのが残念です。たとえばリモコン受像部が下方にあるのでリモコンをテーブルに置いた際赤外線が遮断される事、十字キーが硬い事、内側のボタンが硬く押しづらい事、開けて使用した場合、リモコンが不安定なので片手で押すと傾いてしまう事など不満な点が挙げられます。
i.LINK接続ついてはREC-POTもVRP-T5もスピーディーな反応ですこぶる快調である。メニュー画面が大きすぎる点とメニュー操作時の何度もカーソルを動かさなければならない点を今後のアップデートにより改善を望むところです。
REC-POTからBDZ-S77のムーブは残念ながらできませんでした。
VRP-T5からBDZ-S77へのムーブは当初ムーブした番組についてはD端子では出力されずi.LINK操作のみに限定されていたのだが、本日4時間番組の紅白歌合戦をT5からS77に前・後編にムーブした際に確認したところD端子からも出力されるようになっていた。(いつの間にアップデートされたのか不思議???)

デジタル放送の録画には制限があり本当にややこしく保存版で残すことには出費がかかる。それだけにメーカー間の対応くらいはちゃんと計らっていただいてムーブ等がしやすい環境を最低限調えて欲しいのがユーザーからの希望である。






最終更新日  2005.01.07 17:55:39
コメント(1) | コメントを書く

全15件 (15件中 1-10件目)

1 2 >


© Rakuten Group, Inc.