066424 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

本間直人の 多事"笑"論

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


多事笑論

フリーページ

2005年07月13日
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
ソリューションフォーカス

ってセミナーに引き続き2日目に参加してきた。
青木安輝さんが講師である。
内容について、おもしろい。実に面白い。

基本的な思想?背景?的には
ホンマドットコムで提供する、
コーチング、ファシリテーション、創造性開発
などと共通するとこが多い。

つまり、
 スキル、DOingよりは、まず、あり方BEing、
 衆知を集める。
 過去の正しさより未来にむかってDo
 小さな違いが大きな違いを作る
など、姿勢はにているものがソリューションフォーカスにも存在する。

ただ、見せ方がエクセレントで、映像にするのが結構やりやすいのでは、、
とおもった。

一番印象にのこったのが、

”問題≠解決策”



私が解釈してつくった例えだと、

 広場を抜けて向こうに行こうとするとき、
 広場に、落とし穴がいっぱいある。
 従来型の問題志向だと、じゃ、落とし穴が問題ですね。
 では、どうやって埋めましょう?大きさは、、とかで、穴を埋めていく。
 問題が目的と摩り替わることももある。

 このとき、穴埋めるのが簡単ならそれもいいけど、、
 別の選択肢もある、

 じゃ穴におちなきゃいいですね。落ちないように
 向こう側に行くにはどんなことができるか?
 迂回路をつくるか?ナビゲーションするか?橋をつくるか?
 ためしにちとやって見ますか?

こんな感じ。

人工知能の分野でニューラルネットワークの学習法として
誤差逆伝播方式ってのが生まれたとき、
日本の先生は厳密性の研究が必要と一生懸命さらに研究した、
アメリカの先生は、
大部分のときこれでうまくいくから、簡単だし使ってみよう。
ってなった。

それに近いものがあったりするのかもしれない。






最終更新日  2005年07月15日 09時09分51秒
コメント(0) | コメントを書く


お気に入りブログ

まだ登録されていません

コメント新着

ウィンディーママ@ ありがとうございました。 セミナーの件、間違えてしまいお手数をお…
mkd5569@ Re:やっと復活(03/26) 夜のブログ更新おつかれさまです。 3月…
まいける東山@ 三重県をみくびってましたね 三重県の南部ってほんと不便です。 だか…
まいける東山@ Re:デブサミ2006(12/09) 今年は、かなりセッションも増えましたね…
odami コーチングカフェ@ アンコール熱望!  直人様 突然の指名、勝手に紹介、し…

© Rakuten Group, Inc.