2495646 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

海水魚が好き!

PR

Profile


ホムラsp

Recent Posts

Category

Calendar

Archives

2018年11月
2018年10月
2018年09月
2018年08月
2018年07月
2017年04月29日
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
大阪市立自然史博物館で開催されている、
特別展「石は地球のワンダー」
鉱物と化石に魅せられた2人のコレクション
を見に行ってきました。

2人のコレクションとは、
北川隆司教授の鉱物コレクション、
金澤芳廣氏の化石コレクションであり、
同時に47都道府県の石が展示されてありました。

鉱物コレクションの展示で目を引くのは、
色彩や形状、そして模様だと思います。
実際「きれい~!」という声が飛び交っていました。

色彩的に目立った鉱物の一部がこちらです。

ミメット鉱(Mimetite)。

大阪市立自然史博物館2017年4月下旬1 特別展石は地球のワンダー ミメット鉱(Mimetite) メキシコ




藍銅鉱(Azurite)。

大阪市立自然史博物館2017年4月下旬2 藍銅鉱(Azurite) ロシア




岩塩(Halite)。

大阪市立自然史博物館2017年4月下旬3 岩塩(Halite) アメリカ合衆国




紅鉛鉱(Crocoite)。

大阪市立自然史博物館2017年4月下旬4 紅鉛鉱(Crocoite) オーストラリア




オパール(蛋白石)(Opal)。

大阪市立自然史博物館2017年4月下旬5 オパール(蛋白石)(Opal) オーストラリア




そして形状や模様が興味深いと感じた鉱物の一部がこちらです。

赤鉄鉱・石英(水晶)(Hematite, Quartz)。

大阪市立自然史博物館2017年4月下旬6 赤鉄鉱・石英(水晶)(Hematite, Quartz)




黄鉄鉱(Pyrite)。

大阪市立自然史博物館2017年4月下旬7 黄鉄鉱(Pyrite) スペイン




銀星石(Wavellite)。

大阪市立自然史博物館2017年4月下旬8 銀星石(Wavellite) アメリカ合衆国




球状閃緑岩(ナポレオン岩)(Orbicular diorite)。

大阪市立自然史博物館2017年4月下旬9 球状閃緑岩(ナポレオン岩)(Orbicular diorite) オーストラリア




石英(水入り瑪瑙)(Quartz(Agate))。

大阪市立自然史博物館2017年4月下旬10 石英(水入り瑪瑙)(Quartz(Agate)) ブラジル




そして砂漠の薔薇。

重晶石(砂漠の薔薇)(Barite)。

大阪市立自然史博物館2017年4月下旬11 重晶石(砂漠の薔薇)(Barite) アメリカ合衆国




石膏(砂漠の薔薇)(Gypsum)。

大阪市立自然史博物館2017年4月下旬12 石膏(砂漠の薔薇)(Gypsum) メキシコ

特別展タイトルの地球のワンダーの意味が
すごくわかった気がしました。
人工的に作られたのではないかと思うほど見事な形状、
そしてカラフルな色彩など、
不思議な石がたくさんあるのだと只々驚嘆しました。
そしてこのとき私はすでに鉱物の美しさに魅了されていたのです。




化石コレクションでは、
和泉層群から発見された白亜紀後期の化石が
展示されてありました。

こちらはノジュールの展示です。

大阪市立自然史博物館2017年4月下旬13 ノジュール
大阪市立自然史博物館2017年4月下旬14 ノジュールの一部を割ったところ

下は割ったところ。

化石を見つけるにはまずノジュールを見つけることと
何かの本で読んだ記憶があります。




隣にはアンモナイトの化石が展示されてありました。

大阪市立自然史博物館2017年4月下旬15 アンモナイト メヌイティスの化石 讃岐山脈

アンモナイトの化石は大きなものばかりでした。




香川県から見つかった恐竜化石(椎体)の展示もありました。

大阪市立自然史博物館2017年4月下旬16 ハドロサウルス類の可能性が高い脊椎化石
大阪市立自然史博物館2017年4月下旬17 ハドロサウルス類

ハドロサウルス類の化石である可能性が
高いと考えられているようです。




エンコダスの頭骨の一部の化石。

大阪市立自然史博物館2017年4月下旬18 エンコダスの頭骨の一部の化石
大阪市立自然史博物館2017年4月下旬19 Enchodus petrosus




ほかの脊椎動物の化石の一部がこちら。

モササウルス類の顎の一部の化石。

大阪市立自然史博物館2017年4月下旬20 モササウルス類の顎の一部の化石




ラブカ類の歯の化石(上)とカグラザメ類の歯の化石(下)。

大阪市立自然史博物館2017年4月下旬21 ラブカ類の歯の化石
大阪市立自然史博物館2017年4月下旬22 カグラザメ類の歯の化石




再びアンモナイト(異常巻き)の化石が展示されてありました。

大阪市立自然史博物館2017年4月下旬23 ディディモセラスの化石 異常巻きのアンモナイト
大阪市立自然史博物館2017年4月下旬24 ディディモセラスの化石
大阪市立自然史博物館2017年4月下旬25 ノストセラスの化石




ほかマツ科の植物の化石(上)やリヌパルス(エビ)の化石(下)。

大阪市立自然史博物館2017年4月下旬26 マツ科の植物の化石
大阪市立自然史博物館2017年4月下旬27 リヌパルス(エビ)の化石

化石展示はアンモナイトにしろ、木の化石にしろ、
大きなものが多く、さらに香川県初となる恐竜化石を含め、
インパクトがある内容でした。
化石探しをしたことはほとんどないけれど、なぜか高まる興味~。
ノジュールって慣れてくるとわかるようになるんでしょうか。




47都道府県の石の展示では
どこかで見たことがあるような馴染み深い石や
変わった石、美しい石などがたくさんありました。

個人的なピックアップがこちらです。

宮崎県の鬼の洗濯岩(砂岩泥岩互層)。

大阪市立自然史博物館2017年4月下旬28 鬼の洗濯岩(砂岩泥岩互層) 宮崎県




京都府の桜石。

大阪市立自然史博物館2017年4月下旬29 桜石(Cherry flower stone; Cordierite pseudomorph) 京都府




山梨県の日本式双晶水晶。

大阪市立自然史博物館2017年4月下旬30 日本式双晶水晶(Rock Crystal; Japanese twin) 山梨県

ちなみに大阪府の石として展示されていたのは
ドーソン石でした。
聞きなれない石ですが、大阪南部の和泉層群には多いようです。

今回の特別展ですっかり石に魅了された私です。
北川隆司教授の本「教授を魅了した大地の結晶」を
思わず購入してしまいました。

おわり。






Last updated  2017年05月06日 12時08分52秒

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.