3019603 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

海水魚が好き!

PR

Profile


ホムラsp

Recent Posts

Category

Calendar

Archives

2020年02月
2020年01月
2019年12月
2019年11月
2019年10月
2019年11月11日
XML
カテゴリ:その他の生物
小さなイソギンチャクを水槽内に入れると、
行方不明になることが必須であるため、
隔離ケースに入れて飼育するようにしています。

こちらはその小さなイソギンチャクの一部。

頭足類1 深海性イソギンチャク

水深200mよりやってきた深海性の個体です。
たまにスリットを抜けていく個体がいるので、
注意が必要です。

さてタイトルのこと。

イソギンチャクの右側には結節状のものが写っており、
最初はこれが何かわかりませんでした。

イソギンチャクが吐き出したエサが
浮いているのかと思ったりもしました。

しかしよく観察してみると、眼のようなものがあり、
時々変な動きをしていることに気付きました。

ひょっとしてタコあるいはイカなのではと思い、
取り出してシャーレに入れました。

予想通りでした!

頭足類2

シャーレ内では周囲の色に合わせて
白っぽくなりました。

水槽内で頭足類を見つけたのは今回が初めて。
少し感激しました。
と同時になぜこんなところにいるのかと
疑問を持ちました。

何らかの形でincidentalに持ち込んだものだと思います。
この水槽には深海生体しかいないので、
深海生体と同時にやってきた可能性も考えられます。
となるとこれも深海性?
ちょっとだけ勝手な想像をしてみました。
まぁ違うと思いますがね。






Last updated  2019年12月19日 06時04分08秒
[その他の生物] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.