2976277 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

海水魚が好き!

PR

Profile


ホムラsp

Recent Posts

Category

Calendar

Archives

2020年01月
2019年12月
2019年11月
2019年10月
2019年09月
2019年08月
2019年07月
2019年06月
2019年05月
2019年04月

全1480件 (1480件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

海水魚

2019年11月15日
XML
カテゴリ:海水魚
アカグツ(Halieutaea stellata)です。

アカグツ(Halieutaea stellata)2

以前に掲載した個体です。

最近は水槽前面にいることが多くなりました。
それでかわいいやつだなぁ~と思い近付くのですが、
逃げていくことが多いです。
水槽環境には慣れたのかもしれませんが、
人馴れはしていないようです。
でも逃げていくというのは、
元気な状態だと思われるので
決して悪くないような気もします。
(写真撮影時は逃げませんでしたけれど。)

エサやりには給餌棒を使っています。
1回の給餌量とか、給餌頻度とか、
最初は試行錯誤の状態でしたが、
何となくわかってきたような気がします。
でも長期飼育が難しいという既知の知見があるので、
このままうまく行くとは思えないです。
という面においては、
まだまだ試行錯誤の段階かもしれませんね。






Last updated  2019年12月25日 08時08分28秒
2019年11月13日
カテゴリ:海水魚
ネプチューングルーパーと言われる海水魚、
シマハタ(Cephalopholis igarashiensis)です。

シマハタ(Cephalopholis igarashiensis)89 深海魚飼育 ネプチューングル―パー

水換え途中の写真。
エサをねだっているようです(笑)。

寒い時期の水換えには注意。
特にこの水槽においては水換え量が多いので、
水温変化には気を配っています。
という面においては少々面倒かもしれませんね。

早く暖かくなってほしいなぁ。
春が待ち遠しいです。






Last updated  2019年12月20日 08時04分15秒
2019年11月09日
カテゴリ:海水魚
深海より採集したイトマキフグ(Kentrocapros aculeatus)。

イトマキフグ(Kentrocapros aculeatus)1 深海魚飼育

調整を行ってから普通に泳ぐようになり、
その後の餌付け段階。
給餌棒を用いたエサやりで何とか人工餌を
食べさせることに成功しましたが、
次第にイトマキフグの拒否行動が目立ってきたため、
少し控えることにしました。

隔離ケース内にはエサとして、
イソスジエビ、深海採集の小さなカニ、
解凍したオキアミなどを入れていました。

これらに対する摂餌行動を確認できなかったので、
カニだけを残してほかのエサを取り出しました。

翌日水換えをしていると、
イトマキフグの排泄物らしきものを発見しました。
確認すると、なんとイソスジエビの頭胸甲などが混ざっていました。
いつの間にか食べていたようですね。

ということで、
イソスジエビをケースに入れてしばらくの間観察。
すると追いかけて食べているではありませんか。

ついに来た~♪

とりあえずひと安心です。






Last updated  2019年12月16日 09時41分22秒
2019年11月07日
カテゴリ:海水魚
消灯後のベニカワムキ(Triacanthodes anomalus)を
撮影しようと思い、ライトで照らして場所を確認。
そして撮影しました。

ベニカワムキ25 Triacanthodes anomalus 深海性のフグ飼育

でも背鰭が立って警戒モードになっていました。
撮影前にライトで照らしていたのが原因かも…。
ごめん、ごめん。
せっかく休憩中だったのにね。

~~~~~

最近おもろすぎかも。
深海生体の充実さ。
これやめられへんやろ。
って思わず関西弁出てもうたわ。






Last updated  2019年12月13日 03時54分08秒
2019年11月05日
カテゴリ:海水魚
写真はベニカワムキ(Triacanthodes anomalus)。

ベニカワムキ24 Triacanthodes anomalus

深海性のフグです。
飼育を始めてから少し経過しました。

給餌棒を用いた状態ではあるものの、
順調な摂餌と排泄が持続しています。
このままうまくいくように努力したいですね。

ちなみに少し前に深海より採集したイトマキフグも
何とか摂餌させることに成功しました。
あとは排泄の確認です。
こちらも頑張って飼育したいと思います。






Last updated  2019年12月11日 06時16分09秒
2019年11月03日
カテゴリ:海水魚
こちらは某氏といっしょに採集した
キホウボウ(Peristedion orientale)です。

キホウボウ(Peristedion orientale)2 深海魚飼育

以前掲載したキホウボウと同じ個体です。

採集時にはキホウボウに対してまったく目もくれない某氏。
なぜ興味がないのか質問してみたところ、
「3日後にはダメになるから」とのことでした。

そう言われながらもお持ち帰りしたキホウボウでしたが、
某氏の予想通り、3日後にダメになってしまいました。
難しいものです…。
採集魚の選別とその後の調整を再考する必要がありそうです。






Last updated  2019年12月11日 02時36分39秒
2019年10月31日
カテゴリ:海水魚
写真はイトマキフグ(Kentrocapros aculeatus)と
キホウボウ(Peristedion orientale)。

イトマキフグ(Kentrocapros aculeatus)とキホウボウ(Peristedion orientale)1 深海魚飼育

いずれも最近、深海(水深200-300m)より採集し、
調整を行った個体です。
(深海魚採集のことはまたいつか書きたいと思います。)
現在隔離ケースに入れて経過を観察している途中。
このまま問題なく経過し、
摂餌・排泄がうまくいくといいのですが…。

ちなみにケースの手前に写っているのは、
かなり前より飼育している
カスミサクラダイ(Plectranthias japonicus)。

カスミサクラダイ(Plectranthias japonicus)1 深海魚飼育

この水槽に先住している深海魚です。
写真撮影をエサだと思って
近寄ってきたのかもしれませんね。
かわいいやつです。






Last updated  2019年12月03日 12時55分05秒
2019年10月27日
カテゴリ:海水魚
最近漁師さんからいただいたのが
こちらのアカグツ(Halieutaea stellata)。

アカグツ(Halieutaea stellata)1

水深200-300mより採集された個体。
擦れもなく非常にいい状態です。
ただ以前より水槽は飽和状態ですので、
飼育スペースがなく何度か断ったのですが、
「持っていって…」という甘い言葉に負けて
お持ち帰りしてしまいました。
一部の魚を移動させて飼育スペースを確保しましたが、
正直なところ長生きさせる自信はありません。

ところでこのアカグツですが、
オキアカグツ(Halieutaea fitzsimonsi)との区別が悩ましく、
背面の模様で区別しようとしたら混乱してしまいました。
結局のところ腹面を確認して区別したのですが、
未だに少し悩んでいます。
いずれはほかの部位も確認したいと思っています。






Last updated  2019年10月31日 17時44分47秒
2019年09月13日
カテゴリ:海水魚
少し前にお持ち帰りした深海魚です。

梱包8 深海魚

写真は梱包時のもの。

バラハナダイ(Odontanthias katayamai)です。

梱包9 バラハナダイ(Odontanthias katayamai)

追加となる個体のうちの1匹。
写真は空輸する前の最後の状態確認。

バラハナダイをいっしょに飼育すると喧嘩するので、
以前より飼育している個体と
これらの個体はそれぞれ別々に飼育しています。
リフジウム水槽、大活躍~。






Last updated  2019年09月13日 03時40分18秒
2019年08月31日
カテゴリ:海水魚
沖縄の深海よりU氏によって採集された
シマハタ(Cephalopholis igarashiensis)です。

シマハタ(Cephalopholis igarashiensis)88 深海魚飼育 ネプチューングル―パー

飼育開始から7年が過ぎ、8年目に突入しています。
今のところこれといった問題はありません。

海の中ではでは結構長生きするようですが、
水槽内ではどれぐらい生きるのでしょうね。

長期飼育に向けて頑張っていきたいと思います。






Last updated  2019年08月31日 23時33分49秒
このブログでよく読まれている記事

全1480件 (1480件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.