2886460 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

海水魚が好き!

PR

Profile


ホムラsp

Recent Posts

Category

Calendar

Archives

2019年06月
2019年05月
2019年04月
2019年03月
2019年02月

全462件 (462件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 47 >

磯採集

2014年01月12日
XML
カテゴリ:磯採集
沖縄の沖合、水深200mを越える場所から、
バラハナダイ、イッテンサクラダイ、ハタタテヒメ、
スミツキハナダイsp.などを採集~♪

バラハナダイ(Odontanthias katayamai)。

バラハナダイ(Odontanthias katayamai)2

水深200mを越えるとバラハナダイが大量に採集されました。
もちろん場所によりますが…。
ただ、そのすべてがあまり膨らんでおらず、
鰾が破裂したと思われました(汗)。
さらに良くないことに脱腸をきたしている個体も多く見られました。
また水温変化(およそ10℃の変化)による
ダメージもあるだろうと思われました。




こちらはイッテンサクラダイ(Odontanthias unimaculatus)。

イッテンサクラダイ(Odontanthias unimaculatus)1

バラハナダイに混じって採集された個体。




深海ではないけれど、水深100-200mより、
マダラハナダイ、ミヤコベラ、スジキツネベラ、トラギスの仲間などを採集。

マダラハナダイ(Odontanthias borbonius)。

マダラハナダイ(Odontanthias borbonius)2

水深100-200mになるとバラハナダイは採集されず、
もっぱらマダラハナダイばかり。
かなり多く生息しているような印象です。




こちらはミヤコベラ(Choerodon robustus)。

ミヤコベラ(Choerodon robustus)1

初めて見る深場の珍しいベラでした。

生かすための深海魚の採集方法、生かす深海魚の選別、採集後の処置など、
これらはホムラspが当初より欲していた知識、技術でありました。
ちょっとだけ勉強になったかもしれませんね。感謝~♪






Last updated  2014年01月14日 01時54分03秒
2014年01月11日
カテゴリ:磯採集
2013年は和歌山の紀北で磯採集を行うことが多く、
紀南や沖縄での磯採集の頻度は少なめでした。

紀北ではトビイトギンポの採集が印象に残りました。

トビイトギンポ(Zoarchias glaber)1

この魚の同定に関しましてたくさんの方にお世話になりました。
さらにオオカズナギとの鑑別についての知見も御教授いただき、
誠に感謝いたしております。

あと印象に残ったことと言えば、
沖縄でのクレナイヒメホンヤドカリの発見。

クレナイヒメホンヤドカリ(Pagurixus ruber)2

今まで探していたけれど見つからず、ついに発見。
実はこのときこの発見だけですでに満足し、
沖縄まで来た甲斐があったと思ったものです。

現在2014年の磯採集の目標を考え中~♪






Last updated  2014年01月12日 23時06分59秒
2013年11月10日
カテゴリ:磯採集
2013年9月下旬の採集の記録です。

トビギンポさんかと思いましたが、
エソ科の仲間のお魚さんでした。

串本磯採集2013年9月下旬13 エソ科(Synodontidae)の種

ちょっと残念。




オキフエダイ(Lutjanus rivulatus)さんです。

串本磯採集2013年9月下旬14 オキフエダイ(Lutjanus rivulatus)




コトヒキ(Terapon jarbua)さん。

串本磯採集2013年9月下旬15 コトヒキ(Terapon jarbua)




クロサギ(Gerres equulus)さん。

串本磯採集2013年9月下旬16 クロサギ(Gerres equulus)




カマス科の仲間のお魚さんだと思うのですが…。

串本磯採集2013年9月下旬17 カマス科(Sphyraenidae)の種




ニジギンポ(Petroscirtes breviceps)さん。

串本磯採集2013年9月下旬18 ニジギンポ(Petroscirtes breviceps)




コガシラベラ(Thalassoma amblycephalum)さん。

串本磯採集2013年9月下旬19 コガシラベラ(Thalassoma amblycephalum)




ほかにもいろいろと…。

串本磯採集2013年9月下旬20 ヤガラ科(Fistulariidae)の種
串本磯採集2013年9月下旬21 ダルマガレイ科(Bothidae)の種
串本磯採集2013年9月下旬22 フサカサゴ科(Scorpaenidae)の種

タイドプールで採集をしていると、
採集家の方が話しかけてこられました。
情報交換をいろいろと…。勉強になりました。

今回大したものは取れていません。
でもこのような普段見かけるお魚さんが、
いつものようにいることが大切。
これらのお魚さんがいなくなることを考えるとぞっとします。

おわり。






Last updated  2013年12月01日 12時27分22秒
2013年11月05日
カテゴリ:磯採集
串本のタイドプール~♪

串本磯採集2013年9月下旬7 タイドプール

今年はほとんど(串本に)行かなかったので、とても新鮮。
いいねぇ~。




ちょっと淀んでいます。

串本磯採集2013年9月下旬8 シュノーケリング

台風の影響かな…。




タイドプールにいたヤハズハゼ(Bathygobius cyclopterus)さん。

串本磯採集2013年9月下旬9 ヤハズハゼ(Bathygobius cyclopterus)

最近、いろいろあってハゼさんを意識して
観察するようになりました♪とても奥が深そうです。




コノハミドリガイ(Elysia ornata)さん。

串本磯採集2013年9月下旬10 コノハミドリガイ(Elysia ornata)




アオヒゲヒラホンヤドカリ(Pagurus decimbranchiae)さん。

串本磯採集2013年9月下旬11 アオヒゲヒラホンヤドカリ(Pagurus decimbranchiae).

串本に来たって感じがしていいですね♪




ソデカラッパ(Calappa hepatica)さんですね。

\串本磯採集2013年9月下旬12 ソデカラッパ(Calappa hepatica)

沖縄ではたくさん見つかるけれど、
串本では意識して探さないと見つからないような…?

つづく。

~~~~~

保存したと思っていた勉強会用の資料を消去してしまい、
リカバリーソフトで途中保存した資料を何とか復活。
最終の作成資料は保存していないので、
もう一度作成しなくては…(汗)。






Last updated  2013年11月24日 00時56分18秒
2013年11月02日
カテゴリ:磯採集
2013年9月下旬に串本へ磯採集に出かけました♪

阪和自動車道の紀ノ川サービスエリアからの眺望。

串本磯採集2013年9月下旬1 紀ノ川サービスエリア

ここでドリンクを購入しました。
そして串本へ直行して宿泊。




翌朝の日の出。

串本磯採集2013年9月下旬2 日の出




朝食を済ませ、ホテルの庭を散歩。

串本磯採集2013年9月下旬3
串本磯採集2013年9月下旬4 ハイビスカス




橋杭岩が見えます。

串本磯採集2013年9月下旬5 橋杭岩




そしてとある磯へ…。

串本磯採集2013年9月下旬6 磯

台風のあとでしたが、見渡してみると人がちらほらと…。
みんな磯採集が目的ですね。(いや違うか(笑)。)

つづく。






Last updated  2014年09月01日 22時49分54秒
2013年10月15日
カテゴリ:磯採集
2013年9月の和歌山の磯採集の記録の続きです。

潮溜りです。

和歌山磯採集2013年9月上旬6 潮溜り(タイドプール)

丁寧に観察するとキリがないです。




今回採集した生物です。
コトヒキ(Terapon jarbua)さんの稚魚です。

和歌山磯採集2013年9月上旬7 コトヒキ(Terapon jarbua)の稚魚

和歌山県立自然博物館の揖学芸員さまに教えていただきました。
ありがとうございました。




テンジクスズメダイ(Abudefduf bengalensis)さん。

和歌山磯採集2013年9月上旬8 テンジクスズメダイ(Abudefduf bengalensis)




メバルさん。

和歌山磯採集2013年9月上旬9 メバル

シロメバルさんでいいのかな???
よくわからないです。
これからは両眼の間の斑紋も確認しておこうと思いました。




ナベカ(Omobranchus elegans)さん。

和歌山磯採集2013年9月上旬10 ナベカ(Omobranchus elegans)




イボトゲガニ(Hapalogaster dentata)さん。

和歌山磯採集2013年9月上旬11 イボトゲガニ(ヒラトゲガニ)(Hapalogaster dentata)




カニさん。

和歌山磯採集2013年9月上旬12 カニ

(ヨツハモガニさん???)
この仲間の区別はいつも悩みます。




イソスジエビ(Palaemon pacificus)さん。

和歌山磯採集2013年9月上旬13 イソスジエビ(Palaemon pacificus)




キリオレ(Viriola tricincta)さん。

和歌山磯採集2013年9月上旬14 キリオレ(Viriola tricincta)

キセルガイ同様、左巻きの巻貝です。
この巻貝の同定において、
揖学芸員さま、松野学芸員さまにお世話になりました。
ありがとうございました。




潮が満ちてきました。

和歌山磯採集2013年9月上旬15 磯

磯採集は終わり~。






Last updated  2015年05月13日 20時43分24秒
2013年10月14日
カテゴリ:磯採集
2013年9月の磯採集の記録です。
よく行く紀北の磯です。

和歌山磯採集2013年9月上旬1 磯
和歌山磯採集2013年9月上旬2 磯




たくさんのヤドカリさんたち~。

和歌山磯採集2013年9月上旬3 ホンヤドカリ(Pagurus filholi)

写真ではわかりませんが、
ホンヤドカリ(Pagurus filholi)さんだったはず…?
でもちょっと自信なし(汗)。




ミヤコウミウシ(Dendrodoris denisoni)さん。

和歌山磯採集2013年9月上旬4 ミヤコウミウシ(Dendrodoris denisoni)




ゴンズイ(Plotosus japonicus)さんの幼魚の群れ。

和歌山磯採集2013年9月上旬5 ゴンズイ(Plotosus japonicus)

ミナミゴンズイさんは沖縄にしかいないようなので、
ゴンズイさんでいいのでしょうね。

つづく。

~~~~~

磯採集の記録がずいぶんとたまってしまいました(汗)。
ボチボチ書いていこうと思います。






Last updated  2013年11月06日 02時35分05秒
2013年09月25日
カテゴリ:磯採集
水深200mを越える深さから採集されたお魚さんたちです。

大量に採集されるバラハナダイ(Odontanthias katayamai)さんたち~♪

沖縄深海魚採集2013年7月下旬5 バラハナダイ(Odontanthias katayamai)
沖縄深海魚採集2013年7月下旬6 バラハナダイ(Odontanthias katayamai)

やっぱり美しい~。この色彩に魅せられてしまいました。




そしてイッテンサクラダイ(Odontanthias unimaculatus)さん~♪

沖縄深海魚採集2013年7月下旬7 イッテンサクラダイ(Odontanthias unimaculatus)




そのほかのお魚さんたち~♪

沖縄深海魚採集2013年7月下旬8
沖縄深海魚採集2013年7月下旬9 Selenanthias sp.
沖縄深海魚採集2013年7月下旬10 イズハナダイ属(Plectranthias)の種

減圧症を患ったお魚さんばかりです。
一番最後のイズハナダイ属(Plectranthias)のお魚さんなんかは
眼がとび出てしまっています(汗)。

でも眼がとび出ている、体が膨らんでいるというのは
まだ鰾がruptureしていないということなのでは…。

Ruptureしてairがleakすると膨らみが軽減されてしまうんじゃないかな…。
(最初のバラハナダイさんたちのように…。)
そんな風に思ったりも…。
まぁ魚種や採集水深、採集方法などにもよると思いますが。




帰りの那覇空港です。

沖縄深海魚採集2013年7月下旬11 那覇空港

ANA便を利用しました。




そして機内食~♪

沖縄深海魚採集2013年7月下旬12 ANA機内食

おわり。

~~~~~

海水生体を飼育しているホムラspが
気をつけなければいけないMycobacterium marinumの感染。
手指に傷があるときには要注意です。
実はちょっと前に手指に傷を負ってしまいました。
そういやその前にも…(汗)。

このM. marinumは熱に弱く、37℃ではほとんど発育できず、
42℃では発育しなくなります。
それで治療法のひとつとして、
局所の温熱療法が有効と報告されています。

ちなみに同じ抗酸菌であるM. tuberculosisは
喀痰内において100℃で5分以上も耐えられるようです。
5分未満の熱湯による殺菌では効果がないのかもしれませんね。

参考図書:皮膚抗酸菌症テキスト(金原出版)






Last updated  2013年10月27日 00時34分50秒
2013年09月20日
カテゴリ:磯採集
船で目的地まで…。

沖縄深海魚採集2013年7月下旬1

いつものことながら気持ちがいいです♪




以前にも掲載したことがあるのですが、
この日の海は途中からべた凪~。

沖縄深海魚採集2013年7月下旬2 べた凪

美しい海です。船の上からしばらくの間眺めていました。
いや、正確には水面近くを漂っているプランクトンを
ずっと観察していたと言うべきか…。
ものすご~く大量のプランクトンがいました。
波があるとわからないですね。
ちなみにここ水深220mです。




そんな場所から採集された底もののお魚さんたち。
ハタタテヒメ(Aulopus sp.)さんです。

沖縄深海魚採集2013年7月下旬3 ハタタテヒメ(Aulopus sp.)

現在飼育中です。
でも今思うとこの陽射しはよくなかったです。




ほかにも…。

沖縄深海魚採集2013年7月下旬4 エソ科(Synodontidae)の種

状態いいですね。でも飼育対象ではありませんが…。

バラハナダイなどの採集へとつづく。






Last updated  2013年10月19日 01時57分19秒
2013年09月08日
カテゴリ:磯採集
少しだけ船で場所を移動して、河口近くの海へ…。

沖縄磯採集2013年7月下旬25 海




もちろん淀んでいます。

沖縄磯採集2013年7月下旬26 海




透明度がよくないです。

沖縄磯採集2013年7月下旬27 シュノーケリング

写真には写っていませんが、
イトマンクロユリハゼさんらしきお魚さんがちらほら…。




たぶんハナミノカサゴ(Pterois volitans)さん。

沖縄磯採集2013年7月下旬28 ハナミノカサゴ(Pterois volitans)




マダラヨコバサミ(Clibanarius humilis)さん。

沖縄磯採集2013年7月下旬29 マダラヨコバサミ(Clibanarius humilis)

宿貝から出てしまいました。ごめんよ~。




キンセンイシモチ(Apogon properuptus)さんと
ヤライイシモチ(Cheilodipterus quinquelineatus)さんたち。

沖縄磯採集2013年7月下旬30 キンセンイシモチ(Apogon properuptus)とヤライイシモチ(Cheilodipterus quinquelineatus)

採集こそしたものの、お持ち帰りしたお魚さんはいませんでした。

翌日の深海魚採集へとつづく。






Last updated  2013年09月24日 22時17分53秒

全462件 (462件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 47 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.