2154992 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

hongming漫筆

PR

Comments

hongming@ Re:ブルーレイが再生できない(11/30) 随分遅くなりましたが、やっと試しました…
ヤヤカカ@ Re:ブルーレイが再生できない(11/30) Leawo Blu-ray Playerというソフトをおす…

Freepage List

Recent Posts

Archives

Keyword Search

▼キーワード検索

2012.06.26
XML
カテゴリ:アウトドア
 昨日の続き。

 広浦公園キャンプ場は、宿泊利用者だけが、公園に近い第一駐車場を利用できることになっているのだが、ルールを無視して駐車している人もいるようだ。
 オートキャンプではなく、駐車場から荷物を運ぶのだが、たいした距離ではない。

 涸沼は釣りができるところで、腰まで水につかって竿を振っている人が何人もいた。
 宿泊利用はテントのわたしと、スペースキャビンのグループ二組のみ。
 そちらのグループは夜になったら炭火でバーベキューを始めた。
 わたしはと言えば、受付後、買い出しに出かけて、買ってきたもの。
 スーパーが見当たらないので、大洗キャンプ場の近くまで行った。
 メインはこれ。

 スーパーに行く途中にあった直売所で買ったしじみ。涸沼はシジミの産地なのである。厚みがあって大きい。これで500円。サービスで、ペットボトルの氷をつけてくれた。

 インスタント味噌汁の素でシジミの味噌汁。あとはおにぎり。

 夜はテントの中で過ごす。
 モバイルPCを持って行って、WiMAXでインターネットができるかと思ったが、圏外だった。WiMAXの公式サイトではサービスエリアになっているのに。
 ポータブルDVDで録画しておいたものを見たりしていたのだが。
 何と、バイクで乗り込んで騒音をまき散らすのがいた。
 スペースキャビンのグループの仲間なのかどうかわからない。
 翌日、公園の作りを確認したら、バイクは入れてしまうのだ。
 管理を請け負っている広浦屋さんだって、それで生計を立てているわけではないだろうし、こんなことは想定していないだろう。迷惑千万。

 それでも夜中には静かになった。
 そして朝食。

 昨日、スーパーで買ってきたスープ餃子ともやし野菜。
 ベンチがあるので、そこで食べた。
 早朝から、漁業関係者が涸沼で小舟を走らせている。


 広浦公園から見えた廃墟。
 何だったんだろう。

 公営のキャンプ場であり、テント一張り2000円というのは安い。水道もトイレもかまどもある。
 しかし、管理しきれないというのは利用者としては困るところだ。
 町や管理者の責任ではなく、バイクで乗り込むようなやつが悪いのだが、防ぎようがない。

 やはり、快適さを求めるのなら、管理のしっかりしたところに行くしかない。
 涸沼には、「涸沼自然公園」という大きな公園があり、管理されたキャンプ場がある。ちょっと入って中を見るということもしにくい作りになっている。
 こういうところを利用した方が無難だろう。
 オートキャンプではなくてもいいのなら、大洗キャンプ場が、管理されていて、広くて、スーパーも近くにあって快適だろう。
 (大洗にはサンビーチにもキャンプ場があるが、そちらは利用したことがないのでわからない)

キャンレポお助け隊






Last updated  2016.10.08 21:06:56
コメント(0) | コメントを書く
[アウトドア] カテゴリの最新記事


Category

Favorite Blog

駐車場にて New! せいやんせいやんさん

Shopping List

Headline News


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.