2182807 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

hongming漫筆

PR

全461件 (461件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 47 >

カテゴリ未分類

2020.11.23
XML
テーマ:家庭菜園(45120)
カテゴリ:カテゴリ未分類


 野菜を作っても自宅では食べきれないので、職場へ持って行って配る方が多い。
 しかし、大根は難物で、大きいものを電車で持って行くのは大変。
 今年、種を見ていたら、「源助大根」という、長さが20㎝~30㎝という短い種類のものがあった。
 これなら持って行くのが楽だろうと、作ってみた。
 収穫したのがその「幻末大根」。葉の方が長い。葉も食べてもおいしい。






Last updated  2020.11.23 22:48:57
コメント(0) | コメントを書く


2020.11.21
カテゴリ:カテゴリ未分類
「​一太郎で青空文庫​」に、岡本綺堂作品を追加しました。
 「江戸の化物」「小阪部伝説」「水鬼」「停車場の少女」「木曽の旅人」「海亀」です。






Last updated  2020.11.21 19:39:52
コメント(0) | コメントを書く
2020.11.16
カテゴリ:カテゴリ未分類
最近「半七捕物帳」を読み直したのをきっかけに、久しぶりに「青空文庫」収録のものを一太郎化。
 「​一太郎で青空文庫​」に、「御堀端三題」と「虎」を追加しました。






Last updated  2020.11.16 10:26:22
コメント(0) | コメントを書く
2020.08.21
カテゴリ:カテゴリ未分類


 先日放送されたのを録画しておいて、今日見た。
 この映画は2種類あって、最初に公開された版と編集しなおした「オリジナル版」がある。
 映画館で見た記憶があり、てっきり、薬師丸ひろ子が有名になってから見たのだと思っていたのだが、どうも記憶が怪しい
 二度目の公開は「うる星やつら オンリー・ユー」と二本立てだったというのだが、これは「ションベン・ライダー」と二本立てで見た記憶がある。どうなっているんだ。俺の記憶。
 今回見たのは「オリジナル版」なのだが、驚いたのは、主人公が薬師丸ひろ子ではなく鶴見辰吾だったこと。「オリジナル版」は薬師丸ひろ子主演のように編集しなおしたものらしいが、それでも主人公は鶴見辰吾だとわかる。
 尾美としのりが出ていたことは覚えていた。角川三人娘全員に振られた俳優だ。
 担任が円広志だったことも覚えていたが、鶴見辰吾が出ていたことはすっかりわすれていた。どうなっているんだ、俺の記憶。
 高校生の飲酒や年上の女性との関係などは、今では描けない場面だろう。
 脚本が丸山昇一で、当時の女子高生の使う言葉を知るために、女子高生の会話を聞いていたというのは何かで読んだ。「まいど」や「おろかね」というのは当時のはやり言葉だったのかなあ。
 玄関のドアに鍵をかけていないところなど、当時としても変なのだが、元々があり得ない話で、最初はギャグ漫画として始まったと記憶している。
 原作者の柳沢きみおはとりいかずよしのアシスタントだった。「女だらけ」のようなものを描こうとして描き始めたのにだんだんシリアスになっていって、その後の彼のマンガの方向を決めることになったのではないかと思う。






Last updated  2020.08.21 19:33:53
コメント(0) | コメントを書く
2020.07.24
カテゴリ:カテゴリ未分類
午後、畑に行って草取り。1時間ほど頑張ったが、取り切れない。サツマイモの所はどうにか取り切ったが、サツマイモの茎もずいぶん間違ってちぎってしまった。
 その後、久しぶりにスーパー銭湯へ。
 コロナ騒ぎが始まってからずいぶん休業していたし、天気が悪くて休日に畑に行けないことが多かったため、本当に久しぶりに行った。
 入り口に手指消毒用にアルコールがあるのは今や珍しくないが、受付で体温チェックがあったのには驚いた。
 入ってみると、洗い場も一つおきに使うようになっていた。昔に比べると利用者も減っている。
 露天風呂との出入り口も換気のために開けっぱなしになっていた。
 以前は、何度もサウナに入ったりして1時間ぐらいはいたのだが、最近は体力も落ちているので30分で切り上げたが、久しぶりの広い浴槽やサウナや水風呂を堪能できてさっぱりした気分。






Last updated  2020.07.24 20:48:13
コメント(0) | コメントを書く
2020.06.21
カテゴリ:カテゴリ未分類
10年前の盲腸以来、何度も入院している。
 清掃や調理などさまざまな部署で医療に携わっている方々にはひたすら感謝するばかりだ。
 しかし、この記事を読んで、今まで気づかずにいたことがあったことを思い知らされた。
シーツ洗濯を拒否される病院続々、業者が感染懸念…3か月分たまった例も
 そうか。業者にしてみればそうだよね。業者にも家族がいるわけだし。
 拒否する業者を責める気にはなれない。かといって、看護師さんたちにはシーツを洗う余裕など無い。
 紙シーツのようなものを開発して使い捨てにするようになっていくのかもしれないが、その使い捨てスーツの処理を拒否する業者も出てくるだろう。
 どうすればいいのかわからない。解決策はない。
 こんな状況の中でも様々な患者の対応に当たってくださっている皆さん、清掃や調理に携わってくださっている皆さんには感謝の気持ちしかない。
 病院に食材を納入している業者の方、病院から出る廃棄物の処理をしてくださっている方、ほかにも私には知らないところで医療に関わっていらっしゃる方々、みなさんにはただただ感謝するばかりです。
 前にも書いたけれど、岡林信康の「友よ」を心の中で歌っています。
 「夜明け前の闇の中で」闘ってくださっている皆さん。
 「夜明けは近い」と言いたい。
 その「夜明け」を迎えるためには一人一人の行動が重要。
 自分は死んでもいいという人は多いだろう。しかしそのあなたのために死にたくないのに命を落とす人がいるかもしれない、ということを考えて行動しよう。






Last updated  2020.07.05 16:10:44
コメント(0) | コメントを書く
2020.05.27
カテゴリ:カテゴリ未分類
もともとは本体だったHP「輾転反側」は
に移転しました。






Last updated  2020.05.27 20:40:04
コメント(0) | コメントを書く
2020.04.27
カテゴリ:カテゴリ未分類
杏の「教訓I」を聞いたときに、「愛は勝つ」を歌ってもいいのではないかと思ったが、この曲は細かい転調が続く曲で、ギターの弾き語りは難しい。その後、ほかの人たちが歌った画像を見た。
 もっと今の状況にあう曲があるのではないかと思っていたら、岡林信康の「友よ」が浮かんだ。
 「夜明け前の闇」の中にいる状況だが、「夜明けは近い」。
 頭の中でこの歌を歌っていたら涙が出た。






Last updated  2020.04.27 21:39:16
コメント(0) | コメントを書く
2020.04.21
カテゴリ:カテゴリ未分類
今までに何度も入院している。
 医療崩壊を目前にして現場の方々は苦闘なさっておいでのことだろう。
 入院すればわかるが、バンドの周りをきれいにしてくれる人もいるし、入院患者のために食事を作ってくれる人もいる。
 受付の人もいれば会計担当の方もいる。
 そういう方々の命がけの勤務によってなんとか現状が保たれているようだ。

 コンビニは開いているし近所のスーパーで買い物もできる。

 仕事をしてくださっているすべてに方々に感謝します。
 ありがとうございます。






Last updated  2020.04.21 20:40:05
コメント(0) | コメントを書く
2020.04.14
カテゴリ:カテゴリ未分類
午前中、家にいると車の音が聞こえる。
 ゴミの回収車のおとだ。
 可燃ゴミ、不燃ゴミなど毎日集めに来てくれる。
 ありがとう。
 ありがとうございます。






Last updated  2020.04.14 11:23:26
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全461件 (461件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 47 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.