000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

hongming漫筆

PR

全495件 (495件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 50 >

旅行・観光・名所・レジャー・おでかけ

2019.08.05
XML
ホテルリブマックス八王子駅前店
 加治丘陵を歩いた後、八王子で1泊。
 初めて泊まったホテル。「駅前店」とはいっても駅前ではない。少し歩く。その分静かでいい。
 建物は新しい感じだが、フロントは狭い。最低限のものしかない感じだが必要なものはそろっている。私のように、寝られればいいという人間にぴったり。
 駅前には飲食店がたくさんある。
 使わなかったが、コインランドリーもある。これは便利。
 ベッドの足下の方にテレビがあり、横になったまま見られる。
 安くていいところだった。






Last updated  2019.08.05 22:27:24
コメント(0) | コメントを書く


2019.08.04
何度も行ったことがあるが、今までに行ったことのないルートを選んで、元加治駅から金子駅まで歩いてみた。
 ムーミン谷から山に入った。ここは久しぶり。
 以前、売店があって缶入りのクッキーが家族に好評だったのでそれを買おうと思ったのだが、店が見当たらない。
 レストランがあったので聞いてみたら、店はなくなり、倉庫になっているということだった。
 残念。
 暑いせいかとにかく疲れた。
 金子駅はコンビニもないようなところだった。
 駅までの道も、山を下りてしまうと町中を歩くだけになってしまった。もっとよく調べていけば、神社などを見て歩くことができたようなのだが、調べて言ったとしても暑くてそれだけの気力はわかなかったろう。






Last updated  2019.08.05 22:23:31
コメント(0) | コメントを書く
2019.05.06
草戸山に登った夜は八王子に1泊し、次の日は武蔵横手駅から物見山・日和田山を経て高麗駅へ。
 ルートはYAMAPをご覧ください。
 事前に気になっていたのは五常の滝がどうなっているか、ということ。以前は誰でも見に行けたのだが、ある企業が土地を買い占めて一般公開しない状態になっているということだった。
 ところが今回行ってみたら、5月1日から有料で一般公開していた。
 料金は大人200円子供100円。
 料金を払うと瓦せんべいのようなお菓子をくれる。
 ここに滝があることはずっと前から知っていたのに来たことがなく、もう見られなくなってしまったのかと思っていたので見られて良かった。
 企業が管理しているとはいっても営利目的ではないらしい。そんなに人が悪阻寄せるところではない。なにか思うところがあって赤字覚悟で維持管理に乗り出したのではないだろうか。
 滝は観覧台から見るようになっているのだが、岩場を滝壺の近くまで行くこともできる。
 小さい子を水流の上の岩伝いに歩かせていた人もいた。放っておいたら周囲があれてしまうという危機感があったのではないだろうか。


 おそらく儒教に対して何らかの思い入れがある人が経営しているのだろう。
 日中の儒学者を祀る祠がいくつもある。
 朱熹を祀っているが、日本の陽明学の人もいる。
 林羅山とか頼山陽とかもっといろいろいるのではないかと思うが、そんなことを言い出したら切りがない。管理者の選んだ選抜メンバーというところか。

 公式サイト






Last updated  2019.05.06 00:00:14
コメント(0) | コメントを書く
2019.05.05
草戸山の登った夜は八王子で1泊。
 泊まったのは、https://travel.rakuten.co.jp/HOTEL/67204/67204.html
 1回はコンビニエンスストアになっていて、複合ビルの一部をホテルにしているような感じなのだが、あとからホテルを作ることはないだろうから、最初からこういう作りにしてあったのだろう。
 エスカレーターで2回に上るとそこにフロントがある。
 ひげそりや歯ブラシを持っているかどうか聞かれたのは初めて。必要のないものは提供しないことになっている。寝間着も自分で持って行く。これも使わない人がいるからだろう。
 コスト削減に努めて宿泊料を抑えようという努力が感じられる。
 部屋は広くはないが清潔で快適に過ごせる。
 朝食は簡単なモーニングセット。三種類のスープとパン数種類、味付きゆで卵、コーヒー。
 パンは全種類食べたが四角いパンは甘いあんが入っていた。
 味付きゆで卵はおいしかった。
 途中で新聞が置いてあることに気づいたので、新聞を読みながらコーヒーを飲んだ。
 遅めに行ったので混んでいなくてゆっくりできた。
 料金から考えれば充分満足できるホテルだった。






Last updated  2019.05.05 19:31:05
コメント(0) | コメントを書く
2019.05.04
 先日途中で諦めた草戸山へ。
 天気がはっきりしなかったので、出かけるのが遅くなり高尾山口駅に着いた時には午後になっていた。昼食は駅に近い、夫婦二人で切り盛りしている店でとろろそば。
 赤いのは唐辛子をかけたもの。居心地のいい店ではあるが急ぐ人には向かない。
 ルートの詳細はYAMAPをご覧ください。
 とにかく後半はアップダウンが繰り返されるので、多くの人が選ぶ四つ辻からの経路の方が楽そうだ。






Last updated  2019.05.04 20:00:21
コメント(0) | コメントを書く
2019.05.03
テーマ:キャンプ場(9)

 広野に泊まった時に、キャンプ場があるというので見に行ってみた。
 写真はフリーサイト。とにかく広い公園ですぐ横が広い広い原っぱになっていて、次の写真のように遊具もある。
 ファミリー向け。ただ、買い物をする場所までは車で移動しなくてはならないので、ここにくるとなると事前準備をしっかりしておかなくてはならない。


 オートキャンプ場は少し離れた場所にあり、しっかりサイトが区切られていた。

 公式サイト






Last updated  2019.05.03 00:00:20
コメント(0) | コメントを書く
2019.04.30
帰省のついでに、少しでも景気づけになればと、広野駅前のハタゴイン福島広野に1泊した。
 駅のすぐそばだが、駅の周辺はさびれている。まだまだ人が戻ってきていないのだろう。
 ホテルの隣にはデイリーヤマザキがあるので簡単な買い物はできる。
 ホテルは昨年開業したばかりで新しい。
 食事は朝食も夕食もビュッフェ。好きなものを好きな崖食べられるのでかえって気楽。
 揚げ物は苦手なので、夕食時には種類は少ないものの刺身もあってよかった。
 ロビーは図書館のようになっていてマンガが大量に置いてある。
 新しいものばかりで若い人向け。
 部屋は広くはないが机が広め。テレビはベッドに寝て見るようになっている。
 驚いたのは冷蔵庫で、奥行きがほとんどない。飲み物専用。
 大浴場も快適でサウナもあるが水風呂はない。

 枕元にコンセントだけではなくUSBポートもあってケーブルさえあれば充電できる。

 復興事業関係者が泊まるところなのかと思っていたのだが、意外にも子供連れの家族が何組もいた。






Last updated  2019.05.01 20:55:13
コメント(0) | コメントを書く
2019.03.31
北コースからは何度か登ったので、南コースから登ってみた。
 詳細はYamap
https://yamap.co.jp/activity/3347463
で。






Last updated  2019.04.02 23:26:04
コメント(0) | コメントを書く
2019.03.25
八王子で泊まったのはサンホテル八王子
 部屋が西向きだったので、朝は富士山が見えた。
 部屋も風呂も狭いがベッドは広い。簡単なバイキングの朝食もついていて満足。

 小指の水ぶくれには絆創膏を重ねて貼って歩き出した。今日は痛くない。
 昭島まで歩いてみた。
 ルートは「YAMAP」にアップしたのでそちらを見て欲しい。






Last updated  2019.03.30 19:14:59
コメント(0) | コメントを書く
2019.03.24
23日から1泊で出かけた。
 まずは、高尾山の近くの草戸山へ。高尾山は何度も登ったがここは初めて。
 通常は駅の近くから登山道に入るようだが、「親子登山」を参考にして、逆コースを選んで歩き出した。四辻というところから高尾駅まで歩いてみようと思ったのだ。
 ところが。
 一週間ほど前から右足の小指に違和感があったのだが、これが痛い。通勤の時の靴がきつめだったのではないかと思うのだが、トレッキングシューズは履き慣れたものなので、これがあたることはないはず。
 おまけに雨が降ったりやんだり。小雨ながらだんだん降り続けるようになった。
 登山道に入る分岐点を過ぎたあたりで諦めて高尾山口へ戻った。
 途中でTAKAO599MUSEUMを見学。子供たちが木の実で工作をしていた。
 ホテルは八王子にとってあったので、高尾駅で乗り換え。高尾駅で初めて降りて、100円ショップで絆創膏を買った。
 ホテルで指を確認したら、水ぶくれができていた。痛いはずだ。






Last updated  2019.03.30 19:48:45
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全495件 (495件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 50 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.