1969478 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

hongming漫筆

PR

Comments

hongming@ Re:ブルーレイが再生できない(11/30) 随分遅くなりましたが、やっと試しました…
ヤヤカカ@ Re:ブルーレイが再生できない(11/30) Leawo Blu-ray Playerというソフトをおす…

Freepage List

Recent Posts

Archives

2019.12

Keyword Search

▼キーワード検索

全216件 (216件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 22 >

時代劇(テレビ)

2019.06.13
XML
カテゴリ:時代劇(テレビ)
ショーケンがなくなったので追悼番組として時代劇専門チャンネルで放送された。
 1973年から翌年にかけて放送されたもの。
 同級生が面白いと言っていたので何話か見た記憶はある。清水次郎長が悪者だったことだけ覚えていた。
 オープニングでは現代の町を歩くショーケンの映像などもあり、現代の若者を投影した番組であることが分かる。主題歌は沢田研二。
 自分なりの筋を通したり、人助けのつもりでしたりしたことが思わぬ結果を招き、やりきれない思いがすることが多い。
 子分の下條アトムは現代の髪型そのまま。勢いだけのヤクザもの。
 参謀役が前田吟でこれは意外なキャスティングだった。確かに知恵がありそうに見える。

 意外だったのは、悪役の次郎長がただの悪い奴ではないこと。計算尽くで縄張りを増やしていく嫌な奴ではあるのだが、筋は通し、手に入れた証文が偽物だと分かった時にはそれを破り捨ててみせる。

 新しいタイプの渡世人というのは「木枯し紋次郎」の成功があってのことだろう。タイトルも「誰かが風の中で」を思わせる。
 当然、1973年に市川崑がショーケン主役で作った「股旅」もアイディアの元になっているのだろう。

 1時間番組だったのだが、予告編がカットされていて、中身は30分ほど。1時間で2話ずつ見ることができた。






Last updated  2019.06.15 13:07:39
コメント(0) | コメントを書く
2019.05.25
カテゴリ:時代劇(テレビ)
 この番組に気づかず見逃していたのだが、再放送でやっと見ることができた。
 NHKで最新の撮影技術に精通している男(柄本佑)が、東映ならぬ京映に乗り込んで、全く新しい殺陣の撮影をしようとする。
 主人公は殺陣の実力者ではあるが、全く台詞が言えないためいつまでも大部屋住みだった男(内野聖陽)。近藤勇を演じる。
 ハイスピードやドローンやワイヤーアクションなどあらゆる技術を動員して新しい映像を求める。
 現場のベテランスタッフはついて行けなかったり戸惑ったりするが、ちゃんとプロとしての仕事をする。
 現場ではいつだって新しい技術を取り入れてきたはずだ。
 仲間が意見するところなど、人間模様のようなところはありきたりになってしまうので、むしろ思い切ってなしにしても良かったのではないかとも思ったが、階段落ちやエンディングなど、「蒲田行進曲」へのオマージュになっているので、「かっこいい」という台詞を言わせるためには必要だったのだろう。
 タイトルはもちろん「スローなブギにしてくれ」のもじり。
 ちゃんとドラマの中でそのことに触れられているし、エンディングテーマも南佳孝の曲をそのまま使っている。

 撮影現場への愛にあふれたドラマだった。






Last updated  2019.05.25 20:31:44
コメント(0) | コメントを書く
2019.03.12
カテゴリ:時代劇(テレビ)
スペシャルドラマで命脈を保っている必殺仕事人。
 西田敏行とはまた大物を投入したものだ。
 出演者も豪華だが、話の内容もなかなか凝っていて感心した。
 善はいつまでも善でいられるわけではない。被害者と加害者は表裏一体。
 仕事を頼んだ側が仕事のターゲットとなる。
 もっと軽い内容でいいから定期的に放送してほしいものだ。






Last updated  2019.03.17 20:48:16
コメント(0) | コメントを書く
2019.02.20
カテゴリ:時代劇(テレビ)
 1985年のドラマなのだそうだ。
 勘九郎というか勘三郎というか、とにかくわかい。30歳になる年だ。
 青春映画であり、新しい世界を夢見た男の物語。
 幕末の適塾から始まり、渡米して「フリー」という概念を知った諭吉が新しい生き方を求める。
 見始めて驚いたのが、音楽にサイモン&ガーファンクルの曲が使われていること。何曲も使われていて、どれも話の内容とは関係がないはずなのだが、妙に合っている。(ただし、Wikipediaによると、ソフト化されたものではほかの曲になっているらしい)​
 適塾時代に漢方医の嫌がらせを受けているが、このあたりはどうだったのかなあ。
 花魁が盲腸で死ぬあたりは、盲腸から腹膜炎になった経験から言うと、あんなに平静でいられない。
 痛みでのたうち回るはずだ。
 まあそんなことは些末なこと。
 風俗で感心したのが、適塾の若者たちなど金のない男たちが、つんつるてんの太もも剥き出しの着物を着ていること。これは現実にこうだったんじゃないのかな。
 とにかく出演者が豪華なので驚く。
 阿藤快や川谷拓三、清水由貴子といった故人の姿も懐かしい。
 帰国する咸臨丸の場面で、なんの脈絡もなく、「ジャズに魅せられた男(日野皓正)、「野球に魅せられた男(衣笠祥雄)」が登場したりする。
 気になる方は、​Wikipedia​で確認して欲しい。

 主役の十八代目勘三郎はいろいろなドラマで見たが、どうも普通の人ではない感じがする。
 独特のオーラがあると言えばいいのだろうが、目つきが尋常ではないというか常人ではない気がするのだ。役者として名を残すほどの人なのだから常人であるわけではないのだが、何か違うのだ。
 大分前だが、萩原健一が書いた本で、「元禄繚乱」で共演した時のことを書いていたのを思い出した。
 おおむね、「段本通りに演じない、リハーサルの旅に違うことをする、リハーサルと本番で違うことをする。」というような内容だったと思う。
 舞台がホームグラウンドだから、毎回同じ事をしたのでは芸がないと考えていたのだろうか。






Last updated  2019.02.21 09:40:03
コメント(0) | コメントを書く
2019.01.17
カテゴリ:時代劇(テレビ)
勝小吉の妻が主人公のドラマ。
 なるほど、いいところに目をつけたなあ。
 勝海舟じゃいまさらだし、「父子鷹」じゃあまたか、ということになる。
 女を主人公にするというのは新しい。
 沢口靖子がまた浮世離れしていて逆にリアリティがある。
 古田新太もうまくて安心して見ていられる。






Last updated  2019.01.17 00:00:36
コメント(0) | コメントを書く
2019.01.08
カテゴリ:時代劇(テレビ)
 NHKの正月時代劇。前後編で、「水を制す」「金貨の町」の二部構成。
 「水を制す」は、神田上水完成までの苦難を描いているのだが、ドラマとして不完全というか、三ヶ月かけて放送したドラマの総集編を見ているような気分になった。
 エピソードがぶつ切りでつながりがよくない。
 所帯を持って間もない若者が川に落ちるところなど、何のためにあるのかわからない。
 もっと、江戸の水道にまつわる技術的な面を前面に押し出して描いた方がよかった。
 また、ちょっとしか出てこないが、伊奈忠次が利根川の流れを変えて鬼怒川に合流させた工事の方が大がかりだったので、そちらを描いても良かったはず。両方出てくると、どうしても江戸の水道事業が小さく見える。
 「金貨の町」は、小判誕生にまつわる物語。
 これも、題材としては非常に新鮮で興味深いのだが、物語が中途半端。
 主人公の柄本佑もよかったし、悲恋の相手の広瀬アリスもよかったのに、人間ドラマと小判の意義のどちらに比重があるのか分からない。
 小判を作ることが経済的な日本統一に大きな意味を持っていたということがわかるのだが、その面をもっと詳しく描いて欲しかった。
 柄本佑は、恨みを込めた目つきが非常にいい。広瀬アリスは、演技をしているところを初めて見たと思うのだが、まっすぐな人間であることが感じられて好感が持てた。それだけに惜しい。
 どちらも、三ヶ月ぐらいのドラマにして欲しかった。






Last updated  2019.01.08 09:02:39
コメント(0) | コメントを書く
2019.01.07
カテゴリ:時代劇(テレビ)
 年末の放送だったがやっと見た。
 本放送の時も、昔の少年ドラマシリーズのようだと思って楽しく見ていた。
 こういうのを作ることが大事なんだよね。
 前作の最後だと、結ばれて終わったようになっていたのだが、歴史を考えれば、戦国時代の弱小領主が天寿を全うできたかどうか心配なところだった。
 これならその後全く身分で生きたかもしれないと考えることもできる。
 もう一度言うが、こういうのを作ることが大事なのだ。こういうものをきっかけに歴史に興味を持ったり、自由な発想を身につけることができたりすればいい。もちろん、そんな教育的な目的など持たなくていい。結果的にそうなればいいというだけのこと。






Last updated  2019.01.07 00:00:25
コメント(0) | コメントを書く
2018.12.24
カテゴリ:時代劇(テレビ)
 藤田まこと版は随分見たが、北大路欣也版はあまりちゃんと見ていない気がする。放送が不定期なので見逃したこともあったようだ。
 藤田まこと版でもこの話は記憶にない。まだ大治郎が独身の頃なので、かなり早い時期の話なので、見ていなかったのかもしれない。
 比嘉愛未という人は初めて見た。「愛未」を「まなみ」と読むということも初めて知った。

 物語は池波正太郎らしいというか、フジテレビらしいもの。物語全体には違和感はないのだが、手裏剣は気になった。
 根岸流手裏剣の「馬蹄」というものという設定になっているが、実在するのだろうか。
 棒手裏剣や十字手裏剣なら遠心力を利用して飛ばすことができるが、馬蹄型で、刃の方が必ず相手方を向いて、骨に食い込むほどの速度で飛ぶようにするには、どうすればいいのか。
 回転したら刃の向きが変わってしまう。
 刃の向きを固定したままかなりの高速で飛ばすにはかなりの速度で腕を振らなくてはならない。
 はたして可能なのだろうか。






Last updated  2018.12.24 14:34:20
コメント(0) | コメントを書く
2018.12.23
カテゴリ:時代劇(テレビ)
 原作の小説があるそうだ。時代小説は次々に新人が現れ、新しい切り口の作品が登場しているらしい。
 「馬喰町の猪鹿蝶」と呼ばれた幼なじみの女三人が、それぞれの悩みを抱えてぬけまいりを敢行する。
 行く先々での出会いやトラブルでその地にしばしとどまることが多い。
 結婚していたりしても男にもてたりして、女性視点を強調したドラマ。
 しかし、女性が見るとどう思うかは分からない。
 「足裏按摩」のアイディアは実際にありそう。また、その回に登場した老夫婦が泉谷しげると浅茅陽子だったのは意外な取り合わせで面白かった。
 「長五郎」が出てきた時に次郎長の若い日だとは察しがついたが、惚れる相手がお蝶ではないのが不思議だった。次郎長の女房になるのなら、名はお蝶のはず。しかし、最終回で、お蝶ではなくてよかったことがわかった。
 しかし、いっそのこと惚れる相手をお蝶にしておけば、最後の最後で予想が裏切られることになったのではないだろうか。
 気楽に見られて楽しいドラマだった。

 ​公式サイト






Last updated  2018.12.23 14:40:18
コメント(0) | コメントを書く
2018.12.16
カテゴリ:時代劇(テレビ)
 テレビドラマなのだが、映画のような作り。
 原作をかなり忠実に映像化しているのだが、それぞれの事情も丁寧に描かれている。
 かなりの大作。こういうものが作れる時代があったのだなあ。






Last updated  2018.12.16 19:50:43
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全216件 (216件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 22 >

Category

Favorite Blog

頻尿対策 New! せいやんせいやんさん

Shopping List

Headline News


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.