2136083 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

hongming漫筆

PR

全63件 (63件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 7 >

アウトドア

2018.03.24
XML
カテゴリ:アウトドア

 友部駅からあるいて笠間市の北山公園へ。公園には、上から降りてくる経路になる。
 水芭蕉が咲いていた。
 そばの池では、7月にはホタルを見ることができる。

 新しいバーベキュー場。水道もついている。

 以前は無料で利用できるひな壇上のキャンプ場だったが、今はオートキャンプ場。
 奥に見えるのは以前からあった調理場。
 受付から新しくできた道で入ってくる。
 きれいだけれど3000円(税別)。それでも安いとは思うけれど、子供ももう一緒にキャンプに行くような年ではないので、私には縁がないかな。
こう






Last updated  2018.03.26 09:44:27
コメント(0) | コメントを書く


2016.10.11
カテゴリ:アウトドア
先月末に立ち寄って懐かしくなり、一泊キャンプに来た。
 電車でテントを背負って。

 ウッドキャビンは新しくなるらしい。
 トイレは洗浄機付きになっていた。これはすごい。

 大洗磯前神社はアニメとコラボ中。

 夜の様子。
 家族連れもいたが、夜は静かだった。
 前に来たときも騒々しさはなかった。客層がいいのだろう。
 バイクのグループは出入り口に固まっていて、中まで乗り入れることはなかった。
 近くにスーパーマーケットがあることが分かっていたので、調理道具は持って行かなかった。
 お弁当を買い、酒を飲んで寝た。
 翌朝は、これまたかっておいたピザパンで朝食を済ませた。
 調理道具がない分、荷物は軽いはずなのだが。

 荷物は全部でこれだけ。
 ザックは中国製の「ADVENTURE 60L」というもの。
 テントは、BDK-08という軽量ソロテント。
 それなのに、なぜか重い。
 この荷物を背負って那珂湊まで歩き、魚市場を見て帰った。
 7キロぐらいしか歩いていないはずなのに、翌日目覚めたが全身筋肉痛。
 去年はこんなことはなかったのに。年をとるというのはこういうことなんだろうな。







Last updated  2016.11.03 08:05:28
コメント(0) | コメントを書く
2015.10.17
カテゴリ:アウトドア

 船橋県民の森でバーベキューができるというので見に行ってきた。
 写真はバーベキューコーナーではない。バーベキューコーナーは人が大勢いて写真を撮るのは具合が悪かった。
 ここに写っているのは、広場の一角でお弁当を食べるのにはちょうどいい。
 ここでアウトドア用のガスコンロでお湯を沸かしてラーメンでも、と思ったのだが、職員に確認したところ、ガス器具は使用禁止なのだそうだ。
 炭火のバーベキューのみが指定された場所で可能なのだ。
 その方が管理が大変なのではないかと思ったのだが、ガス器具の不適切な使い方で爆発事故などが起こっており、炭火の方がまだ管理しやすいのだという。
 バーベキュー後は、火を消さずそのままにしてもらっているとも言っていた。その方が、職員が確実に消火できるから、というのが理由だった。
 少人数で管理が大変だと思うが、事故を防ぐにはそれが一番らしい。

 というわけで、船橋県民の森では、ガス器具は使えないということを確認して帰ってきたのだった。



 楽天会員以外の方のコメントは「輾転反側掲示板」へ






Last updated  2016.10.15 21:00:22
コメント(0) | コメントを書く
2015.09.24
カテゴリ:アウトドア
 テント泊したのは、丹沢の麓にある「滝沢園キャンプ場」。
 大倉のバス停から少し歩く。
 坂道を下っていく途中に駐車場があるのだが、そこの係員の態度が非常にいい。親しみが持てる。
 受付の女性も同様。

 広大な敷地の真ん中に川がある。
 子供たちが大勢川遊びをしていた。ちょっとした滝もある。浅瀬続きなのでおぼれる心配はない。
 小さい子供がいたら、連れてきたくなる施設。
 ただ、テントサイトは写真の一本橋を渡ったところにあり、水道を使うのもトイレに行くのもこの橋を渡らなくてはならない。

 テントの中。一人用なので狭いが、あぐらをかいていられる高さがある。
 日帰りでバーベキューをしにきた人がほとんどで、夜は静かだった。

 夕食はマルタイラーメン。
 2食一袋なので、野菜を半分だけ使って、残りは明日の朝食に、と思っていたのだが、食べたら食欲が出て、2食分食べてしまった。
 明るい内にキャンプ場の中を見て歩いていたら、コテージの他に、室内のテニス場まであった。とにかく敷地が広くて充実している。写真を撮っていたら経営者の方に話しかけられた。
 経営は楽ではないらしい。とにかく利用料が安すぎるのだ。
 私の場合は施設利用料300円と宿泊代700円の合計1000円。
 自治体の運営するキャンプ場で全く管理されていないところでも2000円するところがることを考えれば、ここは2000円にしてもいい。
 日帰り利用の客が多いのだが、なんと、人数をごまかして申告する客もいるそうだ。
 自動販売機のアルコールも、全く普通の値段だったのも良心的。







Last updated  2016.10.13 22:22:38
コメント(0) | コメントを書く
2015.08.16
カテゴリ:アウトドア
 やってきました坂田ヶ池総合公園。場所は見に来たことがあったが、泊まるのは初めて。
 広々としていて安い。市外の者でも一泊300円。
 ただ、時間設定にやや難あり。
 日中は9時から4時まで、宿泊は4時から9時まで。
 しかし、4時までと言われても、子連れのグループは撤収にも手間取り、4時に場所を明け渡すということは難しいようだ。朝も9時までに撤収は忙しいだろう。
 もちろん、昼も夜も同じサイトを借りればゆっくりできる。
 私は日中の利用者がいないサイトを借りた。
 子連れのグループがいくつもいる。
 平らで広いキャンプ場なので子供たちが走り回っている。そういう所なのだ。
 子供は気にならないのだが、音楽は気になった。スピーカーで無関係の人にも聞こえるように音楽を流すというのはどういう考えなのだろう。洋楽だったので大人だけのグループなのだろうか。
 聞くなら、テントの中で、外に音が漏れないようにして聞けばいいのだ。
 トイレは洋式もあり、100円のシャワーもある。
 さらに便利なのは、歩いて10分ほどの所にコンビニ(サンクス)があること。

 夕食はサンクスで買ってきた冷凍の鍋焼きうどん。
 さて、背負ってきたテント【バンドック】ソロドーム 1(BDK-08)だが、さすがに、50リットルのザックも入れるとちょっと狭い。
 荷物を考えねば。
 また、思いの外、キャンプ場の地面が固く、ペグが曲がってしまった。見るからに弱い感じのペグなのでやむを得ない。
 日が暮れてからなんと雷雨。大雨警報がでるほどだった。
 しかし、雨漏りもせず、浸水もしなかった。
 雨は夜中には上がった。キャンプ場は水はけがいいのか、翌朝は水たまりもなかった。
 朝食は、サンクスで買ってきたパンを食べたが、持ってくるのを忘れたものがあったので、またサンクスへ。

 夜明けの公園。


 格安なのに、日が暮れてから見回りに来たり、駐車場が閉鎖されたりしてちゃんと管理されている。
 こういうキャンプ場を残しておくためにはマナーを守らねば。
 ゴミは持ち帰りとなっているのに、残念ながら流しにゴミがいくつもあった。
 小さい子供がいたら連れてきたいキャンプ場だ。



 楽天会員以外の方のコメントは「輾転反側掲示板」へ






Last updated  2015.08.17 09:28:41
コメント(0) | コメントを書く
2015.07.26
カテゴリ:アウトドア
 今回キャンプに行った目的の一つは、新しく買ったソロテントを試すため。
 電車で一人でキャンプに行ってみようかと思ったので、口コミなどを参考にして買ってみた。
 とはいえ、実際には車で行ったのだが。

 最も高いところでポールが交差するのではなく、側面に箇所で交差する構造になっている。
 高いところにネットがあり、さらに小型のランタンならつり下げられるようなフックが二つあり、前後にネットのポケットがついている。このポケットがあるので、缶飲料を縦にしたまま入れておくことができる。
 非常によくできている。


 楽天会員以外の方のコメントは「輾転反側掲示板」へ






Last updated  2015.07.29 21:02:08
コメント(0) | コメントを書く
2015.07.25
カテゴリ:アウトドア
 北山公園を選んだのはホタルがいるというからだった。
 シーズンとしてはもう遅かったのだが、休日は悪天候のことが多く、チャンスがなかった。
 もういないかなと思っていたのだが、暗くなってから池に行ってみたら、かすかに青く光があった。

 カメラのISOを最大まで上げたのだが、離れているため、ずーむにせざるを得ず、こんな写真になってしまった。
 ちゃんと写真をとれなかったのは残念だったが、おそらく10年ぶりぐらいでホタルを見ることができて満足。







Last updated  2016.10.15 21:01:56
コメント(0) | コメントを書く
2015.07.24
カテゴリ:アウトドア

 茨城県笠間市の無料キャンプ場。予約は必要。
 天気予報を確認して予約したのだが、夕方に雷雨襲来。
 受付を済ませて買い物から戻ったところで、まだテント設営前だったのが救い。
 一時間ほど車の中で時間をつぶしたが、尋常ではない雨量。
 写真のよう道が水路と化している。

 借りたサイトは調理場のすぐ上。水たまりはない。ただ、調理場のコンクリートの上の水たまりは翌日も消えていなかった。

 キャンプ場は貸し切り状態で、炊事場にものを置けたのはよかったのだが、写真でもわかるように斜面にひな壇上になっているキャンプ場で、上り下りがつらい。
 荷物の多いファミリーキャンプだったら設営までに疲れ切ってしまうだろう。
 警備の方が夕方と夜二回見に来た。
 気さくで親切な人だった。
 欠点は斜面の上り下りがあるのとトイレが離れていること。
 それ以外は快適。無料でこれだけのキャンプ場を提供してくれるのはありがたい。



 楽天会員以外の方のコメントは「輾転反側掲示板」へ






Last updated  2015.07.28 09:05:29
コメント(0) | コメントを書く
2014.09.03
カテゴリ:アウトドア
 月居山を歩いた後は、テント泊。
 利用したのは「辰ノ口親水公園」。

 公園の一角がキャンプ場というか、キャンプコーナーになっており、無料でキャンプできる。
 受付は食堂のある建物で。簡単な受付で済む。
 トイレは少し離れたところにある。
 水道は、写真に写っているのが一つだけ。炊事のための施設はない。

 利用者は私一人だった。

 夕食と翌日の朝食の材料。
 久慈川に沿った道路にはコンビニもスーパーも100円ショップもある。

 ヒグラシのシャワーが聞こえ、秋の風情。
 夕方、一度パトカーが巡回に来た。



 楽天会員以外の方のコメントは「輾転反側掲示板」へ






Last updated  2015.07.28 09:04:54
コメント(0) | コメントを書く
2013.08.24
カテゴリ:アウトドア
漏れたガスに引火か、ボンベ爆発 静岡・沼津のキャンプ場- 共同通信(2013年8月24日17時56分)Infoseekニュース
 この記事には、
 静岡県沼津市のキャンプ場でガスボンベが爆発し男女がやけどを負った事故は、朝食のためテントのひさしの下に置いたボンベに着火する際、漏れたガスに引火した疑いがあることが24日、沼津署の調べで分かった。

と書いてある。「ひさしの下」ということは、キャノピーということなのだろう。
 どのようにガスが漏れたのか気になる。

 一方、共同通信の記事では、
静岡県沼津市西浦江梨のキャンプ場「大瀬テント村」で、ガスのカートリッジボンベが爆発した。沼津署などによると、男女計2人がやけどを負った。意識はあるが、重傷とみられる。市消防本部によると、爆発はテント内であり、女性が顔と両脚に、男性が顔と上半身にいずれもやけどを負い、ドクターヘリで搬送された。

とあるだけで、要領を得ない。

 時事通信では、
負傷した男性が「火を付けようとしたら爆発した」と直後に話していたことが同日、県警沼津署への取材で分かった。

となっている。着火する前からガスが漏れていたということになる。

 コンロがちゃんと装着できていなかったということだろうか。

【トレミー】ブログがいっぱい☆

 楽天会員以外の方のコメントは「輾転反側掲示板」へ






Last updated  2013.08.24 19:05:44
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全63件 (63件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 7 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.